Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 04月 ( 49 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 30日

最強のGK

話が古くなってしまって恐縮なのですが、ガンバ戦があった日に家に帰ってから、BSジャパン「サッカーTVワイド」を途中から見ました。
BSジャパンで木曜21時から2時間放送しているサッカー番組なのですが、毎週日本代表について討論する「蹴球放談」なるコーナーがあります。
週代わりで何人かのレギュラーコメンテーターが出演するのですが、この日は、宮澤ミシェル、野口幸司、田坂和昭でした。
それで、この日のテーマは「最強の日本代表」というテーマで、コメンテーター3人がそれぞれ、フリップに最強と思われるスタメン11人の名前を書いて話が進められたのですが、なんと宮澤ミシェルと田坂和昭が書いていたGKが櫛野でした!
櫛野を代表に!という声はこれまでも、少なからず聞かれましたが、それはどちらかというと、ジェフ側の声が多かったように思っていたのですが、そうではない人・・・ミシェルは違いますが・・・からも、櫛野を代表に!と思われていることが、うれしくてたまりませんでした。
ただ、討論は中盤の選手に話題が集中して、櫛野に触れられることはありませんでしたが・・・
また、野口幸司がトップ下のサブとして勇人を挙げていました。
ミシェルもアントラーズ戦での勇人のゴールを誉めていました。

櫛野といえば、去年のサッカーマガジンの年間のベストイレブンにも選ばれましたし、Jリーグアウォーズの優秀選手賞にも選ばれました。
今年は失点が多いので、サッカーマガジンのGKランキングは現在のところ、いまひとつですが、今年も目指せ年間ベストイレブン!と思います。
もちろん、日本代表も、です!
櫛野のスゴイと思うところは、反応の速さ、判断の精度です。
先日姉崎で、ミニゲームでゴールを守る櫛野を間近で見る機会があったのですが、立て続けに打たれるシュートをすべて壁のように跳ね返す姿に圧倒されました。
UNITEDのインタビューによると、本人は、パンチングではなくキャッチを、ともっともっと向上の必要を感じているようで、頑張れ!と思います。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-04-30 23:20 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 29日

4月29日の姉崎

今日は、姉崎に行ってきました。

休日なので、人が多いかもしれない、と思って早めに行ったら、瀬戸がトレーナーの島村さんと走ったり、軽い運動をしていたりしました。
時には、かなりのスピードを出して走っていることもありました。
早く良くなれ!と思いました。

17時よりも少し前に、選手たちがグランドに出てきました。
マリオ、ストヤノフ、阿部、坂本、水本は、輪になって中に鬼が入ってパスカットする練習を始めました。
とても楽しそうで、できることなら、まざりたいくらいです。
あとから、昨日のヒーロー水野も加わっていました。
昨日、勝ったせいもあって、選手たちの表情は心なしか、リラックスして和やかに見えます。

その後、昨日のスタメン組は、ひたすらゆっくりしたペースでランニング。
その他の選手たちは、2グループに分かれて、輪になって中に鬼が入ってパスカットする練習を始めました。
岡本くんと中牧くんはGKの練習開始。
立石は島村さんと別メニューでした。
また、芳賀、高橋も別メニューでした。
スタメン組はランニングのあと、ストレッチ。
ストレッチのあと、2色のビブスを着てボールを使った練習を始めましたが、そこに櫛野と勇人は加わらず、ランニングをしていました。
まさかケガじゃないよね?と思いました。
ケガなら、どうか、たいしたことありませんように・・・とお祈りしました。
こんな時過密日程が恨めしくなります。
昨日のスタメン組は、約1時間弱で終了でした。
スタメン組の皆さんが、あがっていく時、休日ということもあって、グランドの入口からクラブハウスの入口まで、サインを求める人が軽く殺到。
昨日のヒーロー水野が男の子にサインをしてあげていると、マリオがその頭をコツンと叩いてあがっていったので、ちょっとほほえましく思いました。

