<   2006年 03月 ( 47 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 31日

モツ煮

b0001706_23322647.jpg

[PR]

by inudoshi16 | 2006-03-31 23:32 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 31日

ハーフタイム

b0001706_23294570.jpg


ソーセージの盛り合わせとミネストローネを食べました。
[PR]

by inudoshi16 | 2006-03-31 23:29 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 31日

連覇への第1歩

ジェフ、サンフレッチェに2-1で勝ちました!
羽生と勇人のゴールです!
一昨日は、試合後、お友達と、ちょっとだけ祝杯をあげて帰りました。

一昨日は、仕事は休みを取りました。
一昨日は、とても寒かったです。
レッズ戦のチケットを買うために、早く家を出て、15時くらいに蘇我駅に着いて、フクアリに向かって歩いていたら、おそらくチケットをゲットしてきたと思われる赤っぽい方々と、少なからずすれちがって、胸くそ悪かったです。
そして、フクアリに着くと、チケット売り場には短くない列ができていました。
その中には、またまた赤っぽい方々が紛れていて、ついジロジロ見てしまいました。
私の番が来た時には、買おうと思っていたSバックはもうなくて、仕方がないのでSAを買いました。

その後、ハーフタイムで早過ぎる晩ごはんを食べました。
一昨日は、ソーセージの盛り合わせと、ミネストローネを食べました。
ソーセージはどれもおいしかったのですが、とくに骨つきソーセージがプリッとしていて、おいしかったです。
食べ終わって、ハーフタイムを出たら、もう優先入場の時間の、ちょっと前になっていました。

そして、開場。
昨日のシーズンチケットは晃樹、マッチデーカードは工藤でした。
レールでゴールとスタンプラリーを応募して、グッズ売り場へ。
会社で使う用のタンブラーとドライマフラーを購入しました。
また、一昨日は平日なので、ワンコインは狙えそうかな?と思って、フンパツして10枚買ってみました。
おまけの背番号バッチが、欲しいと思っていた番号が出たので、うれしかったです。
その後、スターバックスでホットコーヒーとチョコクッキーを買いました。
それから、お友達にあって、コンコースをフラフラしたり、おしゃべりをしたりしていました。
さっき食べたばかりなのですが、寒くてお腹が減ってしまったので、バックスタンドの京葉シティサービスでモツ煮を買って食べました。
器にフタがついていて、ありがたかったです。
それから、スタメンメールが着信して、青木くんと韻くんのベンチ入りにときめいたり、水本のスタメンを喜んだりしていました。
お友達が、しきりに、櫛野が櫛野が、と言うので、なんで?と聞いたら、今日スタメンじゃん、と言うので、スタメンメールを見返してビックリ、もうすっかり立石と思い込んでしまっていた自分を恥ずかしく思いました。
でも、とてもうれしく思いました。
その後、仕事を終えて駆けつけたお友達たちにも会えて、自分の席へ。
ピッチでは、すでに櫛野のアップが始まっていました。
それから、他の選手たちもピッチへ。
VIP席には、オシムの奥様と並んで坐っているマリオの姿がありました。
マリオは、手を振るスタンドのサポに向かって、親指を立てて、にこやかに応えていました。

そして、試合。
一昨日は、キャプテンマークは坂本が巻いていました。
サンフレッチェは、森崎弟がFWとして出ていました。
いきなり2分、晃樹→羽生の美しいゴールが決まって先制!
もちろん、飛び上がって大喜びです!
今日はやるぞ!と思いました。
4分頃、勇人のシュートはDFクリア。
13分頃、山岸のシュートは下田ファインセーブ。
18分頃、サンフレッチェのCKは櫛野パンチング。
20分頃、勇人のシュートはポスト左。
22分頃、クルプニのFKはポスト左。
24分頃、山岸→クルプニのシュートはDFクリア。
27分頃、晃樹のクロスはDFクリア。
32分頃、ストヤノフのクロスはDFクリア。
35分頃、サンフレッチェのシュートは櫛野キャッチ。
37分頃、山岸のミドルシュートは下田弾く。
38分頃、森崎弟のシュートはバーの上。
42分頃、サンフレッチェのCKは櫛野ファンブルするものの、ファールがあってプレーが止まる。
そして前半は、1-0で終了でした。

