Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 03日

風向きが変わったらさっそく出かけよう

ジェフ、トリニータに0-4で負けました。
トリニータが大銀ドームでジェフに勝ったのは03年から始まったジェフとトリニータの長い対戦の中で初めてなのだそうです。

一昨日は、大銀ドームに行けず、ダゾーンさん観戦でした。
まずは日曜日の大銀ドームに駆けつけた勇者の皆様、本当にお疲れさまでした!&ありがとうございました!
ハーフタイムと試合後の千葉コール、胸に沁みました。
試合中も皆様のお声は本当によく聴こえて、すごく励まされました。

なので、試合のことはとやかくは言えませんが、ロドリゲスのミスから先制されてしまい、ジェフとの試合の勝利に飢えていたトリニータの皆様を勢いづかせてしまったでしょうか。
しかしジェフも支配率は高かったです。
でも、もうちょっと相手のゴール近くでのプレー、枠内のシュートが増えて欲しい試合でした。
ポストを叩いたシュートもありました。
あれが入っていたら、流れは全く変わっていたと思います。
たらればは言ってもしょうがないと言われそうですが・・・
オフサイドも取れていました。
トリニータの守備陣の距離感が良かったですね。
あそこを割って入る工夫がもっと必要でしょうか。
為ちゃんと旭くんとイブくんが入って、とても期待して見ていました。
為ちゃんは、古巣ということもあり、去年大銀ドームでとても活躍したのが記憶に新しいですが、今回は警戒されて良い突破もありましたが、二人がかりで抑えに来ましたね。
旭くんはゴールライン際で二人に囲まれてもボールを失わない良いプレーがありましたが、そのあと他の選手がボールを奪われてしまいました。
先に点を奪われて苦しい時間帯だからこそ、味方が大事に運んだ水を、こぼさないように大事にゴールに結びつける助け合うプレーが大事になってくると思います。
もちろん、落ち着きも思いきりの良さも情熱も大切です。
なかなか、点差が先行されると難しいとは思います。
大銀ドームの気温も暑く、水も撒かれず、いつもと環境が違い、やりづらさもあったと思います。
そんな中でも、順応してプレーする力も必要になってくるのかなと思います。
サポが口で言うほど、簡単なことでもないと思います。
一朝一夕にできることではないですが、それだけこれからやるべきこと、もっと伸びる余地があること、とてもたくさんあると感じています。
私は、今年ジェフでプレーをすることを選んで下さった選手の皆様が大好きだから、今の順位だけけに捉われてしまうとつらくなってしまいますが、取り掛かれること、ちょっとしたきっかけで道が拓けそうなこと、きっと少なくないと思います。
今月はアウェーが多くて、フクアリの試合にしか応援に行けませんが、離れていても、応援している人がいることを覚えていて欲しいと思っています。
アウェーに駆けつけられる勇者の皆様は限られますが、多くの人が今年のジェフに期待を寄せていることを。

私はエスナイデル監督のサッカー、大好きです。
去年に引き続き、ゴールへの最短距離を目指すサッカー、支配率を上げ、より優位な時間をつくり、相手を心理的に追い込むサッカー。
勝った時の喜びは、最高です。
もちろん、完成形はまだ先です。
もっともサッカーに完成形はありません。
限界に限界はないからです。
さらにより高みを目指さなければならないからです。

去年の7連勝は、本当に素晴らしいクライマックスがシーズンの終わりに待っていました。
もちろん理想の終わり方は自動昇格です。
大混戦のJ2では、ひとつの勝利を成し遂げることさえとても難しいことです。
シーズンの終わりまで、気の抜けない戦いが続きます。
ホーム2連勝で、少しひと息つけましたが、アウェーの多い今月は少し我慢の時間になってしまうかもしれません。
でも、ここでひとつでも多く勝利ができたら、きっと次への大きな弾みともなるでしょう。
ほんの少しでも、良い方向にチームが向かったら、私は大きく喜びたい。
子育てに似ています。
監督もコーチも選手もプロ集団です。
全力を尽くしても勝てない時もあります。
監督もコーチも選手も人間ですから、勝てない時にはネガティブになってしまうこともあるでしょう。
そんな時に、みんなで壁を乗り越えていけたらと思います。

今月のUNITED、まだ全部読んでいませんが、深井コーチと船山の対談がすごく面白かったです。
深井コーチは、08年のジェフが奇跡の残留を遂げた年の9月に救世主のようにジェフに入団。
13年にジェフを契約解除になり、その後Vファーレン、相模原でプレーをし、引退後にジェフの普及部でコーチをする傍ら、早稲田大学の大学院を素晴らしい成績でこの春ご卒業された大変な努力家です。
時間が許す限りジェフのトップの試合もご観戦されているそうで、船山にFWとしての的確でさりげなくリスペクトあふれるアドバイスをされていて、ご自身の現役時代の隠されたエピソードやPK失敗談も、とても楽しく読みました。
先日、配信されたサッカーキングのハーフタイムというネット中継のジェフ特集で、深井コーチと強化部の斎藤大輔さんと大久保裕樹さんのお話も、とても楽しく拝見しました。
選手時代にはわからなかった裏方スタッフさんのご苦労がご自身が裏方に回ってわかったり、といったお話はなかなか聴く機会がなかったので、とてもありがたかったです。
とくに深井コーチは、脳の働きを活性化するトレーニングの資格も取得されたそうで、それをスクールのご指導にどんどん活用されるそうで、なかなかサポに伝わりづらいところでも、とても細やかな努力をされていることを知るとても貴重な機会でありました。
また斎藤大輔さんも、今季入団した鳥海くんや弾斗くんや本田くんに厳しくもあたたかいコメントを寄せていて、とてもうれしくなりました。
大さんが、厳しい目で見極めて獲得してきた選手を、厳しくもあたたかい目で育てていくことの大切さを思います。

今本田くんは怪我で苦しい思いをしていますが、鳥海くんや弾斗くんはさっそく試合に出て活躍しています。
もちろん経験のある選手がチームを引っ張っていくことも大切です。
去年の7連勝を牽引した選手の力が正当に評価されることも大切です。
しかし昇格してJ1に定着するためには、どんな選手が出ても勝てる力を身につけなければならないと考えます。
今は産みの苦しみの時期かもしれません。
怪我の選手がいても、出場停止の選手が出てきても勝てるチームになるには、と考えた選手選考であると、私は受け止めています。

結果が出ないと、ネガティブな矢印が内向きに向かってしまうのは、かなしいことですが、私はこのプロジェクトが歩みは遅くても粘り強さを失わず大きな