その後、その他の選手たちは、フルコートより少し小さめのコートで、ゴールを使わず7×7でボールを回す練習をしていました。
しばらくして、岡本くんと中牧くんがゴールについて、ゴールを使って7×7。
中牧くんのゴールに何度もゴールを決められてしまって、中牧頑張れ!と思いました。
また、しばらくして、今度はゴールの位置をうしろにずらして、フルコートで7×7。
最後に軽く走って、今日の練習は終了でした。

7×7を見ている途中、羽生が物置でお買い物をしていました。
クラブハウスから物置へ行く途中、サポーターからのサインや写真撮影に丁寧に応じていたり、「頑張って!」などの声に笑顔で答えていたり、とても感じがよかったです。
足にアイシングをしていて、まだちゃんと治っていないのかな?と、ちょっと心配にもなりました。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-04-29 22:10 | ジェフ | Trackback | Comments(2)
2005年 04月 29日

連敗ストップ!

今日は祝日なので、皆さんお聴きになられたと思いますが、一応念のため、今日の「WIN BY ALL!」は、昨日の試合後の水野と坂本のインタビューと、オシムの会見の模様でした。

・水野
(前半風下でしたが?)
「まあ前半はね、チームみんなでなんとか耐えようっていうことを言ってたんで・・・」
(得点しましたが?)
「まあ、うれしいです。これから先もまだ試合が続いていくんで、まあ同じような結果がね、これからも出ればいいなと思います。まず今日勝って連敗ストップしたんで、その勢いでね、これからも連勝できればいいなと思います。」

・坂本
(風はキツかったですか?)
「かなりキツかったです。走っても走っても・・・ちょうど、なんだろ、晃樹の方からちょうど斜め気味に吹いてたから、こっちに対するボールがもう戻っちゃって、いくら走ってもこれはダメだなと思いながら、でもその分ああやって僕のウラを蹴ってきたらウラ抜けられるのわかってたんで・・・あと相手の2トップともう一人動き出しが早いからカバーを意識しながら疲れる試合でしたね。最後はマンツーマンで、ポジション関係なくなって、~(聞き取れず)バックで、大ちゃんボランチやって、阿部と結城がぐちゃぐちゃになりながら・・・相手が速い選手だったんで・・・まあ失点が多いのも自分たちの中でかなり悩んでたし、まあ失点どうすればゼロになるだろうと選手の中で話してたんで、今日はディフェンスのスタートをハーフウェイラインまで下げて、そこからちょっとディフェンスしようという話し合いがいいふうに向いたので・・・」
(そろそろ0点に抑えたいですね?)
「そうですね、頑張ります。まあ、次フロンターレにまず勝って、連勝でね、またここ(臨海)で記録を伸ばしながら迎えられることを・・・そこまで頑張ります。」
(ちょっといい男になりましたね?)
「何がですか?」
(さっぱりして・・・)
「髪型が?(笑)」

・オシム会見
「ただ、試合についてはウチの選手は規律良くやったと思います。とくにガンバの重要な選手をしっかり抑えていました。フェルナンジーニョ、大黒、アラウージョ、まあシジクレイもそうですし。そういう意味では、そのような選手を抑えられるとガンバには難しいでしょう。で、実際Jリーグというのは、すごく混戦したリーグですから、これからも厳しいと思います。ただ今日の試合にこのように勝って、選手が少しプロ意識を持てたということは良かったと思います。まあサッカーというのは遊びではないということです。まあ義務なわけですから、彼らにとって。観客に対しても、スポンサーに対しても、そして自分たちにとっても。」
この会見の模様は、United Onlineでも見ることができます。

昨日の感動と興奮が甦ります。
ひとつ前に記事で書くのを忘れてしまいましたが、昨日坂本の髪がサッパリと短くなっていました。
酒井さんによると、2連敗の悪い流れを変えたくて切ったとのことでした。
水野も坂本も、これからが大事、と思っているのがいい感じ、と思いました。