ハーフタイムには、ワンコインの抽選。
ドキドキしながら、結果を見ましたが、カスリもしませんでした。
もしかしたら、と期待していたスタンプラリーもハズレました。

そして、後半。
いきなり3分、森崎弟のゴールで同点に・・・
まだ時間はあるぞ!と思いました。
4分頃、勇人のオーバーヘッドはポスト右。
4分頃、サンフレッチェのシュートはポスト右。
8分頃、晃樹のCKは下田パンチング。
9分頃、サンフレッチェのクロスは櫛野キャッチ。
13分頃、クルプニのシュートは下田キャッチ。
15分頃、晃樹→山岸のヘッドはポスト右。
そして16分、クルプニに代えて中島投入。
20分頃、晃樹→要田のシュートはポスト右。
そして22分、要田に代えて楽山投入。
あれ、FW登録の選手がいない、と思ったら、山岸がFWの位置にいました。
29分頃、サンフレッチェのCKは櫛野パンチング。
34分頃、勇人のシュートは下田弾く。
34分頃、楽山→山岸のシュートはポスト右。
34分頃、サンフレッチェのシュートはバーの上。
そして36分、勇人のゴール!!
コーナーフラッグ付近に走って、力強くガッツポーズをする勇人!
駆け寄って来た楽山や水本や羽生と抱き合う勇人!が最高でした。
さあ、あとは集中!集中!と思いました。
37分には、晃樹に代えて工藤投入。
42分頃、羽生→中島のヘッドはポスト右。
43分頃、工藤→山岸のシュートはバーの上。
44分頃、サンフレッチェのクロスは櫛野キャッチ。
ロスタイムは3分。
ジェフは時間を使うプレーもしつつ、サンフレッチェのヘッドを櫛野がしっかりキャッチするシーンもありつつ、ついに終了のホイッスル!
今季公式戦フクアリ初勝利です!
喜び爆発、というよりは、ホッとした、という感じでした。
ヒーローインタビューは勇人でした。
インタビュアーは蒲田さんでした。

選手たちは、アウェー側ゴール裏の黄色い部分から挨拶に向かいます。
一昨日は、そのエリアで観戦している皆さんはとても少なくて、ちょっとうらやましく思いました。
そして、バックスタンドへ。
バックスタンドの皆さんが、拍手で迎えているのがわかりました。
そして、ゴール裏へ。
そして、フクアリでひさびさのでんぐりがえし!
そして、バンザイ!
選手たちがメインに向かって歩いて来る時には、勇人のインタビューが佳境に入っていました。
これからも勝ちにこだわって、という言葉が印象に残りました。
そして、選手たちがメインにも挨拶。
今年も絶対ナビスコ獲ろう!と思いながら、拍手をしました。

そして、ワンコインの選手は要田でした。
ユニが当たった小さい女の子が、「これからもサッカー頑張って下さい」と言っていて、とても可愛らしかったです。
要田は、これからも応援して下さい、というようなことを言っていました。
それから、幸せな気持ちでリプレイを見ました。
リプレイをやっている途中、ゴール裏で、阿部コールや巻コールをやっていたようなのですが、リプレイに夢中であまり覚えていません。
そして、スタンドをあとにしました。
お友達と会って、明日があるけど、やっぱり祝杯だよね、ということになって、ハーフタイムに寄って、一杯だけ飲んで帰りました。

