2014年 10月 19日

好きな花を育てよう

ジェフ、トリニータに2-1で勝ちました!
ジェフは、谷澤の痛快なループと、サトケン→森本の魂震えるゴールです!
森本は3試合連続ゴール、ジェフは今季初3連勝、勝ち点58で5位です。

今日のフクアリは、素晴らしいお天気に恵まれました。
暑くもなく寒くもなく、絶好のサッカー観戦日和となりました。
千葉市マッチデーということで千葉市にまつわるイベントも多数行われ、熊谷千葉市長も訪れ、試合前には、ステキなメッセージもいただきました。
試合前には、蒲田さん道代さんのもとにたくさんの応援メッセージが寄せられ、たくさん読まれてとても良い雰囲気だったと思います。
試合自体も、水曜に試合があって怪我人もいてアドくんがU-19から帰ってきたばかりで、スタメンを組むのは難かしい選択だったと思いますがやってくれそうなメンバーですごく楽しみでした。

試合は、前半から両者気迫あふれるとても素晴らしいゲームだったと思います。
前半15分に谷澤のゴールで先制して、試合はぐっとラクになり、落ち着いて、しかし強い気持ちを持って戦うことができました。
後半44分に為田のゴールで追いつかれてしまいますが、その時全然声量が落ちなかったフクアリが忘れられません。
そして直後のサトケンから森本のフクアリを揺るがすゴール。
7分あった長い長いロスタイムを集中して乗り越えての試合終了でした。

今日もみんな素晴らしかった。
試合開始からみんな集中して気合いが入っていて、誰からも勝ちたいという思いがビシビシと伝わってきたので、今日はどんな結果が待っていてもみんなを褒め称えたいと思っていました。
とくに水曜日アウェーの地で激戦を戦って来た谷澤。
今日スタメンでピッチに立つだけでも尊敬するのに、ゴールや攻撃だけでなく守備も素晴らしい獅子奮迅の戦いぶりで、今思い返すと涙が出そうです。
そしてフクアリに絶大な歓喜をもたらした森本。
思いを込めて打った、という言葉どおりGK武田の手を弾く豪快な魂のゴール。
自分のゴールで勝たせたい、という言葉がうれしくてうれしくてしょうがありません。
試合後には、ゴール裏で、セーバゴー!セーバゴー!高木駿!のコールをしてチームメイトを称える仲間思いな優しさも萌えポイントです。
そして、それに森本チャントで応える鉄壁高木くん。
選手たちの雰囲気の良さに、うれしくなりました。
後半交錯して倒れた時には心配しましたが、プレー続行後も痛みが残っている中激闘を耐え抜いてくれて、感謝の言葉もありません。
リーグ戦完封記録は為田に破られましたが、また記録をつくっていきましょう。
水曜日キンチョウのピッチにスタメンで立ったヒョヌンと勇人もタイスケも疲れていたかもしれませんが、疲れをまったく感じさせないプレーでした。
サトケンもフクアリを揺るがすゴールのラストパスを出す大仕事をしてくれました。
サトケンと森本の相性が良くて、新たなホットラインの誕生ですね。
幸野くんもいいラストパスを出していたので、これからも期待しています。
也真人も気合が痛いほど伝わるプレーで、見ていて熱くなりました。
途中から出た大岩くんもハルもケンペスも、チームを助けるプレーをしてくれました。

順位が近い同士の直接対決で、これだけ熱い試合ができて、最後まで力を振り絞ってギリギリのところで大きな結果を掴んだので、いまだに興奮が醒めません。
この勢いと良い雰囲気を大切に、残りの試合を戦っていけたら、と思います。
次は、ザスパと正田スタで戦います。
どんな戦いになるのか、楽しみにしています。
[PR]

by inudoshi16 | 2014-10-19 23:57 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/23593362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< とっておきのフクアリ愛      ジェフバス >>