今朝の日経新聞に水野が写真入りで、記事になっています!
写真は去年のプロフィールの写真で、「19歳奮迅、連敗止める」との見出し。
「『触れば一点』というようなクロスを連発」「後半は独り舞台」という記述あり。
「先発MF5人の中で一人だけ無得点だったことを冷やかされていたそうで『やっと取れてよかった』と喜んだ。20歳以下(U-20)日本代表でもトップ下で攻撃を仕切る。この実力に甘いマスク。『皆さんが写真を撮ってはやしたてるとまた点た取れなくなる』とのオシム評に『そう言うと思ってました』。上司の気持も読めている。」
昨日は、本当に晃樹祭りという感じでした。
グランパスとヴェルディの試合がなかったら、もっと大きな記事になっていたように思います。
水野は、プレーだけでなく、ちょっとだけ私の大好きなポール・ウェラーに似ていたり、女の子にモテそうなルックスなので、これから人気爆発しないかしらん?と思っています。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-04-29 10:55 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 29日

風を味方に

ジェフ、ガンバに3-1で勝ちました!
巻と水野の2得点です!
水野は2ゴール1アシストの大活躍です。
もちろん、WIN BY ALL!で、みんなの力で勝ち取った勝利ですが、私の中で、4月28日は晃樹記念日に決定しました。
去年の今頃、メインコンコースでスタンプ押したりTシャツ売ったりしていたのと同じ人とは思えない選手が、2得点しヒーローインタビューを受けていました。
私が育てたわけではないのですが、母のような気持ちです。
こんなにも、立派に育ってくれて・・・胸がいっぱいです。

昨日は、昼用事があって、その足で臨海へ行きました。
時間に余裕があったら、蘇我のアリオに行くつもりでしたが、ちょっとしか時間がなく、蘇我の駅前から出ている、蘇我ハーバーシティを循環する無料送迎バスでハーバーシティを一回りするにとどまりました。
バスは、シネコンなどを含むフェスティバルウォーク→アリオ→ホームズというホームセンター→蘇我駅という経路を走っています。
アリオのスポーツゼビオに行ってみたいと思っていたのですが、次回にすることにしました。
ホームズから蘇我駅に向かう途中、蘇我スタのすぐそばを通ります。
外から見たらもう完成状態に見える、その美しい立派な姿を間近で見られて、胸が熱くなりました。
ああ、ここはジェフの街になるんだ、と思いました。
ユニフォームを着て歩道橋を渡ってスタに向かう自分を想像しました。
どうか、ここで戦う時まで優勝に絡んでいて下さい、と思いました。

そして、内房線に乗って臨海へ。
Bゲートで、お友達に会いました。
お友達によると、一昨日の練習では羽生も大さんもスタメン組で練習していたとの話で、ほっと胸をなでおろしました。
開場すると、まずイヤーブックを売っていた充喜にサインをもらい、写真を撮ってもらいました。
スタンプ係の竹田くんにも、サインと写真をお願いしました。
写真を撮る時には、「立った方がいいですか?」と聞いてくれたり、とても感じが良かったです。
ユニフォームデザインカードを買って、グッズを見て、ゴール裏探索へ。
ゴール裏で、イヤーブックを売っていたヒマそうな中牧くんにも、写真を撮らせてもらいました。
中牧くんは、いつでもステキな笑顔で写ってくれて感謝感激です。
ゴール裏で、別のお友達とも会って、おしゃべりしました。
その後、タコスのソーセージを買って食べました

そして、選手のアップ。
昨日は、ピッチに工藤と藤田の姿がありました。

昨日も、ハレルヤの方がメインスタンドに手拍子を呼びかけに来てくれました。
「今日は、人が少ないので・・・」と言っていました。
少ないながらも拍手で応えるメインスタンドの皆さん。

