Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧


2005年 03月 13日

臨海開幕戦!

ジェフ、レイソルと2-2の引き分けでした。

昨日の臨海はとにかく風が強くて、寒かったです。
昨日は、昨日から始まった、シーズンシートの優先入場に乗っかりたくて、通常の開場の20分ほど前に臨海に着きました。
Bゲートの優先入場の列は、結構長くて、ちょっとびっくりしました。
そして、15分前に優先入場開始。
まず、グッズ売り場へ。
新しい黄×紺のマフラーを、不敗神話キャンペーンクーポンとファンクラブ会員証を使って割引で購入。
何番を買ったかは秘密ですが、とても素敵なマフラーで、早速してしまいました。
そのあと、スマトラの募金を中牧くんとトンスくんが募っていたので、わずかですが協力。
二人とも間近で見ると、カッコ良かったです。
そして、スタンプラリーのスタンプ係は、水野と山岸。
水野と山岸にチケットの半券にサインをしてもらいながら、「今年も頑張れ!」と心の中で言いました。
山岸のサインが、チケットの席番にかかってしまって、チケットチェックの方になんとか判読してもらって、スタンドへ。
お茶を飲みながら場内放送を聴いてぼんやりしていました。
びっくりしたのは、サミーの看板がバックスタンドにたくさんついていたことです。
ゴール裏と、ベンチの屋根の上にもありました。
大型スポンサーなんだなあ、と思いました。
また、ジーコが観に来る試合とあって、ゴール裏に「ZICOよ我らの櫛野を代表に」という手書きの横断幕が出ていて、BSにも映るといいなあ、と思いました。
また、私の席は去年と同じ席なのですが、お隣の方も同じだったので、とてもうれしく思いました。

そして、アップの前に、選手全員がピッチに出て、キャプテンの挨拶。
「今年も熱いご声援をよろしくお願いします。」という部分だけ、なんとか聞き取れました。

そして、試合。
試合のことは、毎度のことながら、あまりよく覚えていません。
とにかく風が強かったです。
前半は、良かったと思います。
18分に阿部ちゃんからゴール前の巻へパスが通って、巻が足でシュート!
巻の2試合連続ゴールです!
その後のジェフのプレーも良かったと思っています。
得点したあと落ち着かないプレーをしがちだった去年のジェフとは違う、と思いながら見ていました。
ただ、南のゴールキックが風のせいであまりにも中途半端だったので、後半櫛野は大丈夫かな?と思いました。
このままリードして終わるかと思われた40分、玉田→クレーベルのシュートが決まって同点に・・・
そして前半終了。
そして後半。
後半開始直後、坂本のクリアボールが、弧を描いてゴールに吸い込まれてゆきました。
ピッチに崩れる坂本。
なんという風の仕業。
まだ時間はある!頑張れ坂本!と思いました。
しかし、2点目が入ってしまってから、風のせいなのか、ジェフに良い場面がなかなか見られません。
しかし、櫛野はしっかりゴールキックを蹴られていました。
そして12分、ペナルティエリア内でジェフが倒されて、PKに!
メインスタンドは大盛り上がりです。
阿部ちゃんが決めて同点に!
ジェフ陣内で試合が多くすすめられますが、時々チャンスもありました。
でも、オフサイドになるシーンも多かったです。
また、櫛野に救われるシーンも少なからずありました。
35分には、羽生にかえて林投入!
ハースの坂本へのパスがオフサイドになったり、ペナルティエリアの中でレイソルの坂本に対するファール寸前のプレーなど、チャンスも少なからずあったものの、得点には至らず、そのまま試合終了でした。
試合終了後、メインスタンドに挨拶に来た選手たちには拍手をしました。
昨日の判定は、選手たちには戦いにくい判定が多かったように思ったからです。
また、オウンゴールも不運だったと思ったからです。

