2014年 05月 25日

欲望に忠実なこの世界のために

ジェフ、横浜FCと0-0の引き分けでした。
ジェフは、勝ち点21になりました。

昨日は、仕事で三ツ沢に行けず、録画観戦でした。

まずは、暑い中三ツ沢に駆けつけた勇者の皆様、本当にお疲れさまでした!&ありがとうございました!
三ツ沢は大好きなスタなので、行けなくて、本当に残念でした。
私も一緒に応援したかったです。

なので、試合のことはあまりとやかくは言えませんが、ケンペスが出場停止で、代わりに翔平と也真人とハルがスタメンと戸島くんがベンチ入りと、フレッシュなメンバーで、リアルタイムで見られないながらも、かなりワクワクしていました。
点を取ることはできませんでしたが、翔平のポスト直撃があったり、ヒョヌンのビックリするようなロングシュートが南のファインセーブに阻まれたり、ミドルを狙う意識があったり、タイスケや兵働のシュートも、良かったと思いますし、何より、あれだけ失点に悩んでいたチームが無失点が続いているのがうれしいです。
何より、ヒョヌンの成長が目覚ましいですね。
ポジションをSBからCBに移して、失点も減り、良い守備のシーンも増えて、見ていてすごく頼もしいですし、これからもっともっと成長していくのが楽しみです。
ケンペスがいなくて、翔平や也真人やハルを使ったのも、引いた相手を崩すことが得意な選手を起用したのだと、私としては納得のいくものでした。
結果としては、1点も奪うことができませんでしたが、翔平がミドルを打ったり、也真人が兵働のシュートの跳ね返りをヘッドしたり、ハルがペナルティエリア内で粘ったり、打開しようとした姿勢は伝わりました。
スンウくんのボランチ途中出場で、実戦経験を積むことができたのも、ひとつの収穫と思います。
勝てなかったのは、残念ですが、また若人たちが良い経験を積むことができたのは、すごく良かったと思っています。

私が淳さんのサッカーで、すごいなあ、ステキだなあ、と思うのは、若い選手と経験のある選手の使い方のバランスが絶妙なところです。
若い選手をしっかり練習で鍛えて、試合で使うまでかなり慎重ですが、試合に出したら、ミスも失敗もしっかり受け止めて、信じて使い続けるところです。
かといって、若い選手に偏り過ぎることもなく、全選手の個の成長、チーム全体のレベルアップが目標として伝わるところです。
ヒョヌンの起用も去年はずいぶんネット上で批判されましたが、昨日のプレーは本当に素晴らしかった。
今若い選手たちがもがきながらも前にすすんでいこうとしている姿を目の当たりにできているのは、監督が続投したからできたことと思っていますし、今、このチームのこれからどのような軌跡を描いていくのかが楽しみでたまりません。

気がついてみれば5月は負けなしなのですね。
少しずつですが、このチームのやろうとしていることが、本当に少しずつかもしれませんが、かたちになろうとしているところだと思います。
この5年間、目先の結果に囚われ過ぎて見失ってきたことを、今全力で取り戻そうとしている時間を過ごしているのだと、私は実感しています。

そして、次は最愛のホームフクアリで愛媛と戦います。
三ツ沢に行けなくて悔しかったので、次節は、その悔しさを応援にぶつけたいと思っています!
[PR]

by inudoshi16 | 2014-05-25 14:49 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/22683265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 5月の愛読書 その3      クジラメンチ >>