そして、試合。
昨日の臨海は風が強かったです。
メインスタンドから向かって右から左に風が吹いていて、前半ジェフは風下でした。
強風、というと、坂本のオウンゴールがあった臨海開幕戦を思い出さずにはいられません。
ジェフもガンバも風に苦戦しました。
櫛野のゴールキックが何本かうまくいかなかったり、ロングパスがつながらなかったり・・・
点の取り合いになってもおかしくないカードですが、なかなか得点には至りません。
前節ハットトリックの大黒には結城がついています。
巻に合わせようとして、うまくいかないシーンがいくつか。
前半なんとか耐えて、0に抑えて、後半得点できれば・・・と思いながら見ていました。
ロスタイムは1分。
するとロスタイム、水野のクロスを巻が決めて先制!
いつものごとく飛び上がって大喜びです!
巻、スゴイ!スゴイぞ!
1-0で前半終了でした。

ハーフタイムには、ユニフォームの抽選が短めで、PK合戦が行われました。
携帯で他会場の経過をチェック。
ジュビロとレッズが1-1でした。

そして、後半。
選手たちがピッチに出てくる時、結城が一人だけ遅れて出てきたので、オシムに長々と何か言われていたりしたのかしらん?なんて勝手に想像してしまいました。
キックオフ時、いきなりマリオがゴールを狙うようなキックオフをしたのには、ちょっとびっくりしました。
後半に入ると、風がおさまってきましたが、今度は風上です。
そして、11分、マリオのパスを受けた水野がゴール!
またもや、大喜びです!
去年の2ndのヴィッセル戦の初ゴールは自分のゴールという実感がない、みたいなことを以前UNITEDのインタビューで語っていた水野ですが、昨日のゴールは、まぎれもなく水野の、本当に美しいゴールでした。
なので、おめでとう!という気持ちでいっぱいでした。
しかし、14分頃、大黒にシュートを打たれるシーンもあって、オシムが怒りながらベンチからピッチのそばまで出てきたりしました。
24分、羽生に代えて山岸投入。
山岸は右サイドへ、水野がトップ下のように見えました。
そして、27分、山岸のシュートをゴールライン上でガンバのDFが必死にクリア、しかし、そこにつめた水野が決めて3点目!
無邪気に山岸に抱きつく水野を見て、胸に暖かいものが流れました。
とてもWIN BY ALL!な感じでステキでした。
しかし、29分、吉原のゴールが決まってしまいました・・・
完封試合はダメだったか・・・と、ちょっとがっかりです。
でも、勝っているのはジェフ、何気なく猛攻、風もこっち向きです。
34分頃、巻がバックスタンド側のラインの近くで倒れているのに、プレーが続けられていて、なかなかジェフボールにならなくて、やっとジェフボールになってボールがピッチの外へ。
メインスタンドからもブーイングの嵐でしたし、怒りで目が飛び出そうになりました。
巻は無事な様子でしたが、巻に代えて林投入。
メインスタンドに向かって歩いてくる巻には、大きな拍手です。
40分頃、GKと1対1になった林のシュートがポスト直撃、跳ね返りをマリオがシュートするも大きくはずれてしまいました。
43分、マリオに代えて滝澤投入。
今日はでんぐりがえし見られるかな?と思いながら、試合終了のホイッスルを待ちます。
そして、ホイッスル!
連敗脱出です!
ヒーローインタビューは、もちろん水野です。

バックスタンドから丁寧に挨拶していく選手たち。
アメイジンググレースをうたうゴール裏。
待ちに待ったでんぐりがえし!
ゴール裏からメインスタンドに歩いてくる途中、水野はキャプテンに体当たりの祝福を受けていました。
メインスタンドにも、挨拶してくれました。
ありがとう!本当にありがとう!と思いながら、手が痛くなるほど拍手をしました。
今度はオブラディオブラダをうたうゴール裏。
♪オレジェフ オレジェフ ジェフユナーイテッ しょおりをめざーせー
と心の中でうたいながら、バスの列に並びました。

