2016年 11月 15日

11月の愛読書

b0001706_2105639.jpg


ひさしぶりに読書の記事を。
加部究さんの「サッカー通訳戦記」を読みました。
間瀬さんの章が読みたくて買ったのですが、トルシエの通訳ダバディーさんや、ジーコの通訳鈴木さんの章もとても面白く、サッカーをより深く理解する上でためになります。
間瀬さんの章に出てくるエピソードは、だいたい去年出たフットボールサミットに掲載された間瀬さんインタビューで語られていたエピソードとかなり重なる部分のあるものの、まだ知らなかったエピソードも書かれていました。
外国人監督にとっての通訳の役割の重要性、また間瀬さんがどのような道筋を辿って通訳から監督への道を志したかも伝わってくる内容です。
ジェフ時代のイビチャのエピソードも書かれていますので、ぜひ一読されることをおすすめします!

[PR]

by inudoshi16 | 2016-11-15 21:00 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/26380994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 最終節前夜      君が愛しい 理由はない >>