<   2005年 08月 ( 43 )   > この月の画像一覧


2005年 08月 31日

4強

いよいよです。
ポンチョは持っていきますが、なんとかお天気はもってくれそうでしょうか。
決して、相性はよくないレッズですが、準決勝の前半戦、タイトルへの執念を見せて、今日の試合で、決勝行きがほぼ決まってしまうような戦いを見せて欲しいです。
先週、新潟で見せた、最後まで諦めない粘り。
あの戦う気持ちがあれば、11月5日、国立のピッチに立てるはずです。

では、駒場で!
WIN BY ALL!
[PR]

by inudoshi16 | 2005-08-31 14:08 | ジェフ | Trackback(1) | Comments(0)
2005年 08月 31日

ファンタジーサッカー 21節

ファンタジーサッカーのランキングが出ました。
後期に入って、イースタンリーグに昇格していることに、本日初めて気がつきました。
今節の獲得ポイントは62fp。
油断していると、すぐに順位は落ちてしまいます。
ジェフが負けたわけではないのですが、順位はがくんと下がりました。
イースタンリーグで5117位。
リーグ共通で22211位。
今節も、ケガ人の復帰の具合がわからなかったので、真っ黄色にできませんでした。
キャプテンは、いつものごとく阿部ちゃん。
ジェフの皆さんの獲得ポイントは、ストヤノフ8fp、林7fp、結城6fp、阿部5fp、坂本5fp、巻5fp、斉藤5fp、勇人4fp、羽生3fp、という感じでした。
その他のチームの皆さんは、栗澤12fp、アラウージョ11fp、フェルナンジーニョ9fp、今野7fp、試合に出なかったのに入れてしまった松代0fp、という感じでした。
時価総額は、年俸が下がった選手がいる一方で、上がった選手がいてくれたので、微増、という感じでした。
年俸が上がったのは、アラウージョ1520万、フェルナンジーニョ1090万、林600万、栗澤580万、という感じです。
おかげで、時価総額が下がらずに済みました。
ありがとうございます!
[PR]

by inudoshi16 | 2005-08-31 13:39 | サッカー | Trackback(1) | Comments(0)
2005年 08月 30日

準決勝前夜

準決勝。
ステキな響きです。
ベスト4。
ステキな響きです。
明日は、いよいよ、その前半戦です。
携帯公式サイトの羽生の選手フリートークが、とても饒舌で、タイトルへの強い思いを感じますし、好調なのかな?と思います。
羽生は、本当に真面目で、頭が良さそうだな、とも思います。
明日は、お天気がちょっと心配ですが、そんなことが全然気にならないくらい、きっと熱い戦いとなることでしょう。
チケットが手に入らなかった方も、少なくないと思いますし、平日で行きたくても行けない方もたくさんいらっしゃると思いますので、そんな方々の分まで応援したい、と思っています。
昨日のエルゴラッソに、リーグ優勝が絶望的、と書かれてしまったジェフですが、確かに、一番身近なタイトルはナビスコです。
あと3回勝ちさえすればいいのです。
こんなチャンス、逃したら罰が当たります。
準々決勝の4つの対決は、どの対戦も、最初の試合で勝ったチームが勝ち上がりました。
明日は、アウェーですが、もう思い残すことなく戦って欲しいと思います。
明日の雨は、きっとジェフに味方してくれるに違いありません。
明日は、どの選手にも活躍しまくって欲しいのですが、なかでも、一番期待しているのは巻です。
巻のレッズとの相性の良さといったら、もう、という感じです。
あと、ケガの具合が心配ですが、林にはナビスコ得点王を目指して欲しいです。
もう一人のナビスコ男ガビにも期待していますし、キャプテンにはMVPを、勇人にはニューヒーロー賞を・・・と妄想は広がっています。
昨日のエルゴラッソには、土曜日のアントラーズ戦に備えて、明日はレッズは主力温存するかも、という記述がありましたが、潤沢な選手層のレッズですので、油断するなんてことは、あってはならないでしょう。
なんだか、今夜は眠れそうにありません。

また、羽生のメッセージが更新されています。
あの、美しいループシュートのシーンが回想されています。
ゴール前の落ち着き、というのは本当に大事だと思います。
とっさの判断力、というのがまるでない私からすると、あのようなゴールを決められる羽生、いえ、羽生に限らずサッカー選手というのは、本当に尊敬してしまいます。
でも、羽生には、これに満足することなく、もっともっと素晴らしいプレーをたくさん見せて欲しい!と思っています。