前半だけ見ていると、勝てた試合のような気もしますし、一時負けていたことを思うと、負けなくて良かったとも思います。
とりあえず、不敗記録は更新されました。
坂本のオウンゴールは本当に不運だったと思っています。
ハースは得点できていませんが、まだハースがしたいことと、周囲の選手がしたいことが噛み合っていないのかな?と思います。
あと、オフサイドが多いのも連携がまだなのかな?と思います。
でも、まだ2試合。
それらはこれから改善されるはず、と信じています。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-03-13 11:43 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 12日

これから

遅くなりましたが、3月11日の「WIN BY ALL!」は、斉藤、立石、坂本のインタビューでした。

・斉藤
(グランパス戦について)
「内容的にやろうとしているサッカーはできたかな、と・・・」
「2点ともいらない失点だったんで、これからに生かしたい。」
「プレシーズンマッチで不甲斐ない試合を見せてしまったので、次のダービーで、良いサッカーをして勝ちたいです。応援よろしくお願いします。」

・立石
(練習は大変ですか?)
「いつものことなので・・・」
(新しい選手はなじんでますか?)
「だいぶなじんでますが、もっと自分を出して欲しい。」
(期待しています)
「ありがとうございます。」

・坂本
(グランパス戦の得点は気持ちよかったですね?)
「気持ちよかったですね。」
(流れが変わりましたね?)
「2点差ついてから、ウチのリズムになかなかなれず、その中でやらないといけなかった。やっている内容は悪くなかった。イリアンはやはり代表選手だな、と思う動きもあったし、マリオの動きにこっちも応えないといけない。もっとコミュニケーションを取って・・・(以下聞き取れず・・・ごめんなさい)」

開幕戦は引き分けてしまいましたが、ジェフはこれから、もっともっと良くなるはず、と信じています。
今日は、待ちに待った臨海開幕戦です。
せっかく始まった不敗神話キャンペーンが今日で終り、なんてことに絶対に絶対にならないように頑張って欲しいです!
[PR]

by inudoshi16 | 2005-03-12 11:11 | ジェフ | Trackback | Comments(2)
2005年 03月 10日

日本平へ行こう!

明後日は、臨海開幕戦の日でもあると同時に、エスパルス戦@日本平のチケットの発売日でもあります。
私は、残念ながら、今年の日本平は、仕事で行けない可能性が大なので、チケットを買うことができません。
日本平は大好きなスタジアムなので、本当に残念で悔しくてたまりません!
行ける方は、私の分まで、応援よろしくお願いします!
ちなみに、現在のところ、私の好きなスタジアムベスト3は
1位臨海
2位日本平
3位日立台
という感じです。
ついでに、4位は味スタです。
蘇我スタができたら、また変わるかとは思いますが・・・
以前にも書きましたが、日本平は、サッカー専用で、非常に見やすいスタジアムです。
スタンドとピッチの間が狭すぎて、控えの選手たちはゴール裏でアップをするほどです。
去年はナビスコがあったので、2回日本平に行きましたが、とても良い思い出です。
エスパルスのサンバの応援が間近で聴けますし、エスパルスが勝つと花火が打ち上がります。
オレンジなんとかさん、という、ジェットスフィーンよりも露出した衣装のチアパフォーマンスも見られますし、パルちゃんも、ジェフィ&ユニティほどではありませんが、可愛くて愛嬌抜群です。
話がそれますが、ジェットスフィーンの衣装に関しては賛否両論あるようですが、私は現在のままが、健康的で素敵だと思っています。
スタジアムには、お子さん連れの方もいらっしゃいますから・・・
あと、エスパルスドリームプラザには、寿司ミュージアムと寿司横丁があって、おいしいお寿司が食べられます。
また、エスパルスドリームプラザからは、数百メートル先にあるエスパルスのオフィシャルショップの前から、スタジアム行きのバスに乗ることができます。

どうか、皆様、日本平をお楽しみ下さい。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-03-10 20:54 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 09日