一昨日は、サンフレッチェの不調にも助けられましたが、前半の前半は、ジェフらしいサッカーが見られたと思います。
羽生の先制ゴールは美しくて気持ち良かったですし、勇人の決勝ゴールも素晴らしかったです。
更新された勇人のメッセージによると、シュートを7本打っていたとのことなので、ちょっとビックリです。
一昨日に限らず、このところの勇人は、本当に頼もしく感じますし、ゴールをすごく意識しているのが伝わってきます。
また、途中からFWとしてもプレーした山岸が良かったです。
山岸は、エルゴラッソの携帯サイトでMOMにもなっていました。
サイドでプレーしている時から、すごくゴールに向かう気持ちを感じました。
あのようなプレーを続けていたら、今季初ゴールはすぐだと思います。
FWとして出る山岸は、ひそかにずっと見たいと思っていて、それが一昨日思いがけず見られたのですが、あまりにも突然過ぎて、なんだか喜ぶタイミングを失ってしまった感じです。
もっと長い時間、そのプレーを見たかったのですが、いい感じだったので、今後また見られそうです。
また、一昨日は、晃樹から山岸へ、という大きなサイドチェンジもよく見られました。
また、クルプニも、ちょっとずつ回りとうまくいきつつある感じがしています。
ひさびさのスタメンの櫛野も、よくやっていたと思います。
あわや1点、というファインセーブもありました。

リーグ戦が、またすぐありますが、この勝利がはずみになれば、と思います!
[PR]

by inudoshi16 | 2006-03-31 23:18 | ジェフ | Trackback(4) | Comments(0)
2006年 03月 31日

サンフレッチェ戦のあとで

今日の「WIN BY ALL!」は、楽山、中島、櫛野、水本、勇人の、サンフレッチェ戦後のコメントでした。
今日は、電車の中で聴いたのですが、全部をメモすることができなくて、要約になっています。

・楽山
「お疲れ様でした。(1対1が強いと言われていますが)1対1が好きなんです。」

・中島
「あまり結果がでていなかったので、どんなかたちでも勝ってよかったです。リーグ戦にむけて、はずみがつけば・・・」

・櫛野
「ひさびさのゲームで、難しかった。あまり気合が入り過ぎず、いい感じで臨めた。ケガは一番悪い時期は過ぎた。」

・水本
「ひさしぶりのスタメンだったので緊張しました。1点目とか、対応できていれば・・・勇人選手が決勝点を取ってくれたのでよかった。」

・勇人
「(得点は)気持ち良かった。やっと入りました。勝ち点3を取れた。サポーターの人に勝ち点を取ることを期待されていることがわかったので、これからも勝ち続けたい。」

水曜日の喜びと安堵が甦ります。
United Onlineでも、サンフレッチェ戦後の選手たちのコメントを動画で見ることができますが、とくに勇人は反省点を長々と語っていて、勇人の勝利への強い気持ちが伝わってきます。
今年も必ず、あの表彰台の上へ!と思います。
[PR]

by inudoshi16 | 2006-03-31 21:34 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 30日

連覇にむけて

ジェフ、サンフレッチェに2-1で勝ちました!
羽生と勇人のゴールです。
今季公式戦フクアリ初勝利です。
昨日は、キャプテンも巻もマリオもいなくて、立石と大さんを温存したのに、よくやっていたと思います。
サンフレッチェの不調にも助けられましたが・・・
ひさびさの櫛野スタメンはうれしかったですし、後半途中から、山岸がFWになったり、得点にはなりませんでしたが、ワクワクしました。
新戦力を試す状況になるほど、点差がつかなかったのは残念でしたが、それは、また今度!と思います。
この勝利が、リーグ戦のはずみにもなれば、と思います。
inudoshi多忙につき、昨日の試合の詳細な感想は明日以後書きます。
[PR]

by inudoshi16 | 2006-03-30 20:55 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 29日

チャンピオンとして

さて、いよいよナビスコです。
去年の11月5日は人生最高の一日でした。
また、あの歓喜を!と思いますし、また1億円を!と思います。

今日は、休みが取れました。
昨日は、マガジンとダイジェストには、羽生とキャプテンのナビスコのインタビューが載っていました。
もちろん両方買いました。
とくに、羽生のインタビューは、昨年チャンピオンとして、驕ることなく、地に足の着いたインタビューで、うれしくなりました。
でも、ヒゲは似合わないなあ、と思いました。
今日は、羽生にスタメンで出て欲しいなあ、と思っています。
また、今日のニッカンには、ナビスコの予選免除の特権を断っていたことが記事になっています。
私はシーズンシートを買っているので、ホームゲームが減ることはイヤだったので、予選があって本当に良かったと思っていますし、それがチームの意志だったことがわかって、とてもうれしく思いました。
代表でいない選手、ケガで出られない選手もいますが、また新しい戦力の台頭を目の当たりにできるなら、最高じゃないですか。
もちろん、チャンピオンの名に恥じないプレーをして、今季公式戦ホーム初勝利をお願いします!
平日の夜なので、行きたくても行けない方も少なくないと思います。
そんな方の分まで、WIN BY ALL!です。

今夜は寒くなりそうなので、寒さ対策もお忘れなく!