また、今日は、ダイジェストの巻の記事にも心魅かれたのですが、櫛野インタビューの載っているマガジンを買いました。
ジェフ入団の理由として下川の存在が大きい、と語られていて、とても興味深かったです。
また、次号に続くそうなので、楽しみにしています。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-08-30 21:46 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 29日

上位を引きずり下ろす

今日発売のエルゴラッソのナビスコ準決勝@駒場のプレビューに、「リーグ優勝が絶望的となっている千葉」という記述があって、ムカッときたのですが、上位を引きずり下ろすチャンスはまだまだあります。
そのチャンスの一つ、現在首位のアントラーズとの試合@カシマのプレリザーブが、現在行われています。
受付は9月1日午前9時まで。
また、現在、後援会のアントラーズ戦のバスツアーも募集中です。
カシマは交通の便がよくないので、後援会のバスツアーは大変ありがたいものです。
去年、雨のカシマに後援会のバスツアーで行きましたが、とても便利でラクでした。
また、後援会では、アルディージャ戦のバスツアーも募集中です。

また、勇人のメッセージが更新されています。
最近、つらいことがあったら、勇人のカメラ目線のトップページを見ることにしています。

今日のエルゴラッソは、ムカッときた部分もありましたが、林のインタビューが載っていて、面白かったです。
林は、途中出場ながら、MOMはもちろん、ベスト11にも選ばれています!
林のインタビューで、とくに面白かったのは、巻はライバルという感じではなく、タイプが違うのでペアで使ってこそ生きる、という部分と、ジーコにアピールする前にオシムにアピールしないといけないですから、という部分です。
ビッグスワンのゴール後の、山岸に抱きつかれてガッツポーズ、という写真も掲載されています。
また、ナビスコのプレビューには、レッズは次節のアントラーズ戦に備えてメンバーを落とすかも、という記述もありました。

また、練習試合@フクアリの当選ハガキが今日届きました!
もうすぐ、フクアリで選手たちのプレーが見られると思うと、本当にわくわくします。
問題は、当日、仕事が何時に終わるかです。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-08-29 22:09 | ジェフ | Trackback | Comments(2)
2005年 08月 28日

劇的ロスタイム

ジェフ、アルビレックスに1-1で引き分けました。
後半ロスタイムに先制されてから、林の同点ゴール!です。
劇的な時間の、アクロバティックでファンタスティックなゴール!に、バカみたいに喜んで、試合の記憶が吹っ飛びそうになりました。

昨日は、お昼過ぎに新潟に着きました。
お昼ごはんは、タレかつ丼を食べたい気持ちもあったのですが、太りそうなので、海鮮丼にしました。
駅の近くのお店で、小鉢とサラダとお味噌汁がついて930円。
肉厚な海の幸が11種類ほど乗っていて、おいしくてクラクラしました。

その後、駅からちょっと離れたホテルにチェックイン。
そこで、黄色くなって、ビッグスワンへ。

ビッグスワンに着いたら、Sゲートの近くでお友達に会いました。
お友達は、車で来て、新潟に泊って帰る、とのことでした。

その後、開場。
オールスターのハガキを投票して、晩ごはんを買って、席へ。
ピッチでは、子供たちの前座の試合をやっていました。
子供たちの前座の試合のあと、ピッチのチェックにストヤノフや林や櫛野が出てきて、林コールが起きて、林は手を振って応えていました。

その後、選手たちのアップ。
昨日の帯同は、水本と楽山でした。
ジェフ側のベンチの横で、昨日の主審柏原氏もアップをしていて、柏原丈二コールが起きていて、柏原氏は、ちょっとうれしそうに見えました。
アップが終わろうとする時、林がアルビレックスの選手と何やら話をしているので、誰かと思ったら、喜多でした。
喜多は、工藤、櫛野とも話をしていました。
ビッグスワンは、バックスタンドの2階席の最後列までオレンジに埋まっていきました。

そして、キックオフ前には、肩とお腹と足を出したアルビレックスのチアリーディングチームのパフォーマンス。
悪いけど、ジェットスフィーンの方がずっとステキだわ・・・と思いました。

