2013年 06月 26日

ジェフの新たな心臓

J2日記に大ちゃんのことが書かれています
文中に昨年の冬、木山さんが勇人とサトケンと大ちゃんのボランチ3人に対して、ボランチを補強しないのはお前達を信頼しているからだ、と伝えたことが書かれています。
すごくうれしく思います。
先日のヴォルティス戦で、ひさびさのスタメンで決勝ゴールまで決めた大ちゃん。
あの決勝ゴールの、前へ前へ行くプレーは、本当に痺れました。
エルゴラによると、10本打ったシュートのうちの4本を大ちゃんが打ったというではないですか。
J2日記の中には、昨シーズン出場数が減って、もっと必要としてくれるクラブでプレーするという選択肢も考えたということも伝えられていますが、今こうして、今シーズンを大ちゃんと戦えていることが幸せです。
大ちゃんは、これから10年先ジェフの心臓となる選手なのですよ。
どこか必要としてくれるクラブでなく、ジェフで必要不可欠な選手になって欲しいのですよ。
身体は小さくても、パスも巧い、FKも巧い、頭も良い、ジェフで大ちゃんの良いところをもっと磨いて欲しいのですよ。
ブロゴラでは、先日ひさびさのスタメン出場を果たした大ちゃんと翔平のまだ全然満足していないコメントが取り上げられて、こちらもすごくうれしい。
ヴォルティス戦のヒーローインタビューでは全然うれしそうじゃなくて淡々としていた大ちゃん。
大ちゃんのそんなところが、すごく好きです。
[PR]

by inudoshi16 | 2013-06-26 21:41 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/20644366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 師弟対決      KEL その2 >>