Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 12日

開こう明日の扉

ジェフ、ヴェルディと2-2の引き分けでした。
ジェフは、アランダ→船山のみんながみんな待ちに待ったゴールと、ハルの痺れるゴールです。
ジェフは、勝ち点28で暫定8位です。

今日のフクアリは、試合前は雲がありましたが、素晴らしいお天気で気温もかなり上がりました。
今日は、昨日がジェフの25歳のお誕生日ということ、15日が県民の日ということで、レジェンドマッチが行われたり、チーバくんが来場したり、千酒イベントが行われたり、試合前からすごく楽しい雰囲気のフクアリでした。

試合前のレジェンドマッチは盛り上がりましたね。
ヴェルディに先制されるも、リティと城のゴールで2-1の逆転勝ち。
数々のレジェンドの皆様のトークが聞けたり、現役時代を思わせる素晴らしいプレーが見られたり、あたたかい雰囲気でした。
とくに国王陛下のヒールパスが見られたり、江尻さんの黄金の左足クロスが目の前で見られたり、本当に幸せでした。
ヴェルディレジェンドの皆様も、ジェフのためにお集り下さり、本当にありがとうございます!

また現役の選手の皆様も、比嘉さんが初スタメンだったり、ドゥーさんが怪我から復帰したり、楽しみな試合でした。

キックオフの頃には、空も曇って、少し陽射しは落ち着きましたが、湿度が高くピッチは相当蒸し暑かったと思いますし、中3日→中3日の連戦の身には相当キツかったと思います。
しかしところがどうでしょう。
試合の入りかたは素晴らしかったと思います。
エンドチェンジされましたが、後半のごく早い時間帯に待ちに待った船山のゴールで先制!
アランダのラストパスも良かったですね。
そしてハルの痛快な追加点!
その後3点目が取れれば良かったのですが、連戦の疲れもあってか無理をしなかったのかもしれません。
順位が下のヴェルディも必死で来て、意地と意地のぶつかり合いとなりました。
ヴェルディに2点差を追いつかれて、ジェフも勝ち越し点を狙い続けますが、実らず試合終了でした。

連戦の3戦目ということで、本当に死闘と言える戦いでした。
エウトン→船山のゴールは圧巻でしたね。
本当にいつ見ても、ボールをもらう動きが素晴らしくて、関塚さんがポジションを変えてもスタメンで使い続ける理由がよくわかります。
アランダのクロスも良かったですね。
エウトンは足が長くてスタイルが良くて本当にかっこいいです。
いろいろな国でのプレー経験があるからでしょう、知的な感じがしますし、カウンターのシーンでルーレットを見せてくれたのは、盛り上がりました。
今日は得点にはなりませんでしたが、也真人も深井ばりに高い位置でボールを奪うプレーがあって燃えました。
ハルのゴールもうれしいですね。
先日のニコ生で勇人が「ハルはジェフの未来だから」と言ってくれたのがすごくうれしかったですし、ハルが「勇人さんと一緒に昇格したい」と言っていたのもすごくうれしかったです。
アランダも、本当にボールを奪うのが上手くて、連戦で疲れているみんなを大きく助けていたと思います。
長澤くんのボランチも、連戦でも関塚さんとしては、ポジションを変えてもスタメンで使いたい力のある選手と評価されてのことと思います。
フクアリで長澤くんのプレーが見られることを、いつも幸せに思っています。
怪我から復帰のドゥーさんも後半、CKに逃れた超絶クリアがありました。
ジュヨンも、優也さんがヴェルディの選手と揉めた時に、くってかかって、カードをもらわなくてホッとしましたが、仲間のために熱くなれるところが萌えポイントです。
そんなジュヨンを止めに入った優也さんもかっこ良かったです。
失点はしましたが、素晴らしいセーブも見せてくれました。
試合後ヴェルディゴール裏に挨拶に行った時にヴェルディサポさんに拍手で迎えられていて、本当に愛されていた選手なのだなあと実感しましたし、だからこそ大切に応援していかなければ、と思います。
初スタメンの比嘉さんも、イキイキしていましたね。
アベショも、今日も美しいロングパスを見せてくれました。
途中から出た眞紀人くんも巻ばりのディフェンスを見せてくれました。
昇格請負人大久保くんも落ち着いていたと思います。
真希くんもカードをもらってしまいましたが、もう少し長い時間がプレーが見たかったです。

できることなら、船山とハルの歓喜のヒーローインタビューを聞きたかったです。
でも、厳しい3連戦も終わり。
監督もコーチも選手もサポもお疲れさまでした。
今日は失点してしまいましが、攻撃はどんどんコンビネーションが良くなっているように思います。
次は1週間空きますので、この引き分けの悔しさを糧に、また前進していきましょう。
個人的には、今年のチーム、すごく好きです。
監督も千葉出身。
コーチ陣もジェフにゆかりのある方が多い。
今年ジェフで戦うことを選んだ選手たちは、ジェフで戦うことに夢や希望を持ってジェフを選んでくれた選手たちばかりです。
1月にスタートしたチームなのでチームとしての経験は浅いですが、そこは熱意と日々の練習でカバーして行きましょう。
とくに後半ロスタイムのゴールが多いのは、このチームで勝ちたい勝たせたいという選手たちの執念の現れだと思っていますし、そんな選手たちを精一杯応援したい気持ちです。

次は、1週間空いて、アウェーでエスパルスと戦います。
日本平は、たぶんフクアリと臨海の次に好きなスタジアムなので、行けないのが本当に残念でなりません。
行かれる方は、どうぞたくさん楽しんで、行かれるかどうか迷っていらっしゃる方は、ぜひ行かれることをおすすめします。
パルちゃんショーやパルちゃんのスポンサー紹介、私も見たかったです。

また、昨日で、ジェフというクラブは25周年を迎えました。
25年という年月を思うと、本当にたくさんの方に支えられて、ここまで来たのだなあ、と今日のレジェンドマッチを見て痛感しました。
昨日から、ジェフは次の25年、NEXT25に向かって走り出しています。

今日、試合が終わったあと、審判へのブーイングはありましたが、選手たちに向かってのブーイングがごくわずかしかなくてホッとしました。
必死にやっても、全身全霊を尽くしても、勝てない時はあります。
死闘に次ぐ死闘を中3日で戦ってきた選手たちを労う拍手は、本当に良いものです。

ロアッソの復帰試合の日に、TVのインタビューで「ロアッソは家族みたいなものなので・・・」と言葉に詰まり涙されているロアッソサポさんがいらっしゃってもらい泣きしました。
やっぱり私にとってもジェフは家族みたいなものなので、望む結果にならない時に、自分が愛する家族が罵倒されたり非難されているところは見たくないのです。
甘いと言われるかもしれませんが、自分は臨海のあたたかくてアットホームなサポの雰囲気が好きになってジェフ沼に引きずり込まれてしまったので、そんな良さは何年経っても失って欲しくないと、個人的には、思います。

次の25年に向けて、個人的には、カテゴリーはどうあれ、日本で一番あたたかいクラブ、サポになれたら、と思います。
あたたかい雰囲気なら、初めてフクアリを訪れた人も仲間に入りたいと思うでしょう。
人が集まれば、応援も盛り上がり、クラブも豊かになり、強くなるでしょう。
そんなことを考えていた、ジェフの25歳のお誕生日の翌日でした。
[PR]

by inudoshi16 | 2016-06-12 22:00 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/25905285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 君の魂大事な魂      雨あがりの光がまたたく >>