2011年 07月 31日

眠る世界を越えて進んでゆく

ジェフ、横浜FCと1-1の引き分けでした。
ジェフは、林がペナルティエリア内で倒されて得たPKを、深井がしっかり決めた素晴らしいゴールです。
深井は、今季10ゴール目になりました。
ジェフは、3位に一歩後退しました。

今日のフクアリは、曇っていて、雨にも降られずに済み、気温も涼しく、オーロイ祭りに相応しいオーロイ日和でした。
前節が監督が褒め称えるベストゲームであり、前節と同じスタメンで、とても試合前から楽しみでした。
試合は、入り方がよく、試合開始直後に、米と林と惜しいシュートがあり、思わずゴールかと立ち上がりかけてしまうようなシーンでした。
そんな前半21分、ゴール傍で林が倒されてPKゲット、それを深井がキッチリ決めて先制!
一方横浜FCは、ケガ人続出でありながら、三ツ沢でも、そうだったように、出足が早く、攻守の切り替えも早く、前半の中盤は一進一退という感じでありました。
前半終盤、横浜FCの攻撃が続くシーンがあり、ジェフの選手たちの足が一瞬止まった瞬間に、高地の見事なゴールで失点。
高地のゴールは、アフターゲームショーのベストゴールにも選ばれていました。
前半ロスタイムには、トーレが負傷交代・・・代わりに久保ちゃん投入。
後半開始時には、アメグレもうたい、気持ちもあらたに応援。
後半にも惜しいシーンがたくさん・・・深井のシュートも、米のポスト直撃も、勇人のシュートも、孝太の関との1対1も、何度立ち上がりかけたことか・・・しかし、ゴールネットを揺らすことなく、試合終了でありました。

個人的には、今季一番悔しい試合かもしれません。
トーレの負傷交代もあり、難しい部分もあったと思います。
しかし、トーレなしでも、惜しいシーンを数々つくり、それを決めることができなかったのは、残念です。
また、今日は、夏休みということもあり、フクアリにたくさんのサポが訪れましたが、そのせいで声が聞こえづらかったかと思いますが、選手のポジションが重なるシーンがたびたびあったのも気になりました。
後半に、村井に代えてサンダーを入れましたが、後半なかなかセカンドボールが拾えなかったのも気になりました。
ただ、トーレなしで、チャンスをつくることができた点は、良かったと思うので、それをこれから、どれだけ増やしていけるか、楽しみにしたいところです。
次の試合まで、2週間あくので、しっかり良い準備をしていきましょう。
次はアウェー2連戦。
フクアリでコンサに勝てないジンクスもぶっ壊せたのだから、アウェー苦手意識もぶっとばしましょう!
[PR]

by inudoshi16 | 2011-07-31 23:34 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/16038546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 8月の観戦      7月の愛読書 その4 >>