2014年 04月 20日

どんな時もぼくは信じている

ジェフ、カターレと1-1の引き分けでした。
ジェフは、也真人→ユースケ→タイスケの元気の出るゴールです。
タイスケはジェフ移籍後初ゴール、ジェフは3位ジュビロと勝ち点差3の勝ち点11になりました。

今日は、現地に行けずスカパー観戦でした。
まずは、遠く富山に駆けつけた勇者の皆様、本当にお疲れさまでした!&ありがとうございました!
富山は大好きな遠征地なので、私も一緒に行って一緒に声を出したかったです。

なので、試合のことは、あまりとやかくは言えませんが、アウェーの地で勝ち点1を得られて良かったと思っています。
慶ちゃんと森本が怪我でしたが、ユースケと勇人がスタメンで翔平がスタベン、楽しみな試合でありました。
試合の序盤はカターレの早い出足に手を焼いて、前線への縦パスがカットされて、なかなかゴール前にボールが運べませんでしたが、だんだんそんなプレーにも慣れてきて、徐々にジェフのかたちがつくれるようになってきました。
試合中に相手のプレーに対して上手く適応できるようになったのは、進歩だと思っています。
前半終盤には、あまちゃん→谷澤→ユースケのバー直撃もありました。
そして、後半タイスケの気持ちの良いゴールで先制!
高い位置でボールも奪えるようになって、いい感じに攻めらるようになっていた矢先に大西のゴールで同点に。
その後、チャンスもつくりますが、カターレに攻められる時間もありつつ、なんとか勝とうという姿勢は伝わりましたが、あと1点を奪うことができず試合終了でした。

今日は怪我の選手がいる中、メンバーも入れ替わった中で、なんとかしようという気持ちは伝わりました。
勇人がミドルを打ってCKになったり、タイスケのピンポイントクロス→谷澤がオフサイドになったり、試合終盤守備陣の皆さんが身体を張ってそれ以上ゴールを割らせなかったり、良かったシーンもありました。
あまちゃん→谷澤→ユースケのバー直撃シーンなんて、もっとたくさん見たいと思っています。

試合後ツイッターで、監督選手を叩くツイートをいくつか見かけて残念に思いました。
ウイイレのように、と言ってもウイイレはやったことがありませんが、監督を変えたり選手を変えたり語ることに違和感を感じます。
ベルマーレに大差で負けたあとに、我が軍の魂のPR部長深井が「今こそWIN BY ALL!」と言ってくれましたが、WIN BY ALLって私にとっては、勝ったあとにみんなで「俺たちジェフ!」と拳を突き上げることではありません。
ミスして俯いている仲間に「頑張ろうぜ!」と声をかけることだと思っています。
私にとって、それくらい崇高なクラブフィロソフィーだと思っています。
ユナパに行ったら、選手たちは、雨の日も風の日も寒い日も暑い日も練習に真剣に取り組んで日々成長しています。
試合でその鍛錬をうまく表現できる時もあればできない時もありますが、目先の結果でゲームのキャラクターのようにいらない扱いされる覚えはありません。
サッカーってそんな薄っぺらいものじゃない。
私自身、そんなに頻繁にユナパに行けているわけではありませんが、去年から今年にかけて若手が力をつけてきている実感はあります。
だから、目先の結果に振り回されず今何が育っているのか目を凝らして見極めたいと思っています。
怪我の選手がいて、ただでさえ苦しい状況なのだから、こういう時こそ前向きに支えなくては、と思っています。

次は、最愛のホームフクアリでカマタマーレと戦います。
桜が散っても、寒い日が続いていますが、体調を整えて万全のコンディションで俺たちのフクアリでお会いましょう!
[PR]

by inudoshi16 | 2014-04-20 20:42 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/22478930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 4月の愛読書 その2      妹たちのフクアリ開催 >>