2010年 06月 09日

誰もが願うゴール

J's GOALのJ2日記に、先日の愛媛戦のクラクラコンビと巻のことが取り上げられています
愛媛戦で、ともにゴールを挙げた倉田と米の、今季これまでの仲の良い二人の切磋琢磨ぶりが、丁寧に書かれています。
試合に出られたり、フクアリでのゴールを競い合ったり、ベンチ外になったり、ケガがあったり、試合に出られても思うようにプレーできなかったり、いろいろなことがありながら、試合を重ねるごとに成長を見せてくれる二人には、心から感謝をしています。
1年でのJ1復帰を目指しつつ、若手の育成もしていくことを目指す今年のジェフ。
1年でのJ1復帰を目指しつつ、そしてその後のJ1での戦いを見据えて地力もつけていくことをしていかなければならないジェフにとって、倉田と米だけに限らず、フレッシュパワーの台頭は必要不可欠であります。
個人的には、今年のジェフは、ベテランと中堅と若手の年齢構成のバランスが、とてもうまく取れていると思っているので、若者たちは、ベテランや中堅の選手に学びつつポジションを争って、さらにチーム全体としてレベルアップしていけたら、と思います。

そして、巻。
愛媛戦の選手紹介の時の拍手と声援の大きさに、ジェフサポの巻への愛の深さを痛いほど感じました。
スタメンで出られない日々があっても、ゴールできない日々があっても、巻は巻。
ジェフは、巻と一緒に大きくなって成長してきたクラブです。
巻という選手のプロとしてのスタートから何から何まで全部見てきました。
うれしい時も、悔しい時も、どん底の時も、ともに過ごしてきました。
自分のことなんか後回しにしてジェフのことを心底思ってくれた巻が、愛媛戦で、ひさびさにスタメンで出て、ピッチを走りまくって、良いプレーをたくさん見せてくれて、ものすごくうれしかったです。
あとは、ゴールを決めるだけ。
誰もが待ち望むゴールまで、あと、もうちょっとだと思っています。
[PR]

by inudoshi16 | 2010-06-09 21:45 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/13433136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 6月の愛読書      6月8日のユナパ その2 >>