2007年 06月 10日

6月の愛読書

土曜日にUNITEDが届いていました。

6月号の表紙は水本。
巻頭のコラムには、キャプテンマークを託された水本の逞しいコメントが。
Jリーグ詳報には、勇人のインタビュー。
ケガの回復に必死に努めている最中でありながら、力強い言葉が並んでいて、泣けました。
ケガで試合に出られなくて、一番悔しくもどかしく無念な思いをしているはずなのに、こんなに力をくれて、本当に申し訳なく思います。
ザ・ドキュメントには昇平が登場。
試合に出られたり出られなかったりが続く中で、本当によくやっていると思います。
また、試合中に出た課題を試合中に解決できるようにしたい、という言葉には、力をもらいましたし、年代別の代表を含めて、いろんなチームでいろんな監督の下でやってきたという経験はとても頼もしいものだと思います。
また、今月から、モバコラと題された、携帯サイトとコラボレーションした連載が開始しています。
素顔のトークタイムには朴くんが登場。
以前から日本でのプレーを考えていて、ジェフのことはヨンスがプレーしたチームとして関心を持っていたとの話が興味深かったですし、若いのに、とてもしっかりしています。
[PR]

by inudoshi16 | 2007-06-10 20:52 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/6962826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 後期日程発表!      どうしたら >>