昨日は、勝てて本当に良かったです。
できれば、無失点を期待していたのですが、強風の中よくやってくれたと思います。
これから連戦が続く、という時に勝てたことは大きいと思います。
このまま良い雰囲気で波に乗ってくれたら、と思います。
巻は得点ランキング3位です!
もっともっと上を目指せ!と思います。
また、水野の2ゴール1アシストもたまりません。
正直、去年の今頃は、水野がこんな選手に成長するとは思ってもみませんでした。
ごめんなさい。
でも、去年の高卒ルーキーの中で一番デビューが遅くて、あのヒマそうにTシャツを売っていた選手が、たった一年で、こんなにチームに貢献できる選手になるまでの成長を見られるというのは、サポーターとしてとても幸福なことだと思います。
心からのありがとうを言いたいです。
また、1失点はしたものの、DFの皆さんもよくやっていたと思います。
櫛野の吼えが復活していたのも、うれしかったです。
決まらなかったけれど、羽生のシュートが見られたのも、うれしかったです。
マリオも、またまたアシストを決めてくれました。
うれしいことがたくさんあって、眠れそうにありません。
とりあえず、日曜日までは5位です。
日曜日までは、この勝利の余韻にどっぷり浸っていたい、と思います。
この楽しさが、GWのあいだじゅう続けばいいのに、と思います。
短い間隔で試合が行われるGW、休める時にはしっかり休んでしっかり疲れを取って、次の試合に臨んで欲しい、と思っています。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-04-29 02:09 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 27日

完封試合

今日は、アリオ蘇我のオープンです。
我が家にも、今朝新聞と一緒に大きなチラシが入っていました。
つい目がいってしまうのは、食べ物屋さんです。
心ひかれたのは、豆腐創作料理のお店です。
スターバックスやクーツグリーンティなども入っています。
頑張って、仕事の帰りに足を伸ばそうかとも思いましたが、明日があるのでやめました。
5月8日までは、朝9時から夜10時まで営業とのことです。

明日は、ガンバ戦です。
恐怖の平日開催ですが、私は仕事が休みです。
そのかわり、土曜日出勤です。
明日は、昼間用事があるので、用事が早く済んだら、アリオに行ってみたいと思っています。
ガンバもジェフも、これまでガンガン得点しているので、面白い試合になること間違いなしと思いますが、いい加減無失点試合が見たい今日この頃です。
今年に入ってオウンゴールが多いのも悲しいところです。
お祓いをしてもらったほうが、いいかもしれません。
オウンゴールは、事故みたいなものですが、やはり攻められているから入ってしまうわけですし、不幸にも点に絡んでしまった選手のその後のプレーを見るのもつらいものがあります。
点を取られても、それ以上に取り返せるから、面白くてやめられないジェフのサッカーですが、やはり無失点に抑えられた時の何とも言えない達成感、満足感・・・いえ、私が戦ったわけではないのですが・・・がたまりません。
と同時に、久しく味わっていないな・・・と思います。
最後に完封試合を見たのは、去年の2ndステージのグランパス戦@瑞穂のようです。
明日、それを望むのは難しいことでしょうか。
コンディションは万全ではないかもしれませんが、ジェフには、Jリーグ№1DF水本がいます。
おそらく、明日もきっとハーフタイムにトイレにまでついていくほどマークしてくれるに違いありません。
ストヤノフもいます。
大さんも出てくれるでしょう。
エルゴラッソの予想スタメンは結城になっていましたが、結城への信頼感も最近アップしています。
そして、最後は櫛野が守ってくれます。
前節ハットトリックを決めた大黒だけに気をとられてもいけません。
アラウージョだのフェルナンジーニョだの、他にも点を取る選手はいます。
とくに、フェルナンジーニョは、去年、ファンタジーサッカーで私のチームのレギュラーメンバーで、常に高ポイントを獲得していました。
口で言うほど、無失点に抑えるということは簡単にはいかないかもしれませんが、試合後のコメントで「いらない失点」というフレーズを使うのは、もうやめにして欲しい、と思っています。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-04-27 21:55 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 27日

