2014年 04月 13日

あせらずにゆくさ何も迷うことはない

ジェフ、ベルマーレに0-6で負けました。
ジェフは、2位Vファーレンと勝ち点差4の14位になりました。

今日のフクアリは、雲があって日が落ちてから少し気温が下がりましたが、まずまずのサッカー観戦日和でした。
木更津のあさり尽くしのイベントもあって、ヤツルギの皆さん、きさぽんもやってきて、PR部長に就任した深井の挨拶があったり、U-17W杯優勝メンバーの佐藤瑞夏ちゃんの挨拶もあったり、試合前から序盤の大一番を楽しむ雰囲気にあふれていました。
試合も、ヒョヌンくんがひさびさのスタメン、ハルも出場停止から戻ってきて、山中くんが怪我から復活してベンチ入りして、すごく楽しみな試合でありました。
個人的にも、体調不良があったり、家庭の事情があったりで、開幕戦ぶりの生観戦で、今日はひたすら思いっきり楽しもうと臨んだ試合でした。

試合は、早い時間に失点、前半で4点取られてハーフタイム、プライドを歌って選手たちをロッカールームに見送ったゴール裏はGJでした。
後半開始はあっこちゃん。
その後も、2点取られて、それでもジェフの選手たちはゴールに向かう姿勢を失いませんでしたが、1点も返すことはできませんでした。

悔しいのですが、ベルマーレは強かった。
球際が強い、パスを読むのが上手い、ボールを奪うのが上手い、プレーが早い、判断が早い、攻守の切り替えが早い、プレーの精度が高い。
でもそれは曺監督のもと、昇格しても降格しても、我慢して我慢して続けてきた一朝一夕には成り立たない努力の積み重ねの歴史があっての今現在の強さなのだと思っています。
そんな中で、我が軍も一矢報いようと必死で戦っていたと思います。
我が軍の拙さも出てはしまいましたが、最後まで1点でも返してやろうという気持ちは伝わりました。
この強さに立ち会えるのは、J2ではもしかしたら稀なことで、少しでも抗おうと私も最後まで応援し続けました。
試合直後は手の指が曲げにくいほど手のひらが腫れました。
だから、悔しいのですが、そんなに落ち込んではいません。
我が軍が今どんな位置にいるのか、痛感することができたからです。
痛感したら、そこからまた歩き出すしかないでしょう。
まだシーズンは7試合。
監督を毎年のように変えて、毎年のファッションの流行のように戦術が変わって来た我が軍が、やっとのことで一人の監督を信頼してチームを託せるクラブになったのです。
この戦いは長く続きます。
つらくて逃げたくなる人もいるかもしれません。
でもそんな時は、少しでも楽しいことをみつけて、みんなで励まし合って少しでも良い方向に歩いていけるようにやっていくしかありません。
後半、ハルが密集するDFの間をすり抜けようとしたり、山中くんがチャレンジしたり、若い皆さんがなんとか打開しようとする姿に私の周りのメインの皆さんが拍手を送ってくれて、すごくうれしかった。
過去4年間とは違い、今は若い皆さんが試合に出ようと、試合に出て活躍しようと躍起になってくれています。
木曜日にユナパに江尻塾を見に行ったら、ミニゲームで戸島くんがボカスカ豪快なゴールを決めているのを目撃しました。
今我が軍が良い方向に変わろうという過渡期にあると思っています。
そんな流れを、この敗戦で停滞させたくありません。

個人的には、開幕戦ぶりのフクアリで大敗したのですが、すごく楽しかったです。
やっぱり、ひさびさの友人に会えたり、イベントがあったり、楽しいことはいろいろあるのですが、一番楽しいのは、フクアリのサイドラインを駆け上がったり、サイドライン際で相手とマッチアップする選手たちにメインから声援を送ること。
良いプレーに拍手を送ること。
フクアリは、それがダイレクトに選手に届くスタだから、楽しくて麻薬みたいにやめられません。

次は富山でカターレと戦います。
私は行けませんが、富山は大好きな遠征地なので、行ける方は、どうか思いっきり楽しんで来て下さい。
[PR]

by inudoshi16 | 2014-04-13 22:32 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/22440324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< あさりフライ      犬兄弟ダンス >>