Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2004年 10月 31日

明日へのマーチ

ジェフ、ガンバと2-2で引き分けました。
前半2-0で勝っていたのですが・・・
羽生の今季初ゴールも、本当にうれしかったのに・・・
ある意味、一番避けたかった結果です。
でも、ここで立ち止まるわけにはいきません。
ケガ人続出の中で、選手たちはよく戦っていると思います。
羽生の今季初ゴール、水野の初スタメン、水本のリーグ戦初スタメン、選手入場時メインスタンドでも全員立ってタオルマフラーを掲げて選手を迎えたこと、櫛野のファインセーブ連発、阿部ちゃんの活躍、、要田の交代出場・・・うれしいこともたくさんありました。
特に、試合前ゴール裏からの呼びかけに応えて、メインスタンドで全員立って選手入場を迎えたことは、本当に良かったと思っています。
あの瞬間、臨海が一つになったような気がしました。
「明日へのマーチ」は、本当に大好きで、思い出もいっぱいあって、このうたをうたっていると目蓋が熱くなってきてしまいます。
ジェフというチーム、選手が、私たちサポーターの誇りであることを、あのようなかたちで、表すことができたことが、うれしくてたまりませんでした。
選手たちも、結果は伴いませんでしたが、試合で、私たちの気持ちに応えてくれた、と思っています。
試合後もブーイングが起きなくて、本当によかったです。
メインスタンドで、選手たちに
「下を向くな!」「胸を張れ!」
と声をかけている方がいて、本当にそうだな、と思いました。
今選手たちに言いたいのは、どんな時も、あなたたちは、私たちの誇りである、ということです。
[PR]

by inudoshi16 | 2004-10-31 20:43 | ジェフ | Trackback | Comments(4)
2004年 10月 29日

追走を許される者

明後日のガンバ戦は非常に重要な試合です。
勝ったチームだけが、首位レッズの追走を許されます。
今日発売のエルゴラッソでは、この試合がプレビューのトップに取り上げられていました。
2ndステージに入って、勝利しかしていない「聖地臨海」です。
2位決定戦、とは思っていません。
ケガ人続出ですが、それでもエスパルスにも、グランパスにも、なんとか勝ってきたジェフです。
自分たちの力を信じるしかありません。
ジェフは前節、FWにケガ人続出でしたが、村井、阿部ちゃんといった、FWではない選手が得点して勝つことができました。
いろんな選手が少しずつ点を取っていた1stステージの素敵な記憶が甦ります。
しかし、考えることは敵も同じ。
ガンバは前節トリニータ戦で、絶好調大黒は不発でしたが、二川、フェルナンジーニョといった選手が点を取っています。
総得点も、レッズに次いで2位の58点も取っているそうです。
「Save a Goal!Save a Goal!・・・」
をさんざんうたう試合になるかもしれません。
選手たちにも、大いにプレッシャーがかかる試合となりそうですが、もう一つ上にいくために、ここでプレッシャーに負けるわけにはいきません。
「敵は己の内にあり」横断幕希望です。
[PR]

by inudoshi16 | 2004-10-29 21:44 | ジェフ | Trackback | Comments(2)
2004年 10月 29日

期待の新人FW

今日の「WIN BY ALL!」の登場選手は、先日ユースからトップに昇格したトンスくんでした。

トンスくんにとってジェフは、初めてのJリーグのクラブで、自分が育つにあたって一番大事な場所だと語っていました。
試合前は、スパイクを磨いて、ゴールシーンをイメージするそうです。
サッカーを始めたきっかけは、お兄さんがサッカーをやっていたからだそうで、始めたのは3歳からだそうです。
サッカーをしている夢も見るらしく、Jリーグの試合に出て得点して喜んでいる夢を見たりするそうです。
最近ジェフの携帯サイトができましたが、他チームのそれより充実した内容である、ということは、あまり知らなかったそうです。
酒井さんに、チェックするように、と言われていました。

期待の新人FW、と書いてみたものの、私の中では、トンスくんはあまり新人という感じがしないほど、トップになじんで見えます。
私が初めて姉崎に練習を見に行った時には、すでにトップと一緒に練習をしていましたし、練習試合やサテライトリーグの試合にも、たくさん出場しているので・・・
練習試合やサテの試合で、トンスくんはいつも、18歳とは思えないほど、とても落ち着いてプレーしているように見えます。
FWとして、あのような落ち着きはとても重要だと思います。
トンスくんが見るという、Jリーグの試合に出て得点して喜んでいるという夢が、現実のものとなる日も、そう遠くないように思います。
[PR]

by inudoshi16 | 2004-10-29 21:02 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 27日

Jリーグチップスと私 その6

少し間が空いてしまいましたが、Jリーグチップス、まだ買っています。
このところ、外食が多かったので、なかなか減らなかったのです。
ついにマルキーニョスが出ました!

