2014年 11月 18日

夢を与える仕事

b0001706_22233989.jpg


さみしいもので今年のレギュラーシーズンのフクアリの試合は、終わってしまいました。
まだプレーオフ準決勝がフクアリの開催の可能性があったり、昇格が決まった場合や、天皇杯優勝が決まった場合は、またフクアリを訪れる機会がある可能性がまだあることは、本当にありがたいことと思っています。

そんな先日のホーム最終戦カターレ戦の日に、フクアリのコンコースのホームSメインとコーナー自由の間のイベント告知の看板の付近の床に、いつもホームゲームで陰で試合を支えて下さっているボランティアスタッフさんが、チョークで書いた今年1年のサポへの感謝のメッセージを見つけました。
そのメッセージは写真に撮ったのですが、撮影に失敗してしまったために、このブログに載せることはできないのですが、とても心のこもったメッセージで、とてもあたたかい気持ちになりました。

ボランティアスタッフさんといえば、去年から今年のホーム最終戦に至るまで、お絵かきのとても上手な「フクアリ画伯」が、フクアリを訪れるジェフサポや、アウェーサポだけでなく、素晴らしい作品を撮影したサポがツイッターにアップして、フクアリに来ていない人までも、楽しませてくれましたし、毎試合、今日はどんな作品に出会えるのか、すごく楽しみで、すごく感謝しています。

フクアリ画伯だけでなく、ジェフが好きで、試合も見ないでジェフのために無報酬で働いて、ジェフのホームゲーム成功のために尽くして下さるボランティアスタッフさんは、私には真似できないですし、本当にすごいなあ、といつも思っていますし、感謝しています。
[PR]

by inudoshi16 | 2014-11-18 22:23 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/23756248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 専修大北爪健吾くん加入      風の中の友達 >>