2016年 12月 06日

2008年12月6日

b0001706_21582623.jpg

皆様は、覚えておいででしょうか?
今日はあの奇跡の残留の日、2008年12月6日からちょうど8年の日であることを。

写真は、その翌年グローボであった2008年の写真展に展示されていた2008年12月6日のビジョンの写真を撮影したものです。
あの日のことは、忘れようにも忘れられません。
2点先行された後半11分間で4点取りました。
この写真を見ると、どんなにつらいことがあっても頑張れてしまうのです。
3点目の直前、レイナウドがFC東京の今野に倒され、PKをゲット。
以後、メインも試合終了まで総立ちでした。
当時SAのシーチケホルダーだった友人によると、SAは試合開始から総立ちだったそうです。
メインの私は、試合開始から声を出して応援をしていました。
メインの別の友人は、1Fの一番後ろでフラッグを振って応援していました。
あんなフクアリは、あとにも先にも見たことがありません。
2007年のオフに、多くの主力選手がジェフを去り、ジェフは、開幕11試合勝ちなしでした。
11試合の内訳は2分け9敗でした。
どんなに負けても負けてもブーイングをせず、拍手を贈り続けたジェフサポが私は大好きでしたし、誇りでした。
12試合目で監督代行の澤入さんがボランチに斎藤大輔さんを起用して、見事勝利。
14試合目でミラー監督が指揮を執り始めました。
当時の強化責任者昼田さんが多くの選手を獲得して、次第に勝ち点も積み重ねられるようになるものの、最終節のひとつ前のエスパルス戦@日本平で負けて、残留は最終節に持ち越しとなりました。

あの日よりもあとにジェフサポになったサポも多いと思います。
でもあの年あの日経験した団結力、ブーイングなしで勝ち取った残留を私は後世に伝えていくべきと思っています。
もちろん思い出を美化している部分もあると思います。
でも、個人的には、フクアリができてナビスコで初優勝した年よりも、私はあの年がいちばんジェフサポでいて良かったと思える年でした。
そんなことを考える2016年12月6日の夜です。

[PR]

by inudoshi16 | 2016-12-06 21:58 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/26435593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アドくんがレッズへ      若狭が契約更新 >>