土曜日の予習

 
共に歩もう この時を
決して忘れぬ 誇り
熱きプライド持ち戦え
オー ジェフユナイテッド


最初と若干歌詞が変わったアメージンググレイスの歌詞。
ちばぎんの帰りに、バスを待っていたら、有志の方が歌詞カードを配付していて、ありがたいなあ、と思いました。
私は、メインスタンドの住人ですが、ゴール裏から呼びかけられれば、いつでも立ってタオルマフラーを掲げて選手入場を迎える準備があります。
土曜日からは、ついに黄×紺のマフラーが入手可能になります。
瑞穂では、マリオコールやストヤノフコールも誕生したそうで、土曜日がとても楽しみです。
要田のコールを千葉コールに転用したのは、とても良いと思うのですが、要田のコールが普通のコールになっていて、本人は拍子抜けしたりしていないかしらん?と、ちょっと心配したりもしています。
要田のコールは要田のコールのままでよいと思うのですが・・・
土曜日、お天気が心配ですが、去年の臨海開幕戦が気温3℃だったことを思えば、何でも耐えられるような気さえしてきます。
試合内容さえ寒くなければOKです。
あと、結果もですが・・・

そして、勇人のメッセージ更新
マメな更新に、感謝感激です。
勇人のたびたびの更新や、メッセージからは、サポーターを大事にする姿勢や、戦う気持ちが伝わってきてます。
本当にありがたいと思っていますし、サッカーの妨げにならない程度に、サッカーも更新も頑張って!と思います。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-03-09 21:30 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 09日

ファンタジーサッカー 1節

ファンタジーサッカー、第1節のランキングが出ました。
私は、今回、ものすごく悩みに悩んで、出場選手を最終的に編成するまで、3回編成し直しました。
私のチームは黄色いチームと一心同体なので、ジェフが引き分けると、それなりの結果になります。
第1節のキャプテンは、阿部ちゃん。
第1節の獲得ポイントは、76fp。
順位は、ローカルリーグ関東で1389位。
リーグ共通で、8604位でした。
私のチームのジェフの選手のファンタジーポイントは、坂本10fp、巻6fp、阿部6fp、羽生5fp、勇人5fp、斉藤4fp、櫛野4fp、水本3fp、という感じでした。
羽生は、5fp獲得しているのに、年俸が早速下がってしまっていますが、実際に試合を見ていないのでなんとも言えません。
羽生は、千葉市出身なので、他の選手たちより、ちょっとよけいに応援しているので、頑張れ!と思いました。
ジェフ以外の選手が、今節はポイントを稼いでくれていて、ルーカス17fp、ホルヴィ10fp、栗原7fpなどに助けられました。
今回、最後に出場選手編成を行ったのは4日の夜9時頃だったと記憶しているのですが、その時点ではジェフの新外国人たちはまだ登録されていませんでした。
でも、次節からは、獲得して出場させることができます。
実は、今回、3回編成し直して、最後の最後に、石川と今野をメンバーから落としてしまっていて、やられた!と思いました。
逆に、ルーカスは、去年の2ndステージの中盤からずっと私のチームのレギュラーメンバーだったのですが、こんな結果を出す選手だとは思っていなかったので、ちょっとびっくりでした。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-03-09 20:42 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 08日

あの日が近づく

一昨日は、水色のチーム戦@ヤマハのチケットの発売日でした。
私は、残念ながら行けそうにありません。
なので、買っていません。
4月は、仕事が一年中で一番忙しい時期なのです。
行ける方が、もう、うらやましくてたまらないですし、ぜひ私の分まで応援をお願いしたいです。
あのことをふっきるには、ナマで、あのチームを、ジェフがズタズタにするところを、見るしかないと思うのですが、そんなふうに考える自分も、ひきずっているみたいで、イヤです。
開幕戦の、例の問題のゴールで水色のチームが勝った試合も、仕事で見られず、あとでサッカー番組でハイライトを見ただけです。
移籍したからといって、チラっと映る、アウェーユニフォームとはいえ、あのチームのユニフォームを着た元4番を見て、笑ってしまうほど似合ってなくて、ちょっとホッとしたりもしました。
やっぱり、黄色が一番似合ってた!と思います。
彼はきっと、いつまでたっても似合わないままでしょう。
あまりにも似合ってなくて、あえて厳しい環境に身を置くという選択をした元4番に、ちょっとだけ頑張れよ!という気にさえなりました。
彼は、どこか憎むことができないのです。
でも、ジェフは、あのチームの上を行くだけでなく、タイトルを獲ります!