そして、試合。
昨日は、巻の1トップ、左に山岸、右に晃樹、キャプテン、勇人、坂本のトリプルボランチ、という感じでした。
5分頃、山岸→ジェフ(誰だか不明)はバーの上。
10分頃、羽生のクロスはDFクリア。
11分頃、エジミウソンのシュートはポスト左。
17分頃、アルビのクロスは立石キャッチ。
17分頃、キャプテン→羽生のシュートは野澤キャッチ。
20分頃、キャプテンのFKは野澤キャッチ。
22分頃、結城のシュートはポスト左。
24分頃、キャプテンFKは野澤キャッチ。
26分頃、アルビのクロスは立石キャッチ。
28分頃、アルビのクロスは立石パンチング後、立石倒れるも、しばらくして立ち上がる。
33分頃、アルビに立て続けにシュートを3度打たれるも3度とも立石セーブ!
ジェフの大ピンチでしたが、GK好きの私には、たまらないプレーでした。
34分頃、勇人のシュートは大きく外れる。
35分頃、アルビのシュートはバーの上。
38分頃、ラインの外に出ようとしたボールに坂本が追いつき、晃樹にパスを出したあとでピッチにうずくまる、というシーンがあって、胸がつまりました。
坂本の責任感の強さを、あらためて思い知りました。
坂本は、無事立ち上がってくれました。
41分頃、晃樹のヘッドは野澤キャッチ。
44分頃、アルビのFKは立石パンチング。
そして、前半は0-0で終了でした。

ハーフタイムには、携帯で他会場の経過をチェック。
ハーフタイムに、ピッチに櫛野がいる、というのは、なんとも不思議な光景だなあ、と思いました。
立石が好調なので、櫛野もガンバレ!と思いながら、ピッチでアップする控えの皆さんを見ていました。

そして、後半。
2分頃、勇人のシュートはバーの上。
6分頃、アルビのCKは立石弾く。
8分頃、坂本のクロスは野澤キャッチ。
12分頃、アルビのFKは立石キャッチ。
14分頃、アルビのFKは立石キャッチ。
15分頃、キャプテンのミドルシュートはバーの上。
15分には、晃樹に代えて工藤投入。
坂本が左、山岸が右、トップ下に工藤と羽生、という感じに変わりました。
18分頃、ストヤノフのシュートは野澤弾く。
18分頃、キャプテンのCKは野澤弾き、その後のキャプテン→ジェフ(誰だか不明)のシュートも野沢弾く。
20分頃、ストヤノフのシュートは野澤キャッチ。
22分頃、坂本のクロスは野澤キャッチ。
24分頃、羽生のシュートはサイドネット。
27分頃、結城のクロスは野澤キャッチ。
30分頃、アルビのシュートは立石弾く。
32分には、羽生に代えて林投入。
34分頃、アルビのシュートは立石弾く。
34分頃、キャプテンが倒れて、歩いてピッチの外へ。
心配しましたが、その後ピッチに戻ってくれました。
36分頃、アルビのシュートはポスト左。
38分頃、今度は大さんがピッチの外へ出て心配しましたが、いつの間にかピッチに戻ってくれていました。
42分頃、アルビのシュートはポスト左。
43分頃、アルビのシュートはポスト左。
44分頃、林のCK→大さんのシュートはポスト左。
ロスタイムは4分。
今日は、スコアレスドローなのか・・・と思っていた矢先、エジミウソンのヘッドが決まって、ビッグスワンは歓喜の渦に・・・
今日は、勝ち点0なのか・・・と思いながら、センターサークルにボールを戻すジェフの選手たちを見守ります。
しかし、その後、坂本のクロスは野澤キャッチ。
まだ、諦めない気持ちが伝わってきます。
そして、ロスタイム2分台くらいだったでしょうか、巻が落としたボールを、林の鮮やかなオーバーヘッド炸裂!で、同点に!!
今度は、ビッグスワンの片隅の黄色い部分が歓喜の渦に!
バカみたいに飛び上がって喜ぶ私。
うれし過ぎて、林がゴール後どんなだったか記憶にありません。
巻が、またセンターサークルにボールを戻そうとしていた記憶はあります。
まだ勝つ気だ!とうれしくなりました。
その後、林のシュートがバーを越えていった、というシーンもありましたが、試合終了。
終了のホイッスルは、舞い上がっていて聞こえませんでした。
選手たちが、力尽きた、という表情でピッチに坐り込んで、お隣の方が「終わったね」と話していたので、やっと試合終了と認識できたのでした。

