Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 15日

WIN BY ALL!

ジェフ、サンフレッチェに2-1の逆転勝ちです!
臨海競技場では、なんと4ヶ月ぶりの勝利です。
臨海で勝つ喜びを、もう長い間忘れてしまっていました。
実際勝ってみても「喜んでいいの?」と思ってしまいます。

前半開始まもなくCKから森崎兄にヘッドで決められ、「またか・・・」という空気が一瞬漂います。
しかし時間はまだまだあります。
なかなかボールを思うように支配できないジェフですが、前半11分にゴール前のマルキーニョスがキープして同点ゴール!
しかしその後どちらもゴールがないままハーフタイムを迎えます。
1stステージのジェフなら、先制されたら追いつくのがやっと、という試合が多くて引き分けだらけの不完全燃焼ステージでしたが、後半14分、中島に代えて林投入!
ここからジェフが変わります。
その直後、スローインからアシストはジェレだったようですが、ゴール前のマルキーニョスが逆転ゴール!
しかし時間はまだまだあります。
できればあと1点欲しい、と思ってしまいます。
でも悲しいかな1点リードしていても、少しも安心して見ていることができないのが今年のジェフです。
お願いだから失点しないで!と思いながらも、サンフレッチェに枠外シュートを何本か打たれたり、櫛野がゴール前に飛び出すシーンも・・・
ロスタイムの表示がでるまで、こんなに長く感じた試合もちょっと記憶にありません。
時間を使おうとするジェフから、なかなかボールを奪えなかったサンフレッチェも、やっと奪ったと思ったら、あっさりゴール前へ、シュートが枠に飛ばなくて本当に助かりました。
そして待ちに待った終了のホイッスル。
選手たちも喜び爆発、といった感じの試合内容ではなかったようです。
でも、バックスタンドとゴール裏に向かってのでんぐりがえし2発を見て、ようやっと勝利の実感がわいてきました。
勝てて本当によかった!
苦しい戦いだったけど勝ちは勝ち。
2点目のあとの耐えた時間は、見ていて苦しかったのですが、本当にみんなの力で勝った、という感じです。
ジェフは2ndステージは終盤、FC東京、マリノス、ジュビロといった強そうなところとあたるので、スタートダッシュが肝心です。
また、来年から優勝チームが1チームだけになってしまいますし、新しいスタジアムもできます。
ジェフのサポーター歴は決して長くない私ですが、それでも思い出いっぱいの臨海で優勝が見たい!と思ってしまいます。
[PR]

# by inudoshi16 | 2004-08-15 14:00 | ジェフ | Trackback | Comments(2)
2004年 08月 13日

2nd前夜

私の頭の中は、アテネ開幕より2nd開幕で実はいっぱいです。
もう今日は眠れそうにありません。
今日はジェフの練習は見にいかずじまいでした。
以前一度だけ試合前日にジェフの練習を見にいったことがあります。
今年の2月、ちばぎんカップの前日のことです。
試合前日の練習は、いつも軽めだと、あとになって人に聞きました。
その日も練習時間は短めでした。 
4色くらいのビブスを着た選手が輪になって、次々決められた色の選手にパスを回す、といったオシムしか考えないような練習をしていたのですが、選手たちはいまひとつ理解できず「あれ?」「次オレンジだよね?」などと言いながら戸惑っていました。
ちょっと試合前日とは思えないようなリラックスモードでもありました。
土曜日だったので見学者も多かったように記憶しています。
オシムは「頭使わないとダメだ。なんならアスピリン持ってこようか?」などと言っていましたが、通訳の間瀬さんが言うとあんまり怖くありません。
その翌日、ジェフはレイソルに3-0で負けてしまいました。
それ以来、試合前日に練習は見に行かなくなりました。
なんだか、そっとしておいてあげたい、という感じです。
いっそのこと前日は非公開にしてもいいのでは、くらいに思っています。

開幕前夜、といえば1stステージの開幕前夜、BS1で放送していた特番の宮澤ミッシェルのジェフ評価のあまりの低さに笑ってしまったことを懐かしく思い出します。
[PR]

# by inudoshi16 | 2004-08-13 20:53 | ジェフ | Trackback | Comments(2)
2004年 08月 13日

阿部ちゃんへの手紙

阿部ちゃんへ

この日が来るのを、どれだけ長く待っていたことでしょう。
もしかしたら、この日は来ないかも知れないとさえ思ったことも、何度もありました。
でもこの日は来ました。
阿部ちゃんが、アテネのピッチに立つ日が。
緒戦、負けてしまったけれど、切り替えて次頑張るしかありません。
もちろん、次の試合に出られるかどうか、約束はされてはいませんが・・・