そして、今、心から願っているのは、滝澤の急成長です。
もう、誰の文句なくスタメンで出られるくらい、4月13日までに、めきめき成長して、4月13日の右サイドは、坂本でお願いします。
その時、坂本は、きっとヤマハで魂を見せてくれるはずです。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-03-08 22:36 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 08日

ユナイテッド後援会

ユナイテッド後援会、もう入会は、お済みですか?
私は、後援会が発足してまもなく入会しました。

会員の特典は、大きく二つ。
選手激励会への招待と、バスツアーなど優待。
私が、後援会に入会した理由は、選手激励会に行きたかったからです。
選手激励会は、後援会会員でなくても、参加費を払えば誰でも参加できるのですが、後援会が発足した当初、そのような告知はなされていませんでした。
選手激励会に参加するには、会員にならなければならないんだ、と思って、ちょっと不純ですが、入会しました。

入会した当初は、別にどうとも思っていなかったのですが、今は入会して本当によかったと思っています。
選手激励会は、後援会会員は無料で参加できます。
入会した当初は、今のようにアウェーにたくさんいくつもりもなくて、後援会のバスツアーも、臨海でチラシをもらっても、眺めて楽しむばかりだったのですが、アウェーに安く行けるバスツアーが、会員価格だとさらに安く行けます。
また、会員から徴収した会費から、クラブに寄贈を行っています。
今までに、練習用のボール、TGの時などに使用する得点ボードを寄贈していて、この夏には、蘇我スタの選手入場ゲートを寄贈の予定です。
この、寄贈の品ですが、後援会の方によると、クラブの要請に応じて寄贈していて、後援会で寄贈の品を決めているわけではないとのことです。
また、これは後援会独自に行っていることと思いますが、アテネ五輪に出場したキャプテンに市原産のコシヒカリを贈ったり、昨年のMVPの櫛野に黒のカッコイイ横断幕を作ったりもしています。
また、以前、バスツアーに参加した時、バスの中で後援会の方が後援会のチラシを配付していた際におっしゃっていたのですが、後援会に入ったからといって何らかの義務が発生するように思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、そういうことはない、とのことです。

スタジアムに足を運んだり、友達をスタジアムに誘ったり、黄色い服装をしたり、スタジアムで声を出したり、グッズを買ったり、ジェフを応援する方法はいろいろあります。
でも、もっと、ジェフのために何かしたい、と思っていらっしゃる方も少なくないと思います。
ユナイテッド後援会は、クラブの求めるものをクラブに贈るというかたちで、クラブに貢献できる、新しい一つの方法だと思うのです。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-03-08 21:22 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 07日

気持ちで走る

仕事の行き帰りに、うちの最寄り駅のJEF PRESSのラックの様子を気にする癖がついてしまった今日この頃です。
うちの最寄り駅の、例のダンボール製のラックは、破壊されたりゴミが置かれたりするようなことは、今のところないのですが、ここ数日JEF PRESSがあまり減っていないように思います。
もっと良い写真はなかったのか?という声が少なからず聞こえてきそうな気もしますが、あんなにカッコイイ写真が一面を飾るJEF PRESS創刊号、もっと多くの人の目に触れるべき!と思いますし、できることなら、また手で配りたいと思っています。

