Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 28日

小さなつまずきであきらめたくない

ジェフ、カターレと1-1の引き分けでした。
ジェフはセットプレーから大岩くんが落としたボールをミルジが力強く押し込んだ、ミルジの今季初ゴールです。
順位は変わらず、11位です。

日付が変わって、昨日のフクアリは、優先入場の頃は雨が降っていませんでしたが、キックオフ少し前から再び小雨が降り出しました。
個人的には、ファジアーノ戦を欠席してしまったので、ケーズスタぶりの生観戦、ヴォルティス戦ぶりのフクアリということで、すごく楽しみでした。
自分が、ある程度休みがワガママが言えるお気楽な立場だから言えるのかもしれませんが、仕事や学校の都合を無理矢理つけてスタに駆けつけるサポが集う平日のスタの雰囲気も好きなので、その点でも楽しみでした。
また、試合前のbayfmのおっさんのニーズをキャッチした選曲には萌えました。

試合は、後半セットプレーからミルジのゴールで先制するも、カターレに一瞬の隙を突かれて同点に。
試合を通して22本のシュートを打ち、13本のCKをゲットし、フル出場のミルジのロングスローで攻め込むものの追加点を奪えず。

昨日は、スタメンで荒田と大塚くんとミルジを使ってきましたが、その点は、良かったと思っています。
これから中2日のアウェー連戦、使えるメンバーはどんどん使いつつ、チーム内の競争も激化すればなお良し、と思っていました。
ちょっと連携が難しい部分もあったかもしれませんが、ここで結果が出れば大収穫となるはずでした。
失点は、セルフジャッジの隙を突かれての一発。
サッカーとは、ほんの一瞬の隙を突き合うスポーツだなあ、としみじみしてる場合じゃないですが、同じ間違いを繰り返さないようにしてくれればいいと思っています。
そんな中、スタメンメールを見て、実は、ミルジのボランチは好きじゃないんだよなあ、と思っていたのですが、ミルジのボランチが期待度があまり高くなかったせいもありますが予想外に良くて、点まで取って、フル出場してロングスローの雨を降らせてくれたのも良かったと思っています。
また、ミル二郎と大岩くんの両翼も良かった。
とくにミル二郎は後半目の前で、気合い入りまくりだった。
これから連戦という時に、若い二人が元気いっぱいなのは、なんと心強いことか。
荒田もシュートは打てていたし、動きも良かった。
大塚くんも、センスは感じた。
守備陣も失点はしたけれど、これまで、この順位にいながら何度も完封してきてくれたので、攻撃でなんとか報いたかった。

悔しいけれど、試合は次々やってくる。
立ち止まってる暇なんてない。
むしろ、取り返すチャンスが、すぐ来ると考えて頑張ろう。
次、やってやろう。
本城には行けないけど、やってやろう。
[PR]

by inudoshi16 | 2012-04-28 00:21 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/18206062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 鳥もつ煮      4月の愛読書 >>