では、フクアリで!
WIN BY ALL!
[PR]

by inudoshi16 | 2006-03-29 14:24 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 29日

ファンタジーサッカー 5節

つらいことがあったら、これとか、これを見るようにしています。

さて、ファンタジーサッカーのランキングが出ました。
ジェフは負けましたが、順位はちょっとだけ上がりました。
でも、時価総額は下がる一方です。
イースタンリーグで11092位、リーグ共通で60518位。
時価総額は4億3320万円。
今節の獲得ポイントは60fpでした。
今節もキャプテンは巻でした。
ジェフの皆さんの獲得ポイントは、巻5fp、立石4fp、結城4fp、山岸4fp、クルプニ3fp、マリオ3fp、羽生1fp、試合に出なかった工藤は0fpでした。
他チームの皆さんの獲得ポイントは、徳永16fp(!)、藤本6fp、井川5fp、倉貫5fp、家長4fp、という感じでした。
年俸が上がったのは徳永だけでした。
時価総額をいかに上げるかが、今の私の課題です。
[PR]

by inudoshi16 | 2006-03-29 13:51 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 28日

秋津であっこちゃん

遅くなりましたが、一昨日は、秋津に、ジェフクラブ対YKKAPの試合を観に行ってきました。
ジェフクラブは、一人退場者を出しながら、0-3で負けました。
YKKAPは、昨年JFLで2位ということもあって、強かったです。

一昨日は、開場の少し前に秋津に着きました。
先着500名の無料招待にもちろん間に合って、タダで入場できました。
入場時に、ジェフクラブの試合日程の書かれたポスターをもらえました。
秋津では、ジェフのグッズや、JFLのパンフレットを売っていたり、焼きそばやフランクフルトなどの食べ物も売っていました。
最初、スタンドの真ん中あたりで見ようとしていたのですが、お友達がハレルヤの近くで見たいというので移動。
試合前にはメンバー表も配られました。

ジェフクラブのスタメン。

17番GK上野拓也
5番DF池田喜直
32番DF田中淳也
2番MF小関一平
6番MF小沼純矢
7番MF河野太郎(キャプテン)
11番MF樋口龍
25番MF松本憲
33番FW川淵勇祐
9番FWダニロ
10番FW柏崎鷹信

交代選手。

1番GK保坂直之
4番DF菅野智
20番MF蓮沼剛
29番MF海野将光
23番FW渡邉健雄

試合前には、ジェフクラブの選手のリクエストで、ひさびさに明日へのマーチをうたいました。
大好きな曲なので、うれしくて涙が出そうでした。

そして、試合。
3分頃、YKKAPのクロスは上野キャッチ。
5分頃、ジェフのCKはGKキャッチ。
9分頃、YKKAPのシュートはバーの上。
13分頃、YKKAPのシュートはサイドネット。
そして15分、YKKAP星出のPKが決まってYKKAP先制・・・
18分頃、小沼のシュートはGKキャッチ。
27分頃、ダニロ→小沼は合わず。
28分頃、小沼のシュートはバーの上。
33分頃、YKKAPのシュートはバーの上。
37分頃、YKKAPのCKは上野弾く。
38分頃、川淵のCKはGKキャッチ。
39分頃、田中のクロスはDFクリア。
そして40分、YKKAP岸田が上野をかわしてゴール・・・
そして、前半は終了でした。

