2013年 10月 07日

雨にかかる虹のように

ジェフ、ヴィッセルに2-1で勝ちました!
ジェフは、米の光速クロス→ケンペスの素晴らしい落とし→ユースケが力強く押し込んだ兄弟コンビネーションゴールと、ケンペスの心震えるゴールです!
ジェフは、2位ガンバと勝ち点差13の5位になりました。

昨日のフクアリは、曇っていましたが、暑くもなく寒くもなく、ちょうど良いサッカー観戦日和でした。
そんな中、またスタメンを大きく入れ替えて、すごく楽しみな試合でした。
試合前には、U-17代表に選ばれた仲村京雅くんの壮行会も行われ、京雅くんのすごくしっかりした良い挨拶も聞くことができて、とても幸せでした。

試合はいきなり序盤から也真人が深井ばりに高い位置でボールを奪ってシュートまで持ち込むという最高の入り方でした。
しかし、ふとした隙を突かれて小川慶治朗にゴールにより失点。
でも、まだ時間も早かったので、そこからは絶対に取り返す勢いで夢中で応援していました。
また先制ゴール後に、即座にセンターサークルにボールをセットしたケンペスがイケメンでした。
後半開始から大岩くんに代えて怪我から復帰したばかりのシュンキ投入。
そして後半開始から、あっこちゃん。
そして後半7分、米の魂のクロスからケンペスが落としてユースケががっつり押し込んで同点に!!
瞬時に爆発するフクアリ!!
そしてさらに加速するあっこちゃん!!
そしてついに後半20分、左サイドに流れていたケンペスがいきなり打ったシュートが素晴らしい軌道を描いてゴール右隅に!!!
真っ先にゴール裏に駆けて行ったあと、フクアリ全土を煽り、ベンチメンバーとも淳さんとも喜び合うケンペスの姿が最高でした!!!
その後、ケンペスが2枚のイエローをもらって退場となりますが、退場するケンペスを拍手で讃えるフクアリ。
レッドカードで退場する選手が拍手で送られるところを、私は初めて見ました。
一人少なくなり、攻められた時間もありましたが、全員が責任を持って守備を全うし、タイムアップを迎えました!!!

昨日は、みんな素晴らしかったです。
自分たちの持っている力、長所を出し合えば、これだけやれるんだという自信になったと思います。
首位ヴィッセルとの直接対決ということで、燃えないわけがない戦いですが、淳さんがコメントで言っているように、闘志がたぎれば、戦術理解も飛躍的に伸びるということなのでしょう。
灼熱のカンスタで、判断が遅くてミスを重ねてしまったチームとは別のチームがそこにはありました。
たった一週間で、これだけ変わることができた、という実績もできました。
也真人の活躍もうれしいですね。
開始直後のシュートも素晴らしかったですし、前半ユースケに出したスルーパスも痺れました。
強いチームは若い選手が自信を持ってイキイキプレーしているチームが多いです。
試合後のゴール裏のマイクパフォーマンスも、文句なしのフロムアクアMVPのガマちゃんのインタビューでも、全然諦めていないことを伝えてくれて、すごくうれしかった。
サポが下なんか向いている場合じゃないことを教えてくれました。
今月のUNITEDでチコさんが、江尻さんが也真人に「羽生になれ」と言っていることを伝えてくれましたが、ぜひともそうなって欲しいと思っています。
羽生もそうですし、ミシェウもそうですし、深井もそうですが、身体が小さくてもそれを上回る努力で素晴らしいプレーを見せる選手は尊敬してしまいます。
勇人の前半のヘディングゴール未遂、ゴール前神クリアも素晴らしかったです。
勇人のアグレッシブなプレーはチームが前を向けている証左です。
サトケンもカンスタと比べてプレーに迷いがなくなりました。
またヒョヌンくんの気迫溢れるプレーが最近私の中で超ブームです。
普段おとなしそうなすごく牡牛座っぽい感じなのに、いざピッチに入ると闘志が漲っていて、そんなところに超ギャップ萌えです。
百戦練磨の智もいつものごとくプレーでみんなを引っ張ってくれました。
彬も木曜日の練習で別メだったので、心配していましたが、一人少なくなった中復活してくれてどんなに心強かったか。
米もシュンキも大岩くんも素晴らしかったです。
ひさびさにスタメンの兵働も、調子が良くなって来ているのを感じます。
今月のUNITEDのハルくんとの対談で、ハルくんの素晴らしいラストパスのお手本になっていることがわかりましたが、練習でも試合でも、去年のアシスト王の技をみんなに見せつけて欲しいと思いますし、もっともっと相手にとって怖い存在になって欲しいと思っています。
森本も、ゴールはなくても試合終盤の鬼キープとスタンド煽りで逆転勝利に絶大な貢献をしました。
またケンペスとユースケは、ケンペスが髪型を変えてしまっても、お互いがお互いのゴールに絡むともれなく私が喜びます。
試合後のケンペスのゴール裏のマイクパフォーマンス、日本語で「一緒にJ1に行こう!」は本当にうれしかった。
私もJ1でケンペスのプレーが見たいです。
また、試合後淳さんと抱擁するケンペスに泣けました。
他にもオファーがあった中から、淳さんがいるという理由でジェフを選んでくれたケンペス。
ここ数週間ネット上で淳さんを批判する言葉を目にすることがあってすごく不愉快でしたし、昨日は監督紹介の後淳さんコールがなかったので、試合前コールリーダーに「メインスタンドの皆さん!」と呼びかけられても素直に応えられない自分がいました。
そんな中で、ケンペスがみんなの前で淳さんへの愛を行動で示してくれて、死ぬほどうれしかったです。
以前に千葉日報のインタビューの中で智は「フクアリの雰囲気は最高」と言ってくれました。
米は「今年のメンバーが大好きだからこのメンバーでJ1に行きたい」と言ってくれました。
J1に行くには、誰一人欠けても成し遂げることができないですし、私も今年のチームが大好きなので、このメンバーで強くなる、この先の物語が見たいと熱望しています。
淳さんにはできるだけ長くジェフで指揮を執ってもらいたいと思っています。
チームは一朝一夕には成り立ちません。
イビチャでさえ、「ジェフにイビチャの戦術が浸透するまで3年かかった」と言っていました。
ジェフには、腰を据えて時間をかけてでも一見回り道でも揺るぎないチームをつくることが必要だと思っています。
かといって今年の昇格を全然諦めてもいません。
私たちは昇格を待てますが、選手、監督、スタッフには人生がかかっています。
だから、也真人の「僕たち全然諦めてないんで」という言葉に涙が出るほど喜びました。
こういう状況で、なにくそ、と思える選手、チームは強いです。
サポはどこまでもついていくよ!と思っています。

そして次は、天皇杯です。
FC東京とは、2年ぶりの対戦ですね。
ひさしぶりのJ1チームとの対戦、思いっきり楽しんで、そして勝ちましょう!!
[PR]

by inudoshi16 | 2013-10-07 23:20 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/21235746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 岡山の旅 その1      みなちゃん >>