2017年 04月 02日

終わりのない挑戦

ジェフ、サンガと2-2の引き分けでした。
ジェフは、いっせいくん→キヨくんの爽やかなゴールと、後半ロスタイムのサリーナス→ドゥーキャプテンの闘犬ヘッドです。
ジェフは、勝ち点8になりました。

日付が変わって、昨日は仕事でフクアリに行けませんでした。
まずは、冷たい雨の中、フクアリ参戦された皆様、本当にお疲れさまでした!&ありがとうございました!
私も一緒に応援したかったです。

なので、試合のことは、あまりとやかくは言えませんが、惜しい試合だったと思います。
あの後半のいっせいくんのポスト直撃シュートが入っていたなら、もっと試合はヒートアップしていたことでしょう。
たらればは、言ってもしょうがないですが、ボムくんにも真希くんにもサリーナスにも惜しいシュートはありました。
枠内シュートも増えていますし、取れたオフサイドも10は立派です。
勝てなかったのは、もどかしいですが、前節前々節となかなか点が奪えなかった中で点が取れるようになったことも喜びたいです。
ハイラインをやっている以上リスクはあります。
点を取られたら取り返せばいいのです。
今節、物足りなく感じたのは、プレスです。
芝の状態が良くないように見えましたし、水をたくさん撒いていたので、走りづらかったのかもしれません。
そんな中で、優也神とドゥーキャプテンと真希くんのセンターラインがとても頼もしかったです。
キヨくんの先制ゴール、いっせいくんのアシストも素晴らしかったですね。
比嘉さんも途中交代はしましたが、クロスの精度がアップしましたね。
フル出場する体力も試合に出ないと見につきませんから、このまま試合に出続ける比嘉さんが見たいです。

今年のハイプレスハイラインのサッカーは、賛否が分かれるところではありますが、私の個人的な好みの問題ですが、私はとても好きです。
それは、なぜかというと、私が初めて好きになったジェフのサッカーが、イビチャ・オシムの積極的なプレスでよく走るラインの高いコンパクトなサッカーだったからです。
イビチャのサッカーはダブルボランチだったので、陣形は違いますし、細かいところは違いますが、今年のメンバーが、エスナイデル監督の戦術をよく理解し身体で表現できるようになったら、きっと面白いサッカーになると思いますし、それで結果が出て欲しいと思いますし、それで昇格できたら最高だと思っています。
ただ、去年までやっていたサッカーとは違うので、選手たちが、それを体現するには、ちょっと時間がかかってしまうかもしれません。
今は、ちょっと産みの苦しみのような時間だと思っています。
相手のあることなので、事故みたいな失点だってしてしまうことだってあるでしょう。
そこで停滞してしまわずに、信じた道をすすんでいけるか。
今ジェフを必死に応援しているサポの中には、イビチャのサッカーなんて見たことないよ、という方も少なからずいらっしゃることでしょう。
今ジェフで戦っている選手の中にだって、イビチャ時代のジェフの試合なんて見たことないよ、という選手も少なからずいることでしょう。
でも、かつてジェフがいちばん強かった頃にちょっと似ているサッカーを指向している若き選手として豊饒な経験をされた監督を応援してみようと思いませんか?
まだまだシーズン先は長いです。
このチームには、ジェフが一番強かった時を知っている江尻コーチ、長谷部コーチ、櫛野コーチもいます。
そんなジェフ愛にあふれたコーチ陣が、きっとエスナイデル監督を強く強く支えて、次こそ勝つべく最良の準備をして下さると信じています。

次も、最愛のホームフクアリでザスパと戦います。
私は、またまた仕事で行けません。
だんだん上向いているこの流れをさらに上昇曲線が描けるような熱い応援をぜひお願い致します!

[PR]

by inudoshi16 | 2017-04-02 00:29 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/26759679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 夢の輪郭を      眞紀人が期限付きでゼルビアへ >>