ファンタジーサッカー 7節

今回は、ジェフの試合を見ていないので、獲得ポイントを見ても、ふーん、という感じです。
今回の獲得ポイントは、61fp。
ジェフが負けたわりには、よかったのかな、と思わないでもありません。
順位は、ローカルリーグ関東で6133位。
リーグ共通で43571位。
負けたのに、ちょっとだけですが、アップしました。
今回、スタメンはジェフの選手だけで固めませんでした。
前日に練習を見に行ったものの、羽生がケガだったり、スタメン組で練習しているメンバーでそのままくるのかよくわからなかったり、お友達が某選手に聞いたところ、練習終了時点で遠征メンバーが決まっていなかったりしたからです。
私のチームのジェフの選手の獲得ポイントは、阿部7fp、マリオ7fp、水野6fp、水本5fp、櫛野4fp、坂本4fp、勇人4fp、巻4fp、斉藤1fpです。
大さんは、負傷交代してしまったので、仕方がありません。
他チームの皆さんが、頑張ってくれたりもしました。
石川14fp、ホルヴィ7fp、アンジョンファン6fp、相馬5fp。
今まで、好調だった栗澤は3fpで、ちょっと残念でした。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-04-27 21:00 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 26日

もったいなくて・・・

先日、市原市が作っている、ジェフの今年のホームゲームの告知のポスターを、お友達からいただきました。
選手たちの顔写真のたくさん載っているものです。
せっかくいただいたのですが、もったいなくて貼ることができません。
なので、まだ丸まったまま、部屋に置いてあります。
時々、広げて眺めて楽しんでいます。
残念ながら、制作に間に合わなかったのか、ポペスクとストヤノフは載っていません。
同じように、年明けにジェレのポスターカレンダーを購入したのですが、こちらも、もったいなくて、いまだに貼れていません。
時々広げて、ジェレの素晴らしさを懐かしんでいます。
もう、4月も終わろうとしているので、こちらは、そろそろ貼らなければ、と思っています。
また、先日、国立でもらった勇人のポストカードも、組み立てれば携帯ホルダーになるのですが、もったいなくて、組み立てていません。
こちらは、今のところ組み立てる気がゼロです。
このまま、ポストカードのまま、時々勇人の素敵な笑顔を眺めて元気をもらおうと思っています。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-04-26 20:59 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 25日

雰囲気を変える男

今日は、坂本のインタビュー掲載の「Footival」の発売日でした。
昼休みに、会社の近くの書店で購入しました。
写真も内容もステキです。
一番ステキだと思ったのは「チームの雰囲気が暗くなった時は引っ張っていきたいと思う。特に悪い雰囲気の時に目立つような選手になっていきたいかなぁ。周りを盛り上げたりしてね」という部分です。
また、今まで、年上の人に面倒を見てもらってきたので、逆に年下の人たちにそういうふうにしたい、というようなことも語っていて、ステキな心構えだな、と思いました。
チームの雰囲気というのは、すごく大事だと思います。
とくに、悲しいことに、今年はオウンゴールや失点が多いので、ああいったことが起きてしまったあとに、何をするか何ができるか考えて行動できるか、すごく重要です。
また、サポーターに「坂本隊長」と呼ばれていることについての感想も掲載されています。
また、「チーム一のヒゲ自慢」という記事に、ジェフからはキャプテンが載っていました。
同じ記事にヴォルティスの羽地も載っています。

また、エルゴラッソも買いました。
いつも、負けた試合のあとは、読み飛ばすことの多いエルゴラッソですが、今回は試合を見ていないので、大事に読みました。
といっても、見出しは「健太清水、リーグ戦初勝利」ですが・・・
負け試合のわりには、採点が悪くないような気がします。
しかし、久保山はMOMのみならず、ベスト11にまで選ばれています。
アウェーに見に行って負け、というのは悔しくて虚しいものですが、見ていない試合で負け、というのは、何が悪かったのか確認ができないので、もっと悔しくてすっきりせず、次の試合が待てません。

