Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 08日

ユナイテッド後援会

ユナイテッド後援会、もう入会は、お済みですか?
私は、後援会が発足してまもなく入会しました。

会員の特典は、大きく二つ。
選手激励会への招待と、バスツアーなど優待。
私が、後援会に入会した理由は、選手激励会に行きたかったからです。
選手激励会は、後援会会員でなくても、参加費を払えば誰でも参加できるのですが、後援会が発足した当初、そのような告知はなされていませんでした。
選手激励会に参加するには、会員にならなければならないんだ、と思って、ちょっと不純ですが、入会しました。

入会した当初は、別にどうとも思っていなかったのですが、今は入会して本当によかったと思っています。
選手激励会は、後援会会員は無料で参加できます。
入会した当初は、今のようにアウェーにたくさんいくつもりもなくて、後援会のバスツアーも、臨海でチラシをもらっても、眺めて楽しむばかりだったのですが、アウェーに安く行けるバスツアーが、会員価格だとさらに安く行けます。
また、会員から徴収した会費から、クラブに寄贈を行っています。
今までに、練習用のボール、TGの時などに使用する得点ボードを寄贈していて、この夏には、蘇我スタの選手入場ゲートを寄贈の予定です。
この、寄贈の品ですが、後援会の方によると、クラブの要請に応じて寄贈していて、後援会で寄贈の品を決めているわけではないとのことです。
また、これは後援会独自に行っていることと思いますが、アテネ五輪に出場したキャプテンに市原産のコシヒカリを贈ったり、昨年のMVPの櫛野に黒のカッコイイ横断幕を作ったりもしています。
また、以前、バスツアーに参加した時、バスの中で後援会の方が後援会のチラシを配付していた際におっしゃっていたのですが、後援会に入ったからといって何らかの義務が発生するように思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、そういうことはない、とのことです。

スタジアムに足を運んだり、友達をスタジアムに誘ったり、黄色い服装をしたり、スタジアムで声を出したり、グッズを買ったり、ジェフを応援する方法はいろいろあります。
でも、もっと、ジェフのために何かしたい、と思っていらっしゃる方も少なくないと思います。
ユナイテッド後援会は、クラブの求めるものをクラブに贈るというかたちで、クラブに貢献できる、新しい一つの方法だと思うのです。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-03-08 21:22 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/2214348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< あの日が近づく      気持ちで走る >>