選手たちはゴール裏に挨拶。
一番最初に行ったのは、坂本でした。
私は夢中で拍手をしていました。
劇的な時間の鮮やかなゴールの興奮が、いつまでも醒めませんでした。
オシムは、だいぶ長いこと、ベンチの前でスタッフと話しこんでいました。
オシムのことを、ずっと見ていたかったのですが、サタデースポーツの前にホテルに帰りたかったので、ビッグスワンをあとにしました。

昨日は、後半44分まで0-0でしたし、前半は、ちょっと疲れているかな?と感じる瞬間もありましたが、とても面白い試合でした。
しかし、なんといっても、後半ロスタイムのドラマ!
もちろん、勝ち点3は取りたかったのですが、ジェフの皆さんの最後の1秒まで諦めない姿勢が、痛いほど伝わってくる試合で、新潟に行って本当に良かったと思っています。
選手の皆さんには、最後まであんなに走ってくれてありがとう!と言いたいです。
林のアクロバティックでファンタスティックなゴールには、本当に勇気をもらいました。
また、林は、同点に追いついたあとも惜しいシュートがあって、勝利への強い執念を感じました。
また、立石も、素晴らしかったです。
本当に、立石には、いくら感謝してもし足りないくらい、守ってくれました。
とくに、前半の、シュートを3本立て続けにセーブしたシーンは、本当に感動しました。
でも、ジェフの大ピンチには違いなかったのですが、どこかで落ち着いて見ている自分がいました。
勝てなかったのは、もちろん悔しいのですが、たぶん次につながる試合、なのではないかと思います。

そして、水曜日には、いよいよナビスコ準決勝です!

余談ですが、帰りの新幹線が、選手たちと一緒でした。
最後まで諦めない気持ち、伝わったよ!と、心の中で言っておきました。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-08-28 16:18 | ジェフ | Trackback(1) | Comments(2)
2005年 08月 27日

行ってきます

昨日の姉崎は、台風一過の大変な暑さで、選手たちも大変そうでした。
水曜日に試合があって、また今日試合。
本当に過酷な日程だと思います。
疲れとの戦いかもしれません。
お友達によると、ある選手は、「身体が重い」と言っていたそうです。
しかし、今回は相手も同じ条件です。
なんとか、みんなで勝ち点3をもぎ取って、持って帰りたいものです。

ビッグスワンへ行くのは、初めてです。
なので、とても楽しみです。
オレンジに染まったビッグスワンを、ジェフの得点と勝利で静まらせたい!と思っています。
水曜日の悔しさを、今日は、きっと晴らしてくれるでしょう。

では、ビッグスワンで!
WIN BY ALL!
[PR]

by inudoshi16 | 2005-08-27 08:22 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 26日

8月26日の姉崎

今日は、姉崎に行ってきました。

朝、内房線は台風の影響で一部の区間で運休していましたが、蘇我~姉ヶ崎間は普通に走っているようでした。
しかし、蘇我に着くと、浜野~八幡宿間で人身事故があったらしく、全線止まってしまっていました。
どうしよう、と、同じく総武線でこちらに向かっているお友達にメールを送ろうとしたら、君津行き、まもなく発車します、とのアナウンスが!
あ、やっぱりだいじょうぶみたい、とメールを送りなおして、君津行きに乗ったのでした。

今日の練習は11時からでした。
姉崎に着いたのは、ちょうど11時頃で、すでに選手たちはグランドに出てきていましたが、トップの選手たちの姿がありません。
今日は、トップは姉崎で練習しないのかしらん?と思いました。
グランドでは、芳賀、ダニーロ、高橋、瀬戸、藤田、中原、トンス、水本、竹田、というメンバーで、楽しそうに鳥かごをやっていました。

しかし、しばらくして、ガビと要田がグランドに登場。
続いて、工藤や巻や林も登場。
やっぱり、トップの練習もあるんだ、と安心しました。
クラブハウスの中で、ミーティングでも行われていたのでしょうか。
その他の選手たちも続々登場しました。

