2011年 12月 30日

ジェフを離れる選手たち

契約満了の選手については、思うことがあり過ぎて、ずっと書けずにいたのですが、村井のトリニータ移籍が決まり、年が変わる前に書いておきたいと思い、書くことにしました。
選手は、発表の順番です。

まず、サンダー。
助っ人として叩かれることの多かった選手ですが、長良川での深井のFKからのヘッドでのゴールには、私は、ものすごく感謝しています。
大ちゃんがケガをしてから、セットプレーは深井が蹴ることが多かったのですが、なかなか得点に結びつかず、それがやっと決まったのが長良川のゴールだったのです。
日本平で天皇杯の敗退が決まってしまって、思いがけず今年最後の練習となってしまった、その前日の練習に見学に行けた際、その旨は手紙に書いて本人に伝えることができたのは、救いです。
サンダーだけでなく、ラムちゃんも、トーレも、ミルジも、あんなに大きな地震があったにもかかわらず日本でプレーを続けてくれたことにも感謝です。
本当に、ありがとう。

次は、太田。
ジェフに来る前から、大好きな選手でした。
だから、ジェフに来てくれると決まった時には、本当にうれしかった。
ジェフに来てくれた日、幸運にも姉崎に行けて、写真を撮らせてもらったりサインをしてもらったりして、友人と大興奮したことを昨日のことのように覚えています。
太田初スタメンのビッグアーチにも行けて、たくさん太田コールしたことも懐かしい。
直後にミラーが解任になったことも、残念でならない。
試合に出れば、右サイドを広く駆け回ってチャンスに繋げた姿が忘れられないし、今年のニンスタで大島のヘッドを産んだ、粘り強いクロスも忘れられない。
ユナパで持久走の練習の時、他の選手たちが、どんどんヘバッていく傍ら、いつまでも涼しい顔で走り続けていた姿も素晴らしかった。
ジェフが苦しい時にジェフに来てくれて、ともに戦ってくれた選手たちは、どこに行っても戦友です。
早く次のチームが見つかりますように、お祈りしています。

そして、福ちゃん。
福ちゃんもジェフが苦しい時にジェフに来てくれて、感謝しています。
降格した時に完全移籍してくれて、本当に、うれしかった。
試合に出られない時にも、ジェフが勝てない時にも、ユナパで会えば、明るく接してくれて、練習にも一生懸命取り組んでいて、本当に大好きでした。
若くて、身体能力も高くて、きっともっと福ちゃんの良さを活かせるチームが、見つかるはず、と思っています。
ずっとずっと応援しています。

そして、林。
06年、サンガに移籍した時には、泣きました。
一昨年、ジェフに戻って来てくれた時には、うれしくてたまらなかった。
一昨年、ケガに苦しみ、今年、背番号が16になった時には、かつての輝きをもう一度!!と思った。
私のエキサイトIDがinudoshi16なのは、自分のラッキーナンバーが16だからなんですが、林が16番だったこともあるのです。
それくらい大好きな選手。
ジェフに戻って来てからの2年間、ゴールはなかったけれど、同い年の深井にメッセージつきのパスを出したり、村井と同様、米に三十路と茶化されつつも若手を押しのけてスタメンで出たり、ずっとずっとジェフのために強い気持ちでプレーしてくれました。
フクアリで林のコールがされれば、期待感で満ち、今年はあまりユナパに行けませんでしたが、ユナパに行けば、練習後も残ってグランドを走る姿も目撃しました。
村井と同様、日本平の翌日の感謝イベントで、直接本人にお礼を言う機会がありましたが、その時の林の笑顔、一生忘れません。
どこに行っても応援しています。

そして、村井。
トリニータに行くことが今年のうちに決まって、本当に良かったです。
少し遠いですが、ずっと応援していますし、来年は大銀ドームに行きたい!!と思っています。
日本平が最後の試合になってしまって、日本平に行けなくて、本当に残念に思っています。
今年になってボランチ起用された村井ですが、村井のボランチ、大好きでした。
今年終盤なかなか勝てなかった時にも、村井の技術の高さを見ていると、気持ちが救われました。
昨日も、国立で天皇杯準決勝を見ながら友人と、村井は残すべきなんじゃなかろうかと、しみじみ語り合ってました。
トリニータでも元気で頑張れ!と思っています。

そして、茶野さん。
今年は、数えるほどしか試合に出られなかった茶野さんですが、去年は大車輪の活躍でした。
去年、茶野さんがいなかったら4位にもなれなかった、と思っています。
相手選手に背中を蹴られたり、地面に身体を叩きつけて血を吐きながら、文字通り身体を張ってジェフのために戦ってくれた茶野さん。
茶野さんと来季契約せず現役続行を希望していることは、個人的には11月初旬に知りました。
なので、FC東京戦@味スタで見事にSBを務め上げる姿を見ながら友人と、なんでジェフは90分しっかりプレーできる選手をクビにするんだろうね・・・と、ぼやきながら見たりしていましたし、最終節の試合前、選手たちがベンチコートを脱いだ時茶野さんがキャプテンマークを巻いているのを見た瞬間涙がぼろぼろ出て困りました。
ユナパレポでジェフが大好きだと言ってくれた茶野さん。
これからも、ずっと応援しています。

そして、ラムちゃん。
途中から、試合には、ほとんど出られませんでしたが、ラムちゃんのことは、大好きでした。
コンサ戦@札幌ドームの前日ユナパに行った時に、写真を撮らせてもらう機会があったのですが、乙女座らしい、とてもシャイで優しい感じの若者で大好きになりました。
ラムちゃんのチャントも大好きでした。
大きな地震があったにもかかわらず、日本でプレーをしてくれたこと、感謝の気持ちをサンダー同様伝えたかったのですが、伝える機会がないまま、カナダに帰国してしまったことが、心残りです。
本当に、ありがとう。

そして、中後。
中後も、ジェフが苦しい時にジェフに帰って来てくれて、ジェフが降格した年に完全移籍してくれて、本当に感謝しています。
ジェフに来てくれた直後、姉崎に行った時に、ジェフに帰って来てくれてありがとう、と伝えたら、照れて笑っていた姿が忘れられません。
等々力での涙も忘れられません。
今まで、本当に、ありがとう。

そして、大島。
マリノスで大活躍している頃から、大好きな選手でした。
ケガで思うような結果を残せなかったかもしれませんが、大島がいなかったら、ジェフは6位にもなれませんでした。
また、大島が来てから、久保ちゃんのプレーがぐんぐん良くなっていったのが、すごく見ていて楽しかった。
移籍の直後にユナパで会えた時に、ジェフに移籍できて良かったと話していて、どんなにうれしかったことか。
短い間ですが、一緒に戦うことができて、本当に、うれしかったです。

最後に、藤田。
ジェフに来るずっと前から、大好きな選手でした。
ジェフの選手、元ジェフの選手以外では、一番好きな選手でした。
だから、ジェフに来てくれた時には、ものすごくうれしかったのです。
ジェフでの出場時間は、少なかったですが、試合に出れば、試合が落ち着きました。
試合に出られなくても、ピッチの傍らで、真剣にアップしていた姿も忘れられません。
できることなら、後輩たちに、もっともっとたくさんの経験を伝えて欲しかった・・・
短い間でしたが、ありがとうございます。

ジェフを離れる選手たちには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ジェフを離れても、ずっとジェフのファミリーですし、次のチームが決まっていない選手たちに、早くサッカーを続ける場が見つかりますように、お祈りしています。
[PR]

by inudoshi16 | 2011-12-30 18:05 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/17495190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2011年の思い出 その1      村井がトニリータへ >>