そして、後半。
2分頃、YKKAPのシュートはGKキャッチ。
そして6分、YKKAP岸田がゴールして3-0・・・
そして9分には、松本に代えて渡邉投入。
12分頃、川淵CKはDFクリア。
そして16分、池田が一発で退場に・・・
19分頃、YKKAPのシュートはポスト右。
20分頃、ダニロのシュートはGKキャッチ。
22分頃、樋口のシュートはバーの上。
25分頃、YKKAPのシュートは上野キャッチ。
29分頃、渡邉のシュートはポスト右。
32分頃、ダニロが倒されてゴール前でFKのチャンス。
川淵が蹴ったボールはポスト直撃。
37分頃、YKKAPのシュートは上野弾く。
40分頃、樋口のシュートはバーの上。
43分頃、柏崎のシュートはGKキャッチ。
44分頃、渡邉のシュートはGKキャッチ。
そして、3-0で試合終了でした。

秋津は鳴り物応援禁止なので、ひたすら手拍子と声の応援となりました。
ハレルヤの方が、太鼓の代わりに口で「トントントトントントトン!」など言っていて、とても面白かったです
個人のコールもして、少しずつジェフクラブの選手たちの名前も覚えつつあります。
また、試合の最後の10分くらい?は、エンドレスあっこちゃんでした。

試合は、1点も取れませんでしたが、川淵くんのFKがポスト直撃した時は、立ち上がりそうになりました。
YKKAPは、とても強いチームでしたし、ジェフクラブは連携がまだこれから、という感じがします。
いままでトップの練習や練習試合でも何度かプレーを見ているダニロも、一昨日は相手にとってあまり危険な存在ではありませんでした。
ひそかに期待している田中くんのプレーが長い時間見られたのは、とてもうれしかったです。
池田が退場して一人少なくなったあと、とても頑張っていたと思います。

また、スタンドの後ろの方に、淀川社長がいらっしゃるのを発見しました。
ピッチサイドには、祖母井さんや昼田さんもいらっしゃいました。
また、帰りに、JFLのパンフレットを買いました。
あのチームにこんな人が、という発見もあったりして結構楽しめました。
今後も、スケジュールが合えば、ジェフクラブの試合を見たいと思っています。
とくに、トップから出向の5人の成長を期待していますし、まだ勝てていませんが、ジェフクラブのJFLでの奮闘も楽しみにしています。
[PR]

by inudoshi16 | 2006-03-28 22:01 | ジェフ | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 03月 27日

俺達と行こう!

ジェフ、アントラーズに0-1で負けました。
フクアリ初黒星、今季初の無得点試合でした。
試合後は、お友達と反省会をして帰りました。

一昨日は、土曜日でしたが、仕事でした。
18時半前にタイムカードを押して、逃げるように駅へ、試合が始まった頃は、西船橋で総武線を待っていました。
電車の中では携帯を握り締めていました。
速報の文面からも、良い戦いをしていることは、痛いほど伝わってきます。
蘇我に19時半過ぎに着いて、闇に浮かび上がる美しいフクアリ目指して、走って走って、チケット売り場の、レッズ戦本日分売り切れ、の文字を確認してから入場、自分の席に着いたのは、前半ロスタイムのちょっと前でした。
前半ロスタイムが何分だったのかもよくわからないまま、前半は終了。
下がっていく選手たちに拍手しました。

そして、後半。
1分頃、小笠原のFKは立石キャッチ。
4分頃、山岸のシュートはポスト右。
8分頃、アントラーズのシュートは立石弾く。
11分頃、アントラーズのシュートは立石弾く。
そして13分、ケガのマリオに代えて羽生投入。
16分頃、クルプニのシュートはポスト右。
17分頃、クルプニのシュートはポスト左。
18分頃、羽生のクロスは小澤キャッチ。
19分頃、坂本→勇人のシュートはポスト右。
20分頃、アレックス・ミネイロのシュートは立石足でセーブ。
そして23分、クルプニに代えて晃樹投入。
27分頃、アントラーズのシュートはポスト右。
33分頃、アントラーズのシュートは立石セーブ。
37分頃、巻→坂本は合わず。
坂本がゴール前で倒れ、その後、坂本は要田と交代、右腕を押さえながらメインの前を歩いていました。
ケガがたいしたことないことをお祈りしています。
39分頃、アントラーズのシュートは立石セーブ、再びのシュートはサイドネット。
しかし40分、アレックス・ミネイロのシュートが決まってアントラーズ先制・・・
まだ時間はある!絶対諦めるな!と思いました。
その後、攻め続けるものの得点にはならず。
ロスタイムは3分。
去年の最終節のような奇跡を信じていました。
ストヤノフのクロスは小澤キャッチ。
しかし、終了のホイッスル・・・
こんな熱い戦いが半分しかナマで見られなかったことを、本当に残念に思いました。