まず4グループに分かれて、鳥かご。
オフィシャルショップの近くでは、トンス、竹田、坂本、晃樹、中島、ダニーロ、中原、というメンバーがやっていました。

やがて、10時35分くらいに、オシムも登場。
台風一過で、強い日差しの照りつけていた姉崎ですが、今日も、いつもの黒の長袖ジャージ姿でした。

その後、緑のビブスをつけた選手たちと、立石と櫛野がオシムの周りに集められて、オシムの話を聞いていました。
緑のビブスの選手たちは、おそらく、新潟行きのメンバーの一部と思われました。
緑のビブスをつけていたのは、山岸、ストヤノフ、斉藤、結城、坂本、阿部、晃樹、勇人、水本、という面々でした。
私のいたところから、遠く離れたところで行われていたので、話の内容はまったくわかりません。
この作戦会議は、かなり長く続きました。
その他の選手たちは、白と赤とオレンジのビブスをつけて、川と反対側のゴールで攻撃と守備の練習をしていました。

やがて、長かった作戦会議が終わって、今度は、川側のゴールを使って、緑とオレンジのビブスの選手で8×8の練習を始めました。
オレンジのビブスは、トンス、中島、高橋、芳賀、中原、楽山、藤田、川淵というメンバーです。
緑が守備でオレンジが攻撃です。
ゴールは、立石と櫛野が交代で守ります。
緑は、一人多いので、最初水本がゴール横で待機していました。
その後、水本は斉藤に代わり、斉藤は、結城に代わっていました。
今日は、少し離れたところで見ていたので、間瀬さんの声や選手の声はあまり聞き取れませんでした。
ポジションは、よくわからないのですが、山岸が左にいて、坂本と晃樹が右にいて、お友達と、明日のポジション、よくわからないね、と話していました。

その後、セットプレーの守備の練習をしていました。
晃樹がFKを蹴って、ゴール前で守る練習。
櫛野の「クリア!」という声が響いていました。
しかし、ゴール前の混戦で、一度坂本がクリアしたものの、こぼれ球を川淵くんが押し込む、というシーンもありました。

そして、13時くらいに、練習は終了でした。

練習終了後には、何人かの選手たちに「お疲れ様でした」を言ってから、明日行くから必ず勝って!と思いながら、姉崎をあとにしました。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-08-26 20:04 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 26日

JEF PRESS11号

今日は、JEF PRESS11号をもらってきました。

1面の見出しは「BEST4決定!!市原臨海競技場10.5準決勝開催」「千葉市蘇我球技場ホームゲームチケットいよいよ発売!」。
1面の写真はキャプテンと巻。
キャプテンには、「もはやその足は、相手の驚異となる!」というコメントが添えられていて、プロフィールには、「正確無比なフリーキックと攻守の切り替えは日本代表でも大きな武器となる!アテネオリンピック代表 日本代表」というコメントが添えられています。
巻には、「泥臭いプレーがゴールを呼ぶ!」というコメントが添えられていて、プロフィールには「高さと強さを買われて日本代表に選出!さらに成長し代表定着を目指せ!巻のプレーを体感せよ!日本代表」というコメントが添えられています。
2面には、チケットの告知。
また、トークバトルの告知と、9月7日16時から放送されるbayfmの特番の告知も掲載。
3面には、ヴェルディ戦、エスパルス戦、レッズ戦のみどころ、ジェフタウン発犬伝には姉崎の練習場の紹介が掲載。
4面には、グッズ紹介。
9月11日には秋冬物が続々出ます。
スウェットシャツ、ハイネックシャツ、トラックジャケット4種、ロングスリーブTシャツ。
また、スタジアムシートも発売になります。
また、すでに発売中のマスコットシリーズも紹介。
マスコットツインホルダー、マスコット根付、マスコットツートンストラップ、マスコット耳かき。
そして、ホームタウンだよりとして、市原市民まつりの模様が写真入り小さく掲載。

秋冬物のシャツやジャケットはどれもステキなデザインで、どれにしようか迷ってしまいます。
9月11日は、お財布に余裕を持って臨海に行かなければなりません。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-08-26 19:28 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 26日