本日の結果

奥大介(マリノス)
木島良輔(トリニータ)
永田充(レイソル)
那須大亮(マリノス)
西沢明訓(セレッソ)
マルキーニョス(ジェフ)(!)
(五十音順)

マルキーニョスのコメント。
「市原の攻撃陣に加わった新戦力。1stステージはケガで出場試合が少なかったが、スピードあるドリブル突破から豪快にシュートを放ち、貪欲にゴールを狙うストライカーだ。運動量が豊富で前線から積極的に守備もこなす。」

先日、瑞穂でグランパスに勝った時、マルキーニョスがいなくてもグランパスに勝てた!と、とてもうれしかったのですが、同時に、ここにマルキーニョスにいて欲しかった!と心から思いました。
「優勝するためにジェフに来た」と言ってくれたマルキーニョス。
今季はもう絶望というほどのケガを負ってしまって、どんなに無念かと思うと、胸が痛みます。
他の選手には、マルキーニョスの無念を、ぜひピッチで晴らして欲しい!と思っています。
そして、また素晴らしいゴールが見られる日を楽しみにしています。
[PR]

by inudoshi16 | 2004-10-27 22:12 | サッカー | Trackback | Comments(4)
2004年 10月 27日

ファンタジーサッカー

細々と、ファンタジーサッカーをやっています。
始めたのが、今年の1stステージの終盤なので、まだほんの初心者です。
年間順位はお話にならないほど低いのですが、このたび2ndの千葉リーグでの順位が初めて3桁になりました。
これもジェフがアウェーで2連勝してくれたおかげです。
私のチームは黄色い選手が主体なので、ジェフが勝てば順位もぐーんと上がりますが、ジェフが引き分けたり負けたりすると順位もぐーんと後退します。
赤い選手は、私のチームには入れません。
もちろん、他チームの、ちょっといいなあ、という選手も混じってはいますが、まだ資金力がないため、好きに選手を誰でも連れて来られるわけではありません。
その点、ジェフの選手は、リーズナブルで、コストパフォーマンスが良いと言えます。
また、選手を獲得する際、だいたい年俸額がわかるので、獲得しやすかったりします。
10節時点では、登録選手17人中11人が、ジェフの選手でした。
10節のおもなファンタジーポイントは、茶野11fp、村井11fp、阿部10fp、櫛野9fp、水野8fp(!)といった感じです。
水野は年俸も早速100万円アップの350万円でした。
次節も黄色いチームで戦うつもりです。
キャプテンは当初、櫛野でした。
しかしヴェルディ戦で欠場以来、村井になりました。
ちょっと難しいかもしれませんが、実際の村井にもっと声を出して欲しいという願いを込めての選択でした。
9節まで村井でしたが、エスパルス戦の阿部ちゃんのプレーがとても良かったので、10節は阿部ちゃんがキャプテンでした。
そんな村井と阿部ちゃんがグランパス戦で得点したので、本当にうれしかったです。
[PR]

by inudoshi16 | 2004-10-27 21:49 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 26日

雨の休日

今日は、仕事が休みでした。
本当なら、雨でも姉崎に行くつもりでしたが、遠征の疲れもあって、挫折してしまいました。
雨の日に練習を見に行ったことがまだないので、一度行ってみたい、とは思っているのですが・・・

今日は、読むものがたくさんありました。
昨日発売の、エルゴラッソ。
昨日発売の、Footival。
今日発売の、ダイジェスト。
ファンクラブ更新に伴い、発送が遅れて今日届いた、UNITED。
あと、先週から朝日新聞に連載のオシムのコラムを読もうと、朝、駅に行って朝日新聞を買ったのですが、今週はお休みでした。