選手たちは、バックスタンドから挨拶に向かいます。
バックスタンドの多くの方々が拍手で迎えているのがメインから見てもわかりました。
ゴール裏では、俺達と行こうをうたっていました。
ゴール裏に歩いてきた選手たちにゴール裏の方々も拍手でした。
そして、選手たちは、メインに向かって歩いてきました。
本当に悔しそうな表情をしていました。
フクアリの杮落としで引き分けたあとと同じくらい悔しそうでした。
メインの皆さんも拍手で迎えていました。
私も力いっぱい拍手をしました。
その悔しさを忘れるな!と思いながら拍手をしていました。

ワインコインの選手は巻でした。
巻のインタビューはなしでした。
そして、一昨日はリプレイもなしでした。

一昨日は、半分しかナマで見ていませんが、みんなよくやっていたと思います。
勇人は、攻守によくやっていたと思いますし、戦う気持ちがすごく伝わってきました。
更新されたメッセージも力強いもので、本当に頼もしく思います。
立石も、失点はしましたが、素晴らしいセーブ連発でした。
大さんも、結城も、よく守っていたと思いますし、上がって行ったシーンでは、おお!と思いました。
次こそ、試合後には、大さんのステキなガッツポーズを見せてくれ!と思います。
負けはしましたが、ジェフらしいサッカーがやっと見られた充足感はありました。
ただ、気になるのは、今季どの試合でも得点できていたのに、得点できなかったのが、とても悔しいところです。

さて、次は水曜日にナビスコが始まります。
出られない選手もいますが、チャンピオンとして恥ずかしくないプレーを!と思います。

また、後援会のバスツアーの、FC東京戦ナビスコのエスパルス戦の募集が始まっています。
[PR]

by inudoshi16 | 2006-03-27 22:24 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2006年 03月 26日

次への糧に

ジェフ、アントラーズに0-1で負けました。
フクアリ初黒星です。
昨日は、仕事で、フクアリに着いたのは、前半ロスタイムのちょっと前でした。
会社からフクアリに行く途中、携帯に釘付けだったのですが、速報の文面だけでも、熱い戦いであることは伝わってきました。
前半は、昨日家に帰ってから、BSの録画で見ました。
勝てなくて、フクアリで初めて負けてしまって、ものすごく悔しいのですが、それほど落ち込んでいません。
終了のホイッスルが鳴るまで、勝ちたい気持ちは痛いほど伝わってきましたし、終了後メインに挨拶に来た選手たちの、悔しくてたまらない、という表情から、次こそやってくれる、という気持ちになれたからです。
内容が良くて勝てない試合と、内容が悪くても勝つ試合では、内容が悪くても勝てる方が、良いに決まっています。
でも、ジェフが勝ってもおかしくない内容でしたし、結果が違っていたら、今季のベストゲームの一つにもなったかもしれない試合だったと思うのです。
負けはしましたが、昨日の試合から、すごく力をもらいました。
試合後、選手たちには力いっぱい拍手をしましたし、バックもゴール裏もメインも、選手たちを拍手で迎えていて、本当に良かったと思いました。
選手たちも、それぞれ手応えを感じていると思うので、下を向くことなく、水曜のナビスコに、この悔しさをぶつけて欲しい!と思っています。

昨日の試合の詳細な感想は、inudoshi多忙につき、明日以後書きます。
今日は、秋津にジェフクラブ対YKKAPの試合も見に行ってきたのですが、その話も、明日以後書きます。
ジェフクラブは0-3で負けてしまいましたが、ひさびさに、大好きな明日へのマーチがうたえたり、最後にはエンドレスあっこちゃんをやったり、楽しかったです。
[PR]

by inudoshi16 | 2006-03-26 21:27 | ジェフ | Trackback | Comments(0)