2016年 11月 21日

シーズン全員集合最終日

本日がユナパで全員が集合する最終日でした。
私は、ユナパに行けていません。
ユナパに行って、選手に会われた皆様、本当にお疲れさまでした&ありがとうございました。

そして、クラブから1年を締めくくるご挨拶もリリースされました。
「地力を身につける」「成長する」という言葉は一見地道で地味な言葉ですが、そういったことを今まで疎かにしてきたので、クラブからこういった言葉が発せられたことに安堵しています。
いちばん大切なことはちょっとやそっとのことでは揺るがない基礎体力を身につけ、自分自身の頭で考える判断力を養うこと。
一見遠回りに見える地道で地味な努力こそが強くなるための正攻法であり、昇格はその通過点であると考えます。
まだ来季の監督も決まっておらず、ここから何が始められるか具体的には語り難い状況ではありますが、クラブがそういう姿勢を発信したことは評価したいと思います。

また長谷部さんの最後のミーティングについて報知が記事にしてくれました。
長谷部さんが最後にホワイトボードに書いた言葉は「見・聞・読」。
海外に何かを見に行ったり、指導者に話を聞きに行ったり、移動時に読んだことのない本を読むことが一流になるためのきっかけになるかもしれないと。
これも一見遠回りに見える道ですが、より自分の頭で考え、判断力を養う、良い方法を教えて下さっていると思っています。
サッカー選手は意外と時間があるもので、ドゥーさんのように能動的に他分野の人と会って話をする機会を設けたり、サッカークラブを経営したりする人もいれば、空いた時間の使い方がわからないまだ若い選手もいます。
短いサッカー人生の中でサッカー以外の時間をどう過ごすのか。
個人の判断に委ねられますが、長谷部さんは、とても重大なヒントを言い置いて下さったと思っています。
海外まで行くことは、すぐにはできなくても、指導者に話を聞きに行ったり、本を読んだりすることは、今すぐでも始められることでしょう。
読書は魂の食事と言います。
そんな大事な教えを、シーズンの全員集合最終日に選手に伝えて下さった長谷部さんに、本当に感謝しています。
できることなら、来年もジェフを支えて欲しいと思っています。
私も、最近あまり記事にはしていませんが、サッカーに関する本は細々と読んでいるので、また記事に書けたら、と思っています。
10年くらい前と比べたら、本屋さんに行っても、サッカーに関する本の種類が格段に増えましたね。


[PR]

by inudoshi16 | 2016-11-21 23:52 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/26396977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< フアン・エスナイデル監督の就任が内定      言葉だけじゃ伝えきれない >>