Footivalには巻と大さんのインタビューが掲載されています。
UNITEDのインタビューも巻で、一部内容がかぶる部分もありました。
中でも印象深かったのは、ヨンスが目標で、「チームが厳しい状況のときに仕事ができる選手でありたい」と語っていたことです。
また、大さんは、愛犬ぽんずと一緒のインタビュー。
ぽんずへの愛がひしひしと伝わってくる内容でした。

ダイジェストには水本のインタビューが掲載されています。
現在の目標は、ワールドユースより、ジェフでレギュラー獲得、と、なかなか頼もしいインタビューとなっています。

今日は、他には、ジェフスタと、先日のレッズ戦のビデオを見ました。
レッズ戦は、見るともちろん悔しいのですが、何がいけなかったのか、なんだか確かめたくなって、見てしまいました。
[PR]

by inudoshi16 | 2004-10-26 19:23 | ジェフ | Trackback | Comments(2)
2004年 10月 25日

ジンクス

自分はジンクスには、あまりこだわらない方だと思っていました。
ところが、先日、日本平に行く際、たまたま気温が同じくらいだった、ということもあって、4-0で勝ったナビスコの予選のエスパルス戦@臨海の時と同じ服を着て行きました。
すると、後半ロスタイムの林のゴールで勝利!
それで、何かあると別に思ったわけではないのですが、グランパスとは相性が悪いので、なんとなく、また同じ服を着て行きました。
すると、また勝利!です。
もう、次は2位と3位の直接対決ですし、臨海の不敗記録もかかっていますから、雨が降ったり、極端に寒くなったりしない限り、また同じ服で行くことになりそうです。
[PR]

by inudoshi16 | 2004-10-25 22:53 | ジェフ | Trackback | Comments(2)
2004年 10月 25日

忘れられない名前の駅を降りて

ちょっと日にちがたってしまいましたが、22日は14節FC東京戦@味スタのチケットの発売日でした。
もちろん、確保しました。
味スタは好きなスタジアムの一つです。
現在まだ準備中のようですが、後援会のバスツアーもあるようです。
私は、電車で行くつもりです。
私は、電車大好き人間なので、近場のアウェーも、遠めのアウェーも、ほとんど電車です。
一応後援会会員ではあるのですが・・・
味スタは、過去2回行ったことがあります。
新宿から電車で数十分、一度聞いたら忘れられない名前の駅を降りて徒歩5分、大型ビジョン2個と立派な屋根のついた、エレガントでモダンなスタジアムがそこに・・・
雨が降れば、自由席の屋根つき部分に避難することもできますし、飲物ホルダーも最前列以外ついています。
でも、果たして、味スタに行くまでに、ジェフは優勝に絡んでいてくれるでしょうか?
それよりも、目の前のガンバ戦のことで、今は頭がいっぱいです。
しかし、あと5試合、もう関東の試合ばかりなので、観戦スケジュールが多少過密でも、ちょっと気が楽です。
[PR]

by inudoshi16 | 2004-10-25 21:50 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 24日

