Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 07日

世界三大カップ

ジェフ、レイソルに1-4で負けました。
ジェフは、イブくんの痛快なゴールです。

伝統ある世界三大カップ、第23回ちばぎんカップは、ジェフは準優勝、栄えあるMIPは也真人が受賞しました。

日曜日のフクアリはとても良いお天気でした。
午前中フクアリ付近は、雪がちらつくほどの気温の低さでありましたが、日があたるところはあたたかかったです。
2月上旬としては、まずまずのサッカー観戦日和だったのではないでしょうか。

どこのチームよりも早く始動し、新体制発表会を開催。
あらたにエスナイデルサッカーに魅力を感じる新しい選手の皆様を迎え、新たな競争が生まれ、迎えた世界三大カップのこの日。
フクアリには多くのレイソルサポさんもご来場いただき、本当に良い雰囲気の中迎えることができた日だったと思います。

前半はとても良く攻めることができていたと思います。
レイソルにシュートを打たれたシーンもありましたが、うまく無失点でハーフタイムを迎えることができました。
後半ごく早い時間に失点。
その後茶島選手の負傷交代で集中が切れた時間にも失点し、逆襲し返そうとするもレイソルさんにもJ1の意地があり、なかなかゴールを割らせてくれません。
イブくんが痛快なゴールで1点を返してくれたものの、終了間際にレイソルに追加点を奪われ、最終的なスコアは1-4という、ちょっとほろ苦いものになってしまいました。

私はメインで見ていたのですが、日曜日、すごく良かったことは、点差がついていても、ゴール裏の皆様が最後の最後の瞬間まで声を出し続けたことと、選手の皆様が最後の最後まで足を止めなかったことだと思っています。
ゴール裏にいらした方によると点差がついて音量が下がったとおっしゃっていた方がいらっしゃいましたが、メインで聴いている分には、ゴール裏の真ん中の方は最後の最後まで声を出そうとリードしていらっしゃるように見えました。
本当に感謝しています。
去年の最終節が、あんなに劇的で素晴らしい結末だったから、フクアリに集った皆様が、今年のジェフにとても大きな期待を寄せていらっしゃることは本当にうれしく思います。
現に、15000人近くの方が2月上旬の寒い寒いフクアリに足を運びました。
レイソルサポさんもたくさんいらして下さいました。
負けて悔しいのはみんな同じです。
でも、私は、日曜日の試合にたくさんの希望を見出しました。
茶島選手の気の利いたアジリティのあるプレー、高木利弥選手の無尽蔵の走力、カウンターのチャンスの躍動、ドゥーキャプテンと増嶋選手の息の合ったプレー、アンドリューくんの賢いプレー・・・挙げればきりがないのですが、課題もたくさんみつかったので、そちらの方を今は掘り下げるべきなのかもしれません。
私は、いちサポに過ぎないので、ただ選手のかっこいいプレーを褒め称えるブログを今年も書きたいと思っています。

なので、課題の掘り下げについては他の方のブログをご参照下さい。
ただひとつ言えるのは、今年の、とくに守備的な皆様のメンバーの入れ替わりがあったので、これから連携を深めていく急務があるということでしょうか。
でも、それもドゥーキャプテンを中心とする以前からいるメンバーや監督に任せっきりではなく、周囲の理解や支えが必要なのではないでしょうか。
守備的な皆様の負担が多いのであれば、以前からいるメンバーで前の皆さんがその分守備に走ったりバシバシ点を取ったりといったチームワークの良さで勝てるチームになれたら良いですね。

そんなこんなでただのエスナイデルサッカー好き好きおばさんの独り事ブログですが、今年もよろしくお願いいたします!

[PR]

by inudoshi16 | 2018-02-07 13:40 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://inudoshi16.exblog.jp/tb/28082381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< いっせいくんが期限付きでレノファへ      京雅くんが完全移籍でYSCCへ >>