また、J2の記事もチェック。
なんと、ヴォルティスのウィマンがMOMに選ばれています!
採点は6.5。
また羽地もフル出場で1得点、採点は6.0でした。
サンガの鷲田もフル出場、採点は6.0となっています。

そして、羽生のメッセージが更新。
更新の日付は今日になっていますが、メッセージが書かれたのは先週のエスパルス戦よりも前のようです。
姉崎に行っても、クラブハウスには来ていても、グランドで姿を見ることがなかったので、とても心配していました。
去年も何度かケガをして、コンディションが戻るまで時間がかかって苦しんでいるようだったので、今度もムリはして欲しくありません。
焦らずしっかり治して、また元気にピッチを駆け回る姿を見せて欲しいです。
また、こんな時にメッセージを更新するのも、きっと気が重いと思うのに、更新してくれて、本当に感謝です。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-04-25 22:14 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 24日

4月24日の姉崎

今日は、姉崎に行ってきました。
今日は、トップの練習が12時から、サテライトリーグのレイソル戦が14時からありました。

姉崎に行く途中、姉ヶ崎駅で、外国人コーチの方をお見かけしました。
同じ電車に乗ってきたようでした。
今日は、たくさん人が来ることを予想して早めに行ったら、川淵くんがトレーナーの島村さんと走っていました。
今日もお友達が見に来ていたので、一緒に見ました。
昨日日本平に行ってきた話を、いろいろ聞かせてもらえました。
12時になって、選手たちがグランドに出てきました。
大さんを除く昨日のスタメンの皆さんと藤田です。
ひたすらゆっくりしたペースでランニング。
先頭は、櫛野だったりキャプテンだったり坂本だったりしました。
気がつくと、大さんが松本コーチとグランドを歩いていました。
右目の上に大きな絆創膏を貼っていて、コンタクトではなく眼鏡をかけていました。
ケガがたいしたことでないことを祈るばかりです。
スタメンの皆さんは、ランニングのあとはストレッチ。
そして、また最後にランニングをして終了でした。

そして、サテライトの試合。
ジェフのスタメンは、立石、楽山、充喜、ストヤノフ、山岸、中島、ポペスク、滝澤、高橋、要田、林でした。
ベンチは、竹田、堀川、トンス、中牧でした。
オシムと間瀬さんが、ジェフベンチの後ろで立って試合を見ていました。
他にも、川淵、櫛野、工藤、藤田、結城、巻、水本、瀬戸が、試合を見ていました。
ジェフは4バックのように見えました。
4バックの左から、楽山、充喜、ストヤノフ、山岸、中盤は、中島、ポペスク、左が滝澤、右が高橋、2トップは、要田と林です。
レイソルのスタメンには、土屋や谷澤や増田や山下やチェソングクがいました。
キャプテンマークは、要田が巻いていました。
4分頃、楽山→高橋のシュートはGKキャッチ。
7分頃、レイソルのクロスは楽山クリア。
8分頃、滝澤→ポペスクはオフサイド。
11分頃、滝澤のクロスはDFクリア。
12分頃、林のクロスは要田に合わず。
13分頃、レイソルのシュートはストヤノフの腕直撃。
18分頃、ストヤノフのシュートはバーの上。
23分頃、レイソルのシュートが決まって先制・・・
24分頃、レイソルのクロスは立石キャッチ。
25分頃、楽山にイエロー。
30分頃、レイソルのシュートは大きくバーの上。
31分頃、レイソルのシュートは大きくバーの上。
34分頃、要田→林はオフサイド。
36分頃、ポペスクのシュートはサイドネット。
39分頃、ストヤノフがゴール前でファールを受けてFK。ストヤノフが蹴るもGK正面。
41分頃、ポペスク→林のゴール!が決まって同点に!
42分頃、要田のゴール!が決まって逆転!
44分頃、ポペスクのシュートはDFクリア。
45分頃、レイソルのシュートはサイドネット。
2-1で前半終了でした。