Ambitious JEF

東海道新幹線に乗っていると、そんな言葉が、ふと浮かびます。
東海道新幹線はJR東海ですが・・・
瑞穂の、試合以外の感想を少し。

名古屋へは、のぞみで行きました。
約1時間40分。
切符の値段を除けば、そんなに遠く感じません。
東京駅の新幹線のホームでジェフのスタッフの方をお見かけしました。
私ののぞみより1本あとののぞみのようでした。
最近、良くないのですが、遠征→激太り→ダイエット→遠征→激太り→ダイエット・・・という繰り返しをしています。
その一因は新幹線の中での間食にあると思われ、今日は何も買うまい、と思っていたはずなのですが、キヨスクでクリームブリュレ味の小枝を見つけて、つい購入してしまいました。
のぞみの中では、買っても隅々まで読み切れてなかったエルゴラッソの2、3号と最新号を熟読。
小枝も数本食べました。
あとはウォークマンで鈴木重子を聴きながら寝てました。
そんなことをしているうちに名古屋に到着。
昼ごはんは、エビフライにしよう、と決めていました。
エビフライ、といえば、茶野を思い出します。
駅の地下街の古びた味のある定食屋さんでミックスフライ定食を注文。
出てきたエビフライは、ショーケースの見本より1.5倍くらい長くて驚きました。
タルタルソースも別皿に惜しみなくついてきました。
調子に乗ってお味噌汁をおかわりしてしまいました。
さて、地下鉄に乗って瑞穂へ。
桜通線瑞穂運動場西駅を降りて歩くこと10分。
思ったよりも立派なスタジアムが見えてきます。
早く着き過ぎてしまったかな?と思いましたが、開場が30分早まって助かりました。
お昼ごはんですっかりお腹いっぱいだったので、瑞穂ではウーロン茶しか飲みませんでした。
瑞穂ではプラスティックのリユースカップを使用していて、飲み終わったあと回収していました。
ペットボトルは持込み可でした。
グランパスのマスコットのシャチくんは、どこが可愛いのかまるでわかりません。
あの短い足でもぞもぞ歩いているのを見ると、転ばないか、他人事ながら心配になります。
試合前スペシャルオリンピックスの冬季大会のトーチランなるイベントをやっていて、スペシャルオリンピックスの選手に、楢崎ともう一人グランパスの選手が激励の言葉をかけていました。
あと、南山大のチアリーダーズのチアリーディングもありました。
国立のレッズ戦のハーフタイムにやっていたもののグランパス版、といった感じでした。
そしてジェフ勝利!
再び瑞穂運動場西駅に向かいます。
駅に向かう途中、意外と黄色いマフラーを首から提げた人や、カバンにジェフィ人形を提げた人が結構いることに気づき、心の中で「お疲れ様!」と言いました。
また携帯で他会場の経過をチェック、レッズがアントラーズと2-2の状態で、このまま引き分けてくれ!と思いました。
桜通線に乗って、再び名古屋に着くと、さて晩御飯はどうしようか悩みます。
きしめんが食べたい、とも思ったのですが、なかなかおいしそうなお店がありません。
じゃあ、みそカツにしようかな、と思って入った和食屋さんで、「ひつまぶしもありますよ」とすすめられ、ひつまぶしにすることにしました。
大と小があって、小にしたのですが、小さいお茶碗に4杯分ありました。
鰻がおいしくて、夢中で食べました。
店員さんもとても親切でした。
そして、再びのぞみに乗って東京へ。
うちへのお土産には、味噌煮込みきしめんなるものを買いました。
あと、ういろう好きの友人の熱烈なリクエストに答えてういろうも買いました。
帰りののぞみの中ではひたすら携帯で他会場の結果をチェック。
レッズは土壇場でアントラーズに勝ってしまいました。
でも瑞穂でグランパスに勝てたという余韻に浸りながら、またウォークマンを聴いていました。
東京まではあっというまでした。
[PR]

by inudoshi16 | 2004-10-24 18:54 | | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 24日

10月24日の姉崎

体力に自信がないので、今日は姉崎に行かないつもりでした。
しかし今朝9時半頃に起きて、PCをつけたら、トップの練習が10時→11時に変更になっているではありませんか。
今日はサテライトの、フロンターレとの練習試合もあります。
今からでも間に合う!と思って、慌てて顔を洗って服を着替えて電車に飛び乗りました。

芝の養生期間後初めて姉崎を訪れたのですが、芝はキレイになっているように見えましたが、物置側のグランドの一部は通気性のあるシートに覆われていました。

昨日のスタメンと水野は、ランニング、ストレッチ、軽くボールを使った練習をして、1時間ほどであがるのかと思ったら、12時からのサテライトの練習試合を前半終了までコーナーフラッグ付近に坐って見ていました。

練習試合のスタメンは立石、野本、鷲田、水本 充喜、中島、ウィマン、楽山、工藤、練習生(21番)、芳賀。
充喜は前半はボランチでした。
今日も立石の声がよく聞こえてきました。
前半20分台にウィマンと充喜のミドルシュートがありましたが、その少しあとにフロンターレに先制されてしまいます。
後半のメンバーは、岡本、水本、充喜、野本、練習生(19番)、椎原、ウィマン、楽山、正樹、練習生(21番)、トンス。
フロンターレの18番の小柄な選手がやっかいでした。
後半30分くらいに練習生(21番)に代わって望月投入。
どちらもシュートが数えるほどしかありませんでしたが、代わって入った望月がこぼれ球からミドルシュートを打つシーンもありました。
しかしそのまま得点が入らないまま終了。
0-1で負けてしまいました。
[PR]

by inudoshi16 | 2004-10-24 17:56 | ジェフ | Trackback | Comments(0)