昨年12月、天皇杯の3回戦の前日くらい、だったように記憶しています。
阿部ちゃんが骨折。
ジェフが天皇杯を阿部ちゃんなしで戦わなければならないだけならまだしも、サッカー雑誌には
「五輪予選絶望的」
とまで書かれ、悔しくて涙が出そうになりました。
オシムの続投もなかなか決定せず、もやもやしていた1月の終わりの仕事が休みだった平日に、ふらっと立ち寄った姉崎の練習場で、ゴールに向かってボールを蹴っていた阿部ちゃんを思い出します。
2月に入ってチーム始動後もたびたび姉崎に足を運びましたが、他の選手が2部練習を終えてあがったあとの暗いグランドを何本も走っていた阿部ちゃん。
そんな地道な努力が実り、2月29日のちばぎんカップで見事復活を果たします。
でも五輪予選のUAEラウンドのメンバーには選ばれず。
この時は悔しいとは思わず、今は焦らずケガの完治が最優先、と思うことにしていました。
そして待ちに待った、日本ラウンドのメンバーに阿部ちゃんの名前が!
阿部ちゃんが出るかどうかさえわからない時点で発売になったUAE戦のチケットも売り切れ、買っててよかった!と思いました。
そして3月18日、雨の国立へ。
アウェイ側のバックスタンドが阿部ちゃんのCKを見るにはベストポイントだということに、当日試合が始まってから気づきました。
そこは阿部ちゃん劇場。
そして素晴らしいアテネを決める2アシスト!
周りが真っ青なのに私はジェフの黄色いポンチョを着ていて、翌日会社で
「昨日バックスタンドにいたでしょ?」
と先輩に言われてしまいました。

でもまだアテネは始まったばかり。
しかも強豪だらけのグループ。
同じポジションにOAの小野。
でも、アジアユースにもワールドユースにも出られなかった阿部ちゃんの活躍が見たい。
どうしても見たいのです。
[PR]

# by inudoshi16 | 2004-08-13 17:37 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 13日

日本対パラグアイ

悔しい負けでした。
小野も言っていましたが、3点取れているのに負けるとは・・・
でも、岡田監督ではありませんが、過ぎたことは変えられません。
まだ可能性が消えたわけじゃない。
あとの2試合勝ち点3を取らないと厳しくなってきましたが・・・

私の注目選手は、小野でも大久保でもなくて、もちろんわれらがキャプテン、阿部ちゃんです。
ケガなどで今まで世界の舞台をさんざん棒に振らなければならなかった阿部ちゃんは、ようやく夢の舞台に立つことができました。
ファーストシュートは阿部ちゃん!
ちょっと、惜しいとは言いがたい外れ方でしたが、でも最初から点をとってやる!という姿勢を感じます。
FKは小野から阿部ちゃんへ、ミスキックとなってしまったのはとても残念です。
後半、ミスから立ち直れそうにない那須の代わりにDFラインへ。
あぶなっかしい場面もありましたが、試合終盤得意のロングフィードを何本か見せます。
あんなフィードをもっと見たかった!
しかし4-3で試合終了。

高松のポストにあたったシュートが入っていれば・・・なんてことも思わないでもありません。
3点目の大久保のゴール、そして田中達のアシストは、見ていて本当に痛快でした。
特に田中達が入ってからの日本は、何かやってくれる!まだやれる!と思わせてくれました。
結果がすべて、と言われればそれまでかも知れませんが、3点取れている、ということに自信をもって、次の試合に臨んで欲しいと思っています。
[PR]

# by inudoshi16 | 2004-08-13 11:56 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 12日

Get Goal!

