2013年 06月 18日

クゼ元監督が死去

クゼ元監督が亡くなられたそうです
白血病で闘病をされていたそうで、62歳だったそうです。
クゼ元監督といえば、08年の冬、多くの主力選手がジェフを去ったあと、クラブがとても難しい状況の中を、監督を引き受けて下さいました。
のちにサッカー誌のインタビューで読んだところによると、多くの主力選手が抜けたことを知らされないまま、ジェフに来て下さったとのことで、本当に申し訳なく思っています。
クゼ元監督と一緒に戦ったのは、ちばぎんとリーグ戦11試合とナビスコ3試合。
リーグ戦では勝利はありませんでしたが、あの11試合で得た勝ち点2がなければ、あの年の残留はありませんでした。
勝利したちばぎんナビスコの等々力も忘れられません。
なかなか希望が見出せない中で、その勝利に、どれだけジェフサポが希望を見出したことか。
冷たい雨の等々力のゴール裏2Fで国王チャントを絶叫したことを昨日のことのように思い出します。
米のプロ初ゴールの日でもありました。
ジェフはクゼ元監督の経歴に傷をつけることしかできませんでしたが、あのボロボロのオフにジェフに来て下さったこと、感謝の気持ちしかありません。
ご冥福をお祈り致します。
[PR]

by inudoshi16 | 2013-06-18 07:42 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/20609047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 愛して生きる喜びをきっともっと...      今、きみの目の前で何かが動きは... >>