そして、今日は、仕事に行く途中、少し前から、買わなければ、と思っていた、勇人のインタビューの載っている千葉ウォーカーを買いました。
オフィシャルの、メディアイベント情報に載っていないところが、ちょっと不満です。
記事は1ページ。
でも、前の方のページ(17ページ)に掲載。
ごく短いインタビューですが、勇人のサワヤカな笑顔が素敵です。
素走りは嫌いだけど「ただ、その先に何かが見える走りなら気持ちで走れる。このスペースに走ればチャンスになるとか、ここで自分が走ればおとりになれるとかだったら走れるんですよ、気持ちで。」などと語っています。
勇人のオフィシャルサイトのメッセージで、このシーズンオフ、ジェフに残るか正直悩んだ、と激白もしてしまった勇人ですが、正直に言ってくれたことも、ショックもありましたが、すごくうれしいですし、その上で残ってくれたことも、もっとうれしく思います。
今年はやるんだ!という気持ちが伝わってくるインタビューでした。
他の選手も同じように思っていてくれたら、と思います。

メディアイベント情報に出ている情報として、来週の火曜日に出るダイジェストには、林×楽山対談が掲載予定で、今からとても楽しみにしています。

また、仕事の帰りには、エルゴラッソを買いました。
エルゴラッソは、習慣で、冬の間もずっと買っていましたが、やはりリーグが始まると、読むところがたくさんあります。
マッチレポートは、レッズ対アントラーズに続いて2番目に掲載。
「千葉、『修正力』を見せつける」との見出しで、MOMは坂本。
「文句なしのMOM」とのコメントありで、採点は7.5、ベストイレブンにも選出されています。
こんな高評価の坂本、生で見たかった!とつくづく思います。
来年は絶対瑞穂行くぞ!と思いました。
ジェフ以外では、問題となっている例のゴールも、Jリーグスタジアムニュースという欄に「福西パンチングゴール」という見出しで記事になっていますが、マッチレポートでは、MOMに福西が選ばれていたりします。
実際に試合を見ていないので、なんとも言えませんが、それ以外のプレーが良かったということなのでしょうか。
ついでに、同試合の水色チームの選手の皆さんの採点も気にならないでもありません。
ヨンス5.0、元11番5.5、元4番6.0という感じでした。
元11番さんは、「サイドで孤立。まだフィットしていない」と書かれていたりします。
試合を見ていないので、いろいろ想像してしまいます。
いまだに、ひきずっていて、ごめんなさい。
あと、サンガに移籍した鷲田の評価も気にしたりしています。
サンガは、笠松でホーリーホックと対戦、2-3で勝っています。
鷲田はフル出場し、コメントはありませんでしたが、採点は6.0でした。
たったこれだけの情報ですが、きっと頑張っているんだろうなあ、と思います。
わっしー、頑張れ!と思ったのでした。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-03-07 21:16 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 03月 06日

試合のある日々

今日は、TVで、ヴィッセル対セレッソ、レイソル対フロンターレの試合を、チャンネルを変えながら見ていました。
とくに、どのチームを応援するつもりはなかったのですが、ホルヴィをファンタジーサッカーで使っているということで、ちょっとだけヴィッセルを応援してしまいました。
あと、土曜日には、またまたダービーなので、お隣も気になりますし、J1初戦のフロンターレも、強いのかどうなのか気になりました。
そして、ヴィッセルは、後半ロスタイムにホルヴィが3点目を入れて、3-1で勝利!
今回ファンタジーサッカーは、ジェフの選手たちの獲得ポイントが低めだったので、ホルヴィのゴールには、思わずガッツポーズをしてしまいました。
そして、レイソルは先制したものの、試合終了間際にジュニーニョのゴールで追いつかれて1-1のドローに。
日立台の水色側の盛り上がりが画面を通しても伝わってきます。

ああ、また試合のある日々が戻ってきたんだなあ、と思います。
月曜日には、勝利の余韻に浸りながら仕事に行って、ヒマさえあれば携帯で週間予報をチェックして、水曜日には、ファンタジーサッカーのランキングにわくわくして、土曜日には、スタジアムで試合に熱狂して、日曜日には、サテライトの練習試合を姉崎に観に行って・・・
そんな、なんてことない一週間が、私には、かけがえのない、素晴らしい一週間です。