上を向いて

今日の「WIN BY ALL!」は、セレッソ戦後の勇人と羽生のコメントと、オシム会見の模様の一部でした。

・勇人
「非常に残念なことだと思いますけど、まあ、いずれ途切れることなので、また一から作っていけばいいことだと思うし、まあ全然下を向かないで、上を向いて次に行こうかなと思います。」

・オシム会見
「まあ、私は選手たちのことをよくわかっているわけですから、今日の試合は正直何も文句を言うことはありません。ただ、がっかりする必要はないでしょう。最近は良いプレーをしていましたし、今日も最初は良いプレーをしていました。試合の最後の方も悪くありませんでした。」

・羽生
「まあ、とくにタケと工藤と僕っていうのは、ボールを持ってどうこうというよりかは、はたいて動いて、はたいて動いてっていう繰り返しの中で、やっぱりチームとして、前線でキープして欲しいと思うし、ボールをできるだけ前で保持できた方がチームとして押し上げられると思うんですけど、相手としては、そこをつぶしたいと思うし。僕たちがもうちょっと工夫がなければ、やっぱり最初の立ち上がりのまま90分続けるのは難しいですけど、まあ、いい時間帯でいい仕事ができるというか、ここぞ、という時に効率よくできたらよかったと思いますけど。ラクして勝てるものじゃないと思うんで、今までやってきたとおり勝負どころを見極めるのと、やはり僕もそうですけど、決定力・・・最後の部分で、ここっていう時に、しっかり精度の高いプレーをすることが大事だと思います。」

上を向いて、と言う勇人と、しっかりと反省と分析をする羽生。
次の試合はすぐ明日ですが、二人なら、いえ、二人に限らずジェフの皆さんなら、次こそ、この反省を生かして、しっかり結果を出してくれるはず、と思っています。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-08-26 16:59 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2005年 08月 25日

不敗神話終了

ジェフ、セレッソに1-2で負けました。
ジェフは林のゴールです。
31試合続いた臨海のリーグ戦不敗記録もついに終了。 
19勝12分。
本当に素晴らしい記録でした。
おかげで、臨海といえば、楽しい思い出ばかりです。
選手の皆さんには、本当に感謝しています。
昨日は、試合終了後、悔しくて少し泣きました。
でも、悔しかったのは、記録が終わってしまったことよりも、首位との勝ち点差が開いてしまったことの方が大きかったように思います。

昨日は、シーズンシートの優先入場の時間のちょっと前に臨海に着きました。
昨日の臨海は、くもり空。
なんとか、お天気がもってくれないかなあ、と思います。
そして、開場。
昨日のシーズンチケットはガビ、マッチデーカードはマリオでした。
グッズ売店を見て、スタンプを済ませて、ワンコインを購入。
昨日は、新しく山岸のカードが発売になっていました。
そして、お友達とゴール裏へ。
トレーディングカードを買って、くじを引いたら、滝澤のサイン入りカードが当たりました。
その後、スタメンメールが着信。
工藤スタメンと晃樹ベンチ入りに、おお!と思いました。
また、ゴール裏のスタンプ係だった水本と中原くんに写真を撮らせてもらいました。
その後、お友達から、メインに巻がいるというメールをもらって、あわててメインへ。
私が行った時には、15人くらい並んでいたでしょうか。
巻はメガネをかけていて、ステキでした。
順番が来て、写真を撮らせてもらったのですが、とてもステキな笑顔で写ってくれました。
撮影後、巻の方から手を出して、笑顔で握手。
とても大きな手でした。
「頑張って下さい!」と言ったら、何か言ってくれたようなのですが、胸がいっぱいで、もう覚えていません。
再び、ゴール裏に行って、ロコモコ弁当を食べました。
ものすごくおいしい、というわけではないのですが、この夏の終わりの試合前のスタジアムで食べる、というのがいいじゃないですか。
その後、再びメインに戻って、トロピカルドリンクのマンゴピーチを買って席に戻りました。
ピッチではフラダンス。
昨日は、ジェットスフィーンはお休みでした。