今日も姉崎にジェフの練習を見に行ってきました。
今日も練習は18時から。
姉ヶ崎駅には早く着き過ぎてしまったので、駅前の、以前ヨンスの行きつけだったケーキ屋さんでお茶を飲んでいました。
練習場とは駅の反対側にあるということもあって、このお店に行ったのは約半年ぶりです。
お店の片隅に懐かしのヨンスの写真とサインも飾られています。

さて、今日の練習ですが、とても面白かったです。
最初ランニングをしたあと、3つのグループ(ポジション別?)に分かれて、ボールを使った練習。
自分が坐っていたベンチの近くでは、ゴール前に櫛野が立ちはだかり、FWの皆さんが強烈なシュートを打ちまくります。
そして、それを止めまくる櫛野!
パス出しをするのは望月と江尻コーチ。
途中で望月は工藤と交代します。
櫛野も途中で岡本、立石と交代。
このシュート練習は、FW同士パス交換をしながらや、ボレー、ヘッドなど、パターンを変えて、結局最後まで続きます。
江尻さんの、正確なクロス炸裂もたまりません。
最後は「1点決めたらあがっていいよ」という、オシムらしい終わり方。
あがる順番は巻、マルキーニョス、林、サンドロ、トンス、羽地、という順番になりました。
でもやはり、一番シュートが強烈なのはマルキーニョスです。
GKも止めにくそうでした。
2ndもケガに気をつけて、大活躍、期待してます!
あと、あらためて思ったのが、ウチはGKにとても恵まれている、ということです。
雨あられのように打たれる枠内シュートをひたすら止め続ける3人のGKに、江尻さんも何度も
「ナイスキーパー!」
と声をかけていました。
[PR]

# by inudoshi16 | 2004-08-12 22:27 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 12日

なでしこジャパン初勝利!

日本、勝ちました!
強豪スウェーデンに、試合内容も負けていなかったと思います。
結果は1-0ですが、惜しいシュートも日本の方が多かったですし、解説の宮澤ミッシェルも言っていましたが、ロングボールを多用し、そのあとのセカンドボールをよく拾えていました。
前半荒川が決めた点は、GKの判断ミスもありましたが、そのあと追加点を狙おうという姿勢がものすごく伝わってきました。
正直最初は勝てると思っていなかったのですが、途中から見ていてわくわくする試合となりました。
後半攻められ続けるシーンもありましたが、スウェーデンのシュートが枠に飛ばなかったり、DF陣のがんばりもあり、歴史的初勝利となりました。
見終えたあと、なんとも爽快感のある試合です。
そのあとのギリシャ対韓国の試合は見ないで寝ようとしましたが、うれしさのあまり、なかなか寝つけませんでした。
[PR]

# by inudoshi16 | 2004-08-12 11:35 | サッカー | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 11日

もういくつ寝ると2nd

今日は、ジェフの練習予定が、練習試合から通常の練習に変更になったため、練習は見にいかず、家でbay-fmの特番のジェフ特集を聴いていました。
2ndステージ、もうすぐです。
ジェフの2ndステージの見所などを少し。
1stステージ勝ちきれず、引き分けの多さに泣いたジェフですが、2ndステージ、昨日発売のサッカーマガジンに載っていたいろんな記者の皆さんの予想順位はあまり高くないようです。
しかし、今年のジェフは、2月に行われたちばぎんカップ以外、全ての試合で得点しています。
しかも去年と違うのは、誰か一人が得点を多く重ねているのではなく、いろんな選手が少しずつ点をとっているということです。
また誰か出られない選手がいても、代わりに出た選手が頑張って、しかも結果も出しているという点も見逃せません。
あとはいかに失点を減らすか、ということですが、レッズ戦とレアル戦で素晴らしいプレーを見せた水本の出番?という感じです。
この前の日曜日のサテライトの試合には、その水本は出場せず、斉藤、中国からその日帰ったばかりの茶野が出ていましたが、DF陣に烈しいポジション争いが起き始めている予感です。
この日の茶野は闘志いっぱいでたびたび攻め上がっていました。
どの選手も横一線に見るオシムですから、なんだか面白いことになりそうです。
また水本もそうですが、いまひとつ元気がないサテライトの中で頑張ってきた、山岸、工藤といった選手が、1stステージ終盤活躍しました。
こういった選手たちに、他のサテの選手も続いていって欲しいと思っています。
特にレアル戦に出た、というより出られない選手が多すぎて出ざるを得なかった高卒ルーキーの市原、水野なんかも、頑張れば出られるんだ、という気持ちになってくれないかな?なんて思っています。

昨日、暑い中オフもろくになくて、ハードな練習が続く姉崎をひさびさに訪れて、これからももっと応援してやるぞ、という気になりました。
[PR]

