Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 16日

キックオフフェスタ



昨日は、キックオフフェスタに行ってきました。

選手の皆様、監督、コーチ、スタッフの皆様、ゲスト出演された皆様、参加されたサポの皆様、寒い中本当にお疲れさまでした!&ありがとうございました!
どうか体調を崩されないように、くれぐれもご自愛下さい。

昨日のフクアリは、晴天には恵まれましたが、風もあり、日が翳るととても寒かったです。

まずキックオフフェスタ開催の前に、昨年11月に南米で起きた飛行機事故の犠牲になられた方々に黙祷が捧げられました。
黙祷の前にはビジョンで1000のバイオリンとともに、ケンペスの輝かしい功績を讃える素晴らしい追悼映像が流され、泣きました。

その後、蒲田さんの道代さんの司会によりキックオフフェスタ開始でした。

最初に登場したのは千葉クリアーズというお掃除をテーマにしたアイドルの皆さん。
キックオフフェスタを盛り上げようと頑張って下さいました。

次に登場したのはジェットスフィーンの皆様。
ジェットスフィーンの指導にならって一緒に参加して踊る時間もあって、今年のジェットスフィーンのパフォーマンスのどこかにその踊りが取り入れられるとのことで、シーズンが始まってからのジェットスフィーンの新しいパフォーマンスが楽しみになりました。

次に登場したのは、よしもとのバイク川崎バイクさんと野生爆弾さん。
バイク川崎バイクさんは、サポに「冬と言えば?」というお題を出して、サポから「サッカー」という返答に対し「ボール蹴ってばっかり」→BKBというアドリブがお見事でした。

次に登場したのは一昨年フクアリで素晴らしい演奏を聴かせて下さった植草学園大学付属高校吹奏楽部の皆様。
overから始まり、おなじみのチャント、アメグレ、あっこちゃん、プライド・・・1000のバイオリンでは思わず泣いてしまい、最後には大脱走とオプラディと今回もさらに素晴らしい演奏でした。
植草学園高校には熱狂的なジェフサポ先生がいらしてふだんゴール裏にいらっしゃるそうです。

その後、レディースの新体制発表。
三上監督と新加入選手の皆様の挨拶。

その後、トップの新体制発表。
前田社長と高橋GMとエスナイデル監督の挨拶。
前田社長の挨拶では、まず昨年の応援に対する感謝とスポンサー様に対する感謝とサポに対する感謝が述べられました。
スポンサー様には「汗と血をいただいている」、サポには「生活の糧をいただいている」という言葉がとくに印象に残りました。
クラブの要として、そのような姿勢でクラブ運営に取り組むということをあの場で聴くことができて、本当に良かったと思っています。
高橋GMからはエスナイデル監督を選んだ経緯が簡潔ではありましたが、説明がありました。
知らず知らずのうちに下がってきた目線をもう一度上げたい、という言葉が印象に残りました。
より厳しくストイックなチームにつくり上げていくことを期待しています。
また昨年の怪我人続出の反省から外部機関と提携して怪我対策に重きを置くことも説明がありました。
また現在外国人CFの獲得を目指していて良い報告をしたい旨もおっしゃっていました。
エスナイデル監督は、選手として豊饒な経験をされた方らしく日本やジェフやサポをリスペクトして下さる本当にステキな方でした。
そして、新加入選手の皆様からも挨拶。
皆様、ジェフで戦うことへの意欲、希望が伝わる良い挨拶でした。

その後、映画「U-31」の監督谷健二さんと出演の中村優一さん、松浦正太郎さん、そこにプラスして比嘉さんの挨拶。
昨日フクアリで先行販売されたDVDは完売したそうで、すごくうれしかったです。
私は劇場で見ましたが、ジェフサポなら、というかサッカー好きなら楽しめる素晴らしい作品なので、多くの方に見て欲しい作品です。

その後、エスナイデル監督とギジェルモコーチのトークショー。
聞き手は蒲田さんと道代さん。
エスナイデル監督は、オファーを受けた時ジェフの試合を見始めてとくにサポの応援が良かったとおっしゃっていました。
それまでは、日本のサッカーを見る機会はあまりなかったそうです。
しかし高橋GMと面談する時には、すでに20試合ほどジェフの試合を見ていたとUNITEDに書いてありましたから、とても熱心に意欲を持って引き受けて下さったのだなあと思いました。
志向するサッカーとしてはアグレッシブなサッカーを目指すそうです。
ギジェルモコーチは、ずっとアルゼンチンで選手としてプレーされて指導者としてもアルゼンチンで指導歴を重ねてこられた方です。
若かりし頃、エスナイデル監督とギジェルモコーチは同じ寮で生活をされて5年間同室であったことがあるほどの旧知の仲で、日本でお仕事をするにあたって、ギジェルモコーチを誘ったのだそうです。
道代さんの「日本食はどうですか?」という質問に、エスナイデル監督は、お寿司屋さんに連れて行ってもらったけれど、お魚を生で食べる習慣がないので、あまり食べられなかったとおっしゃるのに対し、ギジェルモコーチは、お寿司はちゃんと食べられて、エスナイデル監督の分も食べたとおっしゃっていました。
エスナイデル監督は「フアン」と、ギジェルモコーチは「ギジェ」と呼んで欲しいともおっしゃっていました。

