2016年 07月 17日

旅人たちはまた真珠のような瞳輝かせ

ジェフ、ゼルビアに3ー2で勝ちました!
ジェフは、長澤くん→北爪くん→也真人の心躍るゴールと、也真人→丹羽さんの超絶イケメンゴールと、ハル→アドくんの魂揺さぶられるヘッドです!
丹羽さんはジェフ初ゴール、ジェフは勝ち点32で暫定9位です。

日付が変わって昨日の野津田は、時々涼しい風が吹いていましたが、湿度は高く、ピッチの選手たちは蒸し暑かったと思います。
座っていても風がやむとkappaのユニが肌に張り付くような湿度でした。

そんな中、みんなよく戦っていたと思います!
なんと言っても先制点の也真人!!
ゴールだけでなく、よく走り、アシストもし、後半深井ばりに高い位置でボールを奪って船山の惜しいシュートを生んだり獅子奮迅の活躍でした。
也真人のゴールを生んだ北爪くんのアシストも素晴らしい!
わずかなスタメンのチャンスでしっかり結果を出しつつも、ツイートでは長澤くんと也真人を立てる謙虚さが本当にかっこいい。
こういう選手はどんどん伸びて行く予感がします!
也真人のゴールの起点となった長澤くんも素晴らしい。
今年スタートしたばかりの新生チームの中で、この専大ファミリーの華麗な連携のこの光輝くような貴重さを今後も大事にしていきたいと思います。
初ゴールの丹羽さんもゴール後にゴール裏を煽る姿もすごくイケメンですし、守備もすごく粘り強くて、ますます好きになりました。
途中出場で大役を果たしたアドくんも、ゴールだけでなく、コメントが大人になりましたね。
五輪に選ばれなかったのは残念ですが、アドくんにはもっともっと大きな夢を叶えて欲しいと思っていますし、それをずっとそばで見ていたいと思いますし、今この瞬間アドくんの力強い成長に立ち会うことができていることが、本当にサポとして幸福に思っています。
ありがとう、アドくん!
アドくんに素晴らしいラストパスを送ったハルも限られた時間の中で確実に正確でチームを助ける大きな仕事をしてくれました。
船山も怪我が心配ですが、惜しいシュートがありましたし、タッチを割ろうとするボールも絶対に全力で追うプレーが個人的には大好きです。
試合前、練習に出て来てゴール裏に挨拶後、看板を連続で3つ軽々とジャンプして飛び越えて、調子が良さそうに見えました。
だから、怪我がどうか無事でありますように・・・
あの怪我のシーンで、なにくそ!!と応援にむちゃくちゃ力が入りました。
アベショーは、またいつものごとく美しいクロスやシュートでみんなに元気をくれました。
カンペーさんも真希くんも今日もいつものごとく頼もしかったです。
ジュヨンも若狭も、とくに前半の押し込まれた時間帯、すごく頑張って守ってくれました。
優也さんも、失点はしましたが、素晴らしいキャッチングが何度もありました。
連敗しても優也さんを変えずにこうして勝利に導く姿を見せてくれた関塚さんには、ただただ感謝です。
アランダの復帰もすごくうれしかったです。
この過密日程のタイミングで戻ってきてくれたこと、ジェフにいい風が吹いて来ているように感じます!

この最後の最後まで諦めない気持ち。
すごく大事だと思うのですよ。
課題はまだまだあります。
前線でミスも多かったです。
でも、最後までこのチームでこのメンバーで勝とうという気持ち。
シーズンの終わりにはどんな結果が待ち受けているかは誰にもわかりませんが、私は今年のチームが大好きなので、このメンバー、この監督、このコーチングスタッフがみんなでジェフに来て良かったって言い合えるシーズンにしたいのです。
道のりは険しいかもしれません。
でもその険しい道のりを、みんなで時にはユーモアも交えたりしながら励まし合って歩いて行ったなら、険しくても楽しい時間に変えることだってできると思うのですよ。

野津田は初めて行きました。
4年前は、ユースケのハットトリックをスカパーで見ていました。
スタジアムが見違えるほど、ステキになっていて、感動しました。
ゼルビアサポさんの、鶴川駅からシャトルバス乗り場への道案内もとても親切でありがたかったです。
またひとつ忘れられないアウェーになりました。

次は、中3日でアウェーでモンテと戦います。
私は行けません。
連続アウェーでしかも盆地の暑さ厳しいスタジアムで勝つのはすごく大変なことと思います。
選手もサポも移動するだけでも大変だと思います。
でも今日の劇的な勝利を力に変えて、頑張りましょう!!
[PR]

by inudoshi16 | 2016-07-17 01:48 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/26020401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< がまだせロアッソ!      若くて未熟なアナキストたちのために >>