# by inudoshi16 | 2004-08-11 20:16 | ジェフ | Trackback | Comments(2)
2004年 08月 10日

姉崎夕景

今日から、夏休みの後半に入ります。
今日は、姉崎へ、ジェフの練習を見に行ってきました。
練習は18時から。
昼間の暑さもおさまって、涼しい風が吹いていました。
しかし練習内容はハード。
3つのグループに分かれて、ボールを使った練習をする合間に何度かランニング。
最後にタイムを測りながら、かなり速いスピードでランニングを数本。
途中から選手たちは、かなりまいった様子でした。
昼間と比べれば涼しくはなっているものの、やはり暑い夏。
たびたび水を飲んだり、身体にかけたりする選手たちの姿がそこにありました。
2ndステージも、今週の土曜日から。
もうすぐです。
姉ヶ崎駅には2ndステージの告知の櫛野のポスターが貼ってあり、写真に収めておきました。
明日は、臨海競技場で練習試合の予定だったのですが、普通の練習に変更になってしまいました。
とても楽しみにしていたのに、ちょっと残念です。
[PR]

# by inudoshi16 | 2004-08-10 22:41 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 10日

「ベッカムに恋して」

去年のGW頃、銀座かどこかでやっていた映画「ベッカムに恋して」のビデオを借りてきて見ました。
原題は「Bend It Like Beckham」。
「ベッカムのように曲げる」・・・といった感じでしょうか。
ずっと見たい、と思っていたのですが、ビデオ屋でなかなか探せずにいました。
ところが最近、うちの近くのビデオ屋に「ミニシアター」というコーナーが誕生し、そこで発見することができました。
ベッカムが大好きなインド系イギリス人の少女が、親の反対にあいながら女子サッカーをしつつ、そのチームの監督との恋もあり・・・といったお話でした。
最初と最後に、ほんの少しだけですが、ベッカム本人も登場します。

自分はサッカー大好きですが、見るほう専門です。
機会があれば、フットサルくらいなら、やってみたい、とは思っています。
先月初めて、ジェフユナイテッド市原レディースの試合を臨海競技場で観ましたが、負けたのですが、すごくカッコイイと思いました。
[PR]

# by inudoshi16 | 2004-08-10 15:38 | その他 | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 09日

臨海でリクエスト

ジェフのホームスタジアム、臨海競技場では、開場から試合前に選手がアップを始める頃までの間スタジアムでかける曲を、携帯からリクエストすることができます。
去年までは、紙に書いてリクエストをしていましたが、今年から携帯でリクエストに変わりました。
同時に選手への応援メッセージも受け付けています。
寄せられたリクエスト、メッセージは、スタジアムDJの蒲田さん、酒井さんが紹介してくれます。
ジェフのサポーターと比べたら、読まれたりかかったりする確率は低くなりますが、アウェイのサポーターの皆さんからも受け付けています。
実は私も二度ほどメッセージを読まれ、一回だけリクエストした曲をかけてもらったことがあります。
これが、なかなかうれしいものです。
選手はちゃんと聴いているかしらん?と思いながら、茶野うちわをあおぎつつビールを飲んでいました。
しかし、年が年なので、若い選手が聴いても違和感のない曲を・・・と、選曲に苦慮しているのも事実です。

味スタで二度ほどヴェルディ戦を観たことがありますが、ヴェルディは試合前、選手がアップしている最中、選手のリクエスト曲をかけていて、これは選手にとってすごくいいかもなあ、と思ったことがあります。
しかし、臨海なら、サポーターが気を回して、勇人のためにエミネムを、櫛野のためにニルヴァーナを、羽生のために湘南乃風をリクエストしてあげればOKかな?と思わないでもありません。

先月、ナビスコを観に駒場に行きましたが、駒場では試合前洋楽ばかりかけていて、ちょっとカッコイイなあ、と思いました。
また大型ビジョンにレッズのロゴが、まるで洗脳するかのように繰り返し繰り返し映されて、来年完成する蘇我のスタジアムの大型ビジョンも効果的にカッコ良く使って欲しいなあ、と思ったものです。
またレッズは試合前、選手の意気込みをスタジアムDJの人が紹介していて、これも盛り上がるなあ、と思いました。

ちなみに臨海のリクエスト、応援メッセージは携帯から24時間受付中です。
jef@bayfm.co.jp   
スタジアムでその場で送信するのも楽しいのですが、その場にその音源がないこともあるので、前もってリクエストしておいた方が、実際にリクエスト曲がかかる可能性が高いように思います。
[PR]

# by inudoshi16 | 2004-08-09 21:44 | ジェフ | Trackback | Comments(0)