2014年 10月 05日

心の花をさがそう

ジェフ、アビスパに3ー0で勝ちました!
ジェフは、サトケン→森本の美しいゴールと、幸野→タイスケの右足の爽やかなゴールと、幸野→ヒョヌンの魂揺さぶられるゴールです!
ジェフは、勝ち点52で7位になりました。

昨日のフクアリは、涼しくて台風が近づきつつありましたが雨に降られることもなく、まずまずの観戦日和となりました。
ビューカードマッチデーということでイメージキャラクターの朝ドラ「花子とアン」の醍醐さんでおなじみの高梨臨さんがフクアリを訪れ、私は朝ドラ大好きなので、個人的にすごく盛り上がりました。
試合も、ジェフの試合が始まる前に、プレーオフ圏内のトリニータがジュビロに勝って、ファジアーノがVファーレンと引き分けていたので、すごく楽しみな試合でした。

試合は、前半からアグレッシブで良い攻撃が見られて、面白い試合でしたが、ゴールには至らず、後半6分間で3点を重ね、アビスパの攻撃もしっかり防いで、会心の勝利となりました。

昨日は、みんな素晴らしかったですね。
試合後の監督インタビューで関塚さんが、躍動感、一体感のあった試合だったと語っていましたが、両者攻守の切り替えの早い、前へという意識の強い、とても面白い試合だったと思いますし、監督が関塚さんに変わって、ベストゲームだったと思います。
先制ゴールの森本は、たくさん打てば入るの言葉どおり、惜しいシュートをたくさん打ってくれました。
ヒーローインタビューからなかなか点が取れなかったことを気にしていたことが伝わりましたが、この素晴らしいゴールをきっかけに、良いイメージを持って、さらにゴールを重ねていって欲しいと思っています。
2点目のタイスケのゴールも、とても気持ちの良いゴールでした。
前半にも惜しいシュートがあったり、谷澤と良いコンビネーションの攻撃を見せたり、いつも本当に見ていて楽しいプレーを見せてくれて特大感謝しています。
試合後のマイクパフォーマンスで自分のチャントを遠慮するところも萌えポイントです。
3点目のヒョヌンのゴールは、魂揺さぶられました。
あのCKからのカウンター、なんでヒョヌンがそこにいるの??と思ったらゴールしていました。
他にセットプレーでもチャンスに絡んだり、守備でも何度も大ピンチを救ってくれたり、前監督が辛抱強く試合に出し続けてじっくり育ててくれたヒョヌンは、今ではジェフのなくてはならない屋台骨です。
森本のゴールをアシストしたサトケンからは良いパスがたくさん出ました。
2アシストの幸野くんも、フロムアクアMVPのインタビューで、やっと自分らしさを出せたことにホッとしている様子が伝わって、すごくうれしく思いました。
勇人も、高い位置でプレーしたり、シュートを打ったり、好調ぶりが伝わりました。
谷澤も、谷澤がボールを持ったら3人が取りにくるようなシーンが何度もありましたが、そんな中、シュートを打ったり、ボールをキープしたり、楽しかったです。
也真人も、羽生みたいに良いところに顔を出して、也真人が絡んで波状攻撃を見せたシーンは、盛り上がりました。
慶ちゃんも、高い位置でプレーしたり、シュートを打ったり、アグレッシブで、ステキでした。
智は、素晴らしい守備はもちろんのこと、前半にも後半にもセットプレーで惜しいヘッドがありました。
リーグ戦2試合目の高木くんも、とても盤石で、この2試合とも無失点で、世界三大カップの頃からすると、ものすごく成長していると思います。
途中から出たハルもケンペスも兵働も、しっかりこの会心の完封勝利に貢献してくれました。

レギュラーシーズンも残り7試合で、そのうちホームゲームは3試合となりました。
天皇杯もあって過酷な戦いですが、上との差もちょっと詰まってきて、ここから上位チームをじわりじわり追いつめていけたら、と思います。
頑張れば、プレーオフフクアリ開催、全然あると思います。
[PR]

by inudoshi16 | 2014-10-05 14:24 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/23509801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アルビレディース戦      醍醐さん >>