そして、選手たちのアップ。
ひさびさに、櫛野と晃樹の元気な姿がスタジアムで見られてうれしかったです。

そして、試合。
4分頃、ジェフ(誰だか不明)→工藤はオフサイド。
そして5分、キャプテンのシュートがDFに当たったこぼれ球を林が決めて先制!
ゴール裏のサポーターのところに駆けていく林。
私も飛び上がって大喜びです。
今日は順位を上げるぞ!と思いました。
7分頃、セレッソCKは立石弾く。
続くセレッソのCKはジェフ(誰だか不明)クリア。
9分頃、古橋のシュートは立石キャッチ。
9分頃、工藤がボールカット→林のシュートはバーの上。
26分頃、ジェフ、ゴール前でFKのチャンス。
オシムもベンチから出てきました。
キャプテンが蹴りますが、バーの上。
しかし29分、森島のヘッドが決まって同点に・・・
まだ時間はあるぞ!と思いました。
34分頃、セレッソのシュートは立石飛び出してクリア、そのこぼれをセレッソシュートするもジェフ(誰だか不明)クリア。
38分頃、セレッソのクロスはキャプテンクリア。
40分頃、久藤のシュートは立石弾く。
そして41分、ゼ・カルロスのシュートを立石が弾いたボールを黒部が決めて1-2に・・・
まだ諦めるな!と思いました。
しかし、同点に追いつかれてからのジェフはミスが目立ちました。
疲れているのかな?と思いました。
43分頃には、ペナルティエリア内でストヤノフのキレイなタックルがありました。
そして、前半は1-2で終了でした。

ハーフタイムには、ワンコインとハワイ旅行の抽選。
どちらも見事にハズレました。
また、セレッソサポは、少ない人数でとても声が出ていました。

そして後半。
2分頃、羽生→キャプテンは合わず。
4分頃、キャプテンのミドルシュートは吉田キャッチ。
9分頃、久藤のシュートはポスト右。
10分頃、林のシュートは吉田キャッチ。
13分には、山岸に代えて晃樹投入!
ちばテレビの実況によると、ヴィッセル戦で右股関節を傷め、一度復帰しながら先月末右ももを傷めていたとのことでした。
20分には、林に代えて要田投入。
23分頃、晃樹のFKはDFクリア。
25分頃、斉藤が顔を蹴られてピッチの外へ。
あとで、ちばテレビの録画で見たら、鼻血が出ていたようです。
28分頃、羽生のシュートは吉田セーブ。
28分には、結城に代えてガビ投入。
ついに2バックか、と思いました。
32分頃、ゼ・カルロスのFKはバーの上。
33分頃、要田のクロスはガビに合わず。
34分頃、ガビのFKは吉田クリア。
40分頃、工藤のクロスはガビに合わず。
ロスタイムは3分。
せめて引き分けに・・・と祈るような気持ちで見ていました。
しかし、ついに不敗神話終了を告げるホイッスル・・・

選手たちは、バックスタンドに挨拶に向かいます。
悔しくて、ピッチがゆがんで見えました。
今日勝てば順位が・・・という夢を一瞬見てしまったので、前半の後半以降のミスの多さを、とても残念に思いました。
やはり日程がキツかったのかな?と思いました。
ゴール裏ではブーイング。
残念なことですが、ブーイングしたくなる気持ちも少しだけわかるような気もしました。
深々と頭を下げる選手たち。
選手たちは、メインに向かって歩いてきます。
何人かの選手は、そのままメインの下に入っていこうとしたところを、坂本が並ぶように促して、メインにも挨拶。
次は絶対負けるな!と思いながら、涙をこらえつつ拍手をしました。
ワンコインの選手は結城でしたが、インタビューはなしでした。
ユニが当たった方が「優勝をめざして・・・」と結城に言っていて、本当にそのとおりだと思いました。

試合後、お友達とヤケ酒ではなくて、反省会をして帰りました。

昨日は、やはり中2日という日程がキツかったのかな?と思いました。
でも、厳しい日程はこれからも続きます。
不敗神話は終了しましたが、優勝の可能性が消えたわけではありません。
可能性がある限り、諦めないで戦って欲しいと思います。
昨日は、ひさびさに晃樹のプレーが見られて、うれしかったです。
また、立石も2失点しましたが、よく守ってくれたと思っています。
他の選手たちも、逆転はされましたし、ミスも多かったですが、最後まで諦めない気持ちは持っていてくれたと思っています。
次の試合まで日にちがありませんが、この負けをひきずらず、次こそ、試合後に絶対ステキな笑顔を見せて欲しい!と思っています。
[PR]

by inudoshi16 | 2005-08-25 20:39 | ジェフ | Trackback | Comments(0)