そして、後半。
後半開始から、立石に代えて岡本が入ります。
開始直後、あっこちゃんがうたわれて、私の周囲では盛り上がっていたところで、岡本が飛び出したところにシュートを決められて同点に・・・
2分頃、レイソルのシュートはサイドネット。
4分頃、レイソルのFKは岡本クリア。
7分頃、ポペスクにイエロー。
9分頃、ペナルティエリア内で山岸がレイソルの選手にちょっとしか触っていないのに、派手に倒れて、山岸にイエロー・・・PKです。
山岸が「ええー?」と言っているのが聞こえましたし、なぜカードなのか意味不明でした。
そのPKが決まって逆転・・・
13分頃、滝澤→要田のシュートはバーの上。
16分頃、レイソルのシュートはバー直撃。
18分頃、ポペスクのシュートはGKキャッチ。
19分頃、レイソルのシュートは岡本キャッチ。
21分頃、林のシュートはバーの上。
22分頃、ポペスクに2枚目のイエローで退場に・・・
直後に、山岸に代えて竹田投入。
高橋に代えて堀川投入。
その後、3バックになったように見えました。
3バックの左から、充喜、ストヤノフ、竹田、ボランチが中島、楽山、左が滝澤、右が堀川、2トップは、要田と林。
23分頃、堀川のシュートはオフサイド、
25分頃、レイソルのシュートは岡本キャッチ。
26分頃、滝澤(?)のシュートはGKキャッチ。
27分頃、要田のヘッドはGKキャッチ。
31分頃、レイソルのクロスは岡本キャッチ。
46分頃、滝澤(?)のシュートはポスト右。
そして、そのまま終了、結果は2-3で負けました。

今日は、姉崎で見づらかった上に、審判がひどくて閉口しました。
とくに、山岸にカードが出てPKになったシーンはすぐそばで見られたので、絶対違うと言えますし、周囲の見学者からも異論の声があがっていました。
他にも、オフサイドが多かったり、カードが多かったり、林が「~ちゃうん?」と文句を言っているのが聞こえてきたり、そんなすっきりしない試合でした。
ポペスクは1アシストしましたし、他にも何本かシュートがありましたが、退場してしまって、がっくりです。
カードが出たシーンをよく見ていなかったので、なぜカードが出たのかはよくわかりませんでしたが・・・
しかし、羽生が出られなくて、工藤がスタメンで、ベンチも帯同もなし、というのは、どうなのかと思います。
また、今日は、ストヤノフのプレーを間近で見られたのが、とてもうれしかったです。
後半途中から出場した竹田くんも、落ち着いてプレーしていました。
DFが足りないので、早く大きく育っておくれ!と思います。

レイソル公式
[PR]

by inudoshi16 | 2005-04-24 20:19 | ジェフ | Trackback(1) | Comments(4)
2005年 04月 23日

連敗・・・

ジェフ、エスパルスに2-1で負けました。

今日は、仕事でした。
なので、試合は見ていません。
仕事の休憩時間に携帯で、スタメンを見て、サテですごく頑張ってるなと思っていた藤田のベンチ入りにときめいたり、トップ下は勇人じゃなかったか・・・と、ちょっとがっかりしたり、大さんの負傷交代にオロオロしたりしていました。
映像は、速報Jリーグとサタデースポーツで見ました。

連敗してしまいましたが、次の試合がすぐです。
落ち込んでいるヒマもありません。
切り替えるのも難しそうですが、なんとか切り替えて欲しいと思っています。
何が悪かったのか、試合を見ていないので何とも言えませんが、ジュビロ戦で監督にあんなお褒めコメントを言わせることもできたのですから、またあんな試合を!と思います。
あの試合で燃え尽きている場合じゃない、と思います。
それは、サポーターにも言えることです。
こんな時、サポーターは応援することしかできませんが・・・

今日、会社に行ったら、来月21日に休みが取れていました。
ナビスコのFC東京戦@味スタに行けることになりました。
会社の帰りにチケットを買いました。
5月は、皆勤賞できそうです。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-04-23 23:09 | ジェフ | Trackback | Comments(0)