そして、今週の土曜日は、いよいよ臨海開幕戦です。
またもや、ダービー。
臨海では、同じカードが3試合続くことになりますが、気になる、臨海開幕戦のチケットの売れ行き状況
意外にも、バックが他の席より売れている模様です。
私は、メインスタンド大好き人間で、シーズンシートもメイン、ちばぎんもメインで観たので、なかなかバックに坐る機会がないのですが、いつか坐ってみたいと思います。
指定席部分は今年から値下げになったことですし、JEF PRESSでも見やすい席とアピールされていたので、去年の、罰ゲームのように人が少なかったバックを思うと、よかったなあ、と思います。
しかし、お席には、まだまだ余裕がございます。
まだの方は、お早めにどうぞ。
今頃「魂込めて走り勝つ」なんて言っているチームにだけは、絶対に負けたくありません。
そして、気になる、臨海のお天気
まだ、変わる可能性は大ですが・・・
[PR]

by inudoshi16 | 2005-03-06 18:55 | ジェフ | Trackback(1) | Comments(0)
2005年 03月 06日

本日のちばテレビ

今日は、姉崎で、サテライトの、アルビレックスとの練習試合があるというのに、私ときたら、家にいます。
先日の、おひなまつりの日の姉崎が猛烈に寒くてつらかったということと、練習試合の時間の市原市の予報がみぞれになっていたことで、くじけてしまいました。
選手たちは、寒かろうが、みぞれが降ろうが、練習したり練習試合をしたりしているのに、根性がなくて、ごめんなさい。
昨日までは、ちゃんと行くつもりで、天気予報をチェックしたり、なかなか発表にならなかった今日のスケジュールを気にしたりしたのですが・・・
あと、今日、ちばテレビの「ザ・サンデー千葉市」という15分の番組で、ジェフのことをやるようだったので、それが見たかった、というのもあります。

その「ザ・サンデー千葉市」ですが、先日のファン感謝デーを取材し、千葉市出身の選手たちを中心にインタビューを行っていました。

・羽生(千葉市こてはし台中学校出身)
(ホームタウンが広がってどうですか?)
「そうですね、もともと(ジェフを)選んだのが、千葉で育ったので、千葉の人たちに自分のプレーを見てもらいたいと思って選んだチームでもあるので、それが市原だけじゃなく広域化して、見てもらうチャンスが増えることは、自分にとっても良いことだと思います。」

・竹田(千葉市打瀬中学校出身)
(千葉市がホームタウンになってどうですか?)
「千葉市出身なので、頑張って、千葉市の皆さんにも応援していただけるように、試合に出て頑張りたいと思います。」

・坂本
(仕上がり具合はどうですか?)
「今のところ、ケガも悪化せずきてるんで、いい感じです。」

・山岸(千葉市稲毛中学校出身)
(サイン会の行列がすごいですね?)
「みんな、こうやって応援してもらってるんで、僕たち選手にとってはすごいうれしいことだと思っています。」
(出身の千葉市がホームタウンになってどうですか?)
「今年から、そういう感じになるんで、僕としても友達とか、そういう人たちが見てくれてるんで、そういう中で、ぜひ試合に出て活躍しているところを見せられたらいいな、と思っています。」

・充喜(千葉市幕張本郷中学校出身)
「友達が千葉にいるんで、友達が見に来てくれることが、応援というか励みになるんで、そういうのが、千葉になって、あると思うんで・・・」

他に、ファン感謝デーにゲストで来ていた宮澤ミシェルや、後援会の方や、サポーターのインタビューもありました。

羽生のインタビューには、地元への愛を感じます。
私も千葉市民なので、とてもうれしく思います。
ホームタウンが広がることによって、羽生をはじめ千葉市出身の選手たちが、もっともっと地元の選手として千葉市民に愛されて欲しい!と思います。
無理矢理かもしれませんが、竹田と羽生と山岸は地元が、うちから近いと思っているので、他の選手たちよりも、ちょっとよけいに応援しています。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-03-06 15:11 | ジェフ | Trackback | Comments(0)