2013年 11月 17日

たったひとつの夢が今この街の影に横たわる

ジェフ、栃木と1-1の引き分けでした。
ジェフは米の素晴らしいクロスから→ユースケの胸のすくようなボレーです。
ジェフは変わらず5位です。

ホーム最終戦のフクアリは、素晴らしいお天気に恵まれました。
レギュラーシーズンでのフクアリの試合は今日で最後ということで、本当に楽しみな試合でした。
試合前コンコースで決起集会も行われて、気持ちが高まりました。
またWIN BY ALLコールも発動しました。

試合は、早い時間に米→ユースケの漢前なボレーで先制!
試合がぐっと楽になり、選手同士の距離感もよく、追加点も狙いたい前半でした。
後半、栃木にカウンターから同点に追いつかれ、攻守がめまぐるしく入れ替わる展開となりましたが、ビッグチャンスも少なからずつくりつつもゴールを奪うことはできずタイムアップを迎えました。
試合後は、間髪入れず千葉コール。
すごく良かったと思います。
もうここまできたら、無我夢中で応援するより他はありません。
念じて信じて声を出して手拍子打って、去年超えられなかった壁をぶち破るしかありません。
試合内容は、すごく良かったと思います。
ケンペスにも、ユースケにも、深井にも、也真人にも惜しいチャンスがあって、本当に、あともう一歩のところだった。
シュートも栃木の倍近く22本も打った。
勝てなかったことは、本当に残念なのですが、下を向く必要は全然ない。
順位は5位のままだけど、胸を張ってとりスタで自分たちの持っている力、自分たちの持っている武器、自分たちの持っているストロングポイント、全部出し切って来て欲しい。
今日は、慶ちゃんがすごく良かった。
何度もボールを奪う姿は、火に油を注ぐように、私の闘志をさらに燃え上がらせました。
貴重な先制ゴールのユースケも素晴らしかった。
バー直撃のケンペスも、何度もクロスを上げた米も、攻撃に絡むシュンキも、惜しいヘッドを放った也真人も、ゴールの一歩手前まで迫った深井も、円熟の守備を見せた智も、俺達の10番兵働も、炎のコリアンファイターヒョヌンも、縁の下の力持ちサトケ
ンも、現人神岡本様も、フィジカルモンスター森本も、短い時間でもしっかりチャンスをつくった谷澤も、みんなみんな頑張っていました。
あと3試合。
たった3試合しかないのです。
選手もクラブもサポも、できることを最大限やりきりましょう。
どんなに不格好でも、どんな道を通っても、最後に夢見た場所に辿り着けるように。

そして、来週はついに最終節です。
私は、とりスタには行けません。
再来週最愛のホームフクアリに帰って来られるように、TVの前で戦います。

そして、また試合後には、ホーム最終戦ということで、島田社長と淳さんと智から挨拶と、櫛野の引退セレモニーが行われました。
島田社長も淳さんも智も、あと3試合全力で戦う気で、絶対再来週ここに戻って来ようと思いました。
また櫛野の引退の挨拶も17年間を振り返る映像も、すごく良かったです。
ジェフでプロになり、ジェフで引退し、ジェフで第二の人生を歩む櫛野に、本当に、ジェフを選んでくれてありがとう!と言いたいです。
そして、一度はやってみたかったという俺ジェフも!!聞けました。
そう、勝っても負けても引き分けてもどんな時も、俺たちジェフなのです。
17年間、本当に、ありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします!!








[PR]

by inudoshi16 | 2013-11-17 20:29 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/21482138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< チャーシュー麺      我が聖地フクアリ >>