2014年 07月 14日

天皇杯2回戦!

ジェフ、パルセイロに3ー2で勝ちました!
ジェフは、大岩→森本の豪快なヘッドと、タイスケ→ケンペスの地面に叩きつけるようなヘッドと、ケンペス→森本の痛快なゴールです。
ジェフは、3回戦に進出、次はレイソルと対戦することになりました。

昨日のフクアリは、曇っていましたが、かなり気温が高かったです。
関塚さんの初戦ということで、楽しみな試合でした。

まずは、関塚さんの初戦勝てて、本当に良かったです。
また、関塚さんが、これまで淳さんが1年半かけて築いたサッカーをベースに戦って下さって、本当に感謝しています。
そして、そのサッカーで、力のあるパルセイロに勝てたことが何よりうれしい。
これまで頻繁に監督交代があった我が軍は、そのたびにチームの方向性が変わって右往左往してきました。
今年のオフに淳さんの続投が決まって、やっと継続したチームづくりに取り組めると喜んでいましたが、成績が不十分ということで、その道が絶たれました。
クラブのオファーに応えて下さった関塚さんには心底感謝していますし、全力で支えたいと思っていますが、また1からチームのつくり直しなのかと気持ちが沈みました。
しかし、昨日の戦いは、淳さんが築いたサッカーをベースに関塚さんの熱い指示が結実したものだったと思っています。
これから、結果が出る時ばかりではないと思いますし、結果が出ない時には、やり方を変えていかなければならないと思いますが、どんな時にも、楽しんで応援できたら、と思っています。

クラブには、いろいろと思うことはあります。
ジェフの公式サイトに「ブランニュージェフ発進」という言葉を並べたり、淳さんが解任された翌日のユナパレポに「心機一転」というタイトルをつけたり、最新号のジェフプレスのFacebook記事のランキング2位に淳さんの解任記事に711いいねがついた旨を記事にしたり、若手を試合に出せる戦力に育てたり、試合に出ている選手も出ていない選手もその力を引き上げたりした大恩人に対して、とても失礼な話だと思っています。
今回の監督交代については、クラブも熟考を重ねた末の決断だったと思っていますが、それにしても、辞める人に対して最低限の敬意は払って欲しいと思っています。
結果が出なくても苦しい時期をともに身を削って戦った人を、もっと大切に扱って欲しいと思っています。
過去を大切にできない人は、現在や未来を大切にできるとは思えないですし、また同じことを繰り返してしまうと思うのです。
[PR]

by inudoshi16 | 2014-07-14 21:24 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/22954509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大岩くんインタビュー      鈴木淳インタビュー >>