2011年 07月 10日

できることは何か考えてる朝も夜も君のために僕のために

ジェフ、ロアッソと1-1の引き分けでした。
ジェフは、永遠のワンダーボーイ林の豪快なFKを南が弾いたところを、俺たちのエースストライカー竹内が抜け目なく蹴り込んだ気持ちのいいゴールです。
竹内は、今季5得点目で、トーレ、米と並んで、得点ランキング7位タイに浮上です。

日付が変わって、梅雨明けの昨日のフクアリは、とても日差しが強くて暑い一日でした。
19時キックオフで、本当に助かりました。
19時になって、メインは、だいぶ涼しくなりましたが、ピッチは、まだまだ暑かったかと思います。
そんな昨日は、林が今季初スタメンで、試合前から個人的に非常に盛り上がりました。
試合は、開始5分で、こちらがチャンスらしいチャンスをつくる間もなくセットプレーから長沢に決められて失点。
直後の9分、今度はゴール前で得たFKを林が蹴り、南がセーブしたところにジェフの選手が3人詰め、そのうちの竹内がしっかりゴールに蹴り込み、早い段階で同点に!
ゴールを決めた竹内と、FKを蹴った林が、お互いに指差し合って喜ぶ姿が、最高にステキでした。
その後も、ホームでは負けられないと、勝ち点3を目指して戦いますが、堅守ロアッソのゴールをこじ開けることができず。
後半には、片山が2枚目のイエローで退場になり、ただでさえ守備のしっかりしたロアッソが、さらに守備的になり、難しい戦いとなりました。
勇人の惜しいシュートがあったり、米の惜しいシュートがあったり、深井がガンガンクロスを上げたり、手を尽くしましたが、2点目を決めることができないまま、試合終了でありました。

非常に悔しい引き分けとなりましたが、得たものもあります。
ロアッソは寄せが早く、ボールを奪うのもうまく、プレースピードも速かったです。
そんな中で、なかなか米や深井に良いボールが渡らず、難しい戦いとなりました。
ですが、同点ゴールのシーンで、これまでセットプレーのシーンで、大ちゃんが精度の高いFKを蹴っても、こぼれたところに誰もいない、ということが結構あって、個人的に歯がゆく思っていたのですが、昨日は、こぼれたところに詰めようとした選手が3人もいました。
林が精度の高いボールを蹴る、という信頼がもたらしたものかもしれません。
そんなFKを蹴った林の他のプレーも良かったです。
太田がケガをしたり、ラムちゃんのプレーが安定しなかったり、なかなか固定できない右サイドで、ひさびさのスタメンで、しっかり目に見える結果を残しました。
良太も、昨日も深井を追い越す動きをして、サイドをえぐったりクロスを上げたり、暑いのに頑張っていて、見ていて、すごく元気になれました。
深井も米も惜しいシュートがあって、いずれも南のスーパーセーブに阻まれましたが、見ていて、すごく盛り上がりました。

個人的に、ひとつ残念だったのは、試合後のユニゲッツのインタビューで、岡本くんに、暑い時は選手たちも苦しいので声援で元気づけて下さい、と言わせてしまったこと。
ごめんね、平塚では、もっともっと力になれるように応援するよ!と心に誓ったのでありました。

そんなわけで、来週は、平塚で、こないだ試合したばかりのベルマーレと対戦します。
手の内を見せたばかりの試合とあって、お互いにやりにくさ満載の試合になるかと思いますが、どちらがどれだけ、それを上回れるか、それはそれで楽しみです。
また、選手たちが暑さに打ち克てるような応援ができたら、と思います。
[PR]

by inudoshi16 | 2011-07-10 01:55 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/15916460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< SPEAK SOCCER SP...      MIPインタビュー >>