その後、レディースの皆様による身体を張ったパフォーマンス。
私は、お笑いのことはよく知らないのですが、レディースの皆様の、みんなを楽しませたいという思い、仲の良さがすごく伝わる楽しい時間でした。

その後、清武くん、溝渕くん、いっせいくんのトークショー。
聞き手はやはり蒲田さんと道代さん。
清武くんは、九州から出たことがないので、千葉駅で迷ってしまったけれど、ゴルフが趣味とのことで、蒲田さんと道代さんに、千葉はゴルフ天国ですよ、とすすめられていまいた。
また、去年のロアッソのフクアリでの復帰試合の雰囲気も褒めていただいてありがたかったです。
溝渕くんは、熱いプレーをアピール。
また紅茶を飲む時間が好きとのこと。
また大学リーグでフクアリでプレー経験があり、初めて見たジェフの試合が去年のエスパルス戦@フクアリで、その時のフクアリの雰囲気を褒めていただきました。
いっせいくんは、高校生ですが、とても落ち着いた話し方で、とても好感が持てました。

その後、勇人と羽生のトークショー。
聞き手はやはり蒲田さんと道代さん。
まず「Welcome back」という言葉を羽生にかける蒲田さん。
ひとつひとつ言葉を選びながら語る羽生。
昔姉崎寮で部屋が隣同士だった仲良しの二人ですが、チームが離れていても、連絡を取り合ったり、オフには会っていたという二人。
お子さん同士も仲良しだそうで、ご家族ぐるみのお付き合いだそうです。
連絡の頻度はそんなになくても一度Lineが来ると止まらなくなるのだとか。
羽生は、ジェフを離れていてもジェフの試合を見ていたと勇人にバラされたりしていました。
オファーが来た時には、そのことを勇人に言ったら勇人は当初は反対だったそうです。
また今年のチーム始動の日には、新加入選手の皆様が一人ずつ挨拶する際、みんなが1分くらい話すのに対し羽生は5分くらい良いことを話したにもかかわらず、去年の終わりにFC東京でふくらはぎを少し傷めたそうで、別メニューだったことも明かされました。
トークショーの終わりには、勇人と羽生で肩を組むシーンも。

そして、最後にアキュアメイドマーメイドの皆様と北爪くんと乾くんと岡野くんによる恋ダンス。
これが本当に素晴らしかったです。
アキュアメイドマーメイドの皆様のさすがのダンスもさることながら、北爪くんと乾くんと岡野くんも完璧でした。
アキュアメイドマーメイドの皆様が、すごく楽しんで踊っていらっしゃるのが、本当にステキでしたし、北爪くんも乾くんも岡野くんもスタイルが良くてすごくかっこよかったです。
選手の皆様の仮装的なパフォーマンスも楽しいのですが、私は、選手の皆様には、いつもみんなの憧れで、かっこいい存在でいて欲しいので、本当に幸福で爽やかな時間でした。
そしてグランドフィナーレは、乾くんの一発芸。
昨日は、日が翳るととても寒かったですが、いちばん最後にアキュアメイドマーメイドの皆様の素晴らしい才能と北爪くんと乾くんと岡野くんのまた新たな一面に触れられる素晴らしいパフォーマンスが見られて、すごく良かったです。

オフの間には、いろいろなこともありましたが、昨日キックオフフェスタに参加して、やっとこのチームで、あらたな1年が始まるのだなあという思いをあらたにしました。
監督も変わって、コーチ陣と通訳さんを厚くして、怪我対策に力を入れて、食事面でも見直し改善していくとのことで、もちろん試行錯誤の時間もあると思います。
産みの苦しみのような時間もあると思います。
また、あらたなスローガンも発表になりました。
「PASION 力戦奮闘」
新体制発表の中で「戦う集団に」という言葉が何度も出てきましたが、このチームからどんな物語が始まるのか、楽しみにしています。






[PR]

by inudoshi16 | 2017-01-16 16:09 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/26560806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ラリベイ選手がジェフへ      開幕カード決定! >>