2008年 04月 13日

何度でも

ジェフ、アルディージャに2-4で負けました。
ジェフは、坂本と新居の素晴らしいゴールです。

昨日は、負けましたが、流れの中から点を取れるようになったことが、何よりも大きいと思っています。
2点差を追いついたことも、素晴らしいと思っています。
1点目の、馬場のパスから巻のシュートがポストに当たり、それを坂本があそこにいて、押し込んだのは、本当に、みんなで決めたゴールだと思っています。
また、新居の鮮やかな同点ゴールも、素晴らしかったです。
ゴール前の落ち着きも痺れましたし、ゴール後、ベンチに駆けて行って工藤と抱き合ったのも最高でしたし、巻が自分のことのように喜んでいたのも、ステキでした。
新居の復帰は、ものすごく大きいですし、新居が入ったことで、巻も孝太も断然やりやすそうでした。
結果が出ないと、どうしても選手たちは、追い込まれますが、良くなっている部分、できるようになった部分が少なからずあるにもかかわらず、自信を失ったり、焦ったりしてしまうことを、恐れています。
何度でも、というのは「Over」の歌詞です。
[PR]

by inudoshi16 | 2008-04-13 15:54 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://inudoshi16.exblog.jp/tb/8378967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 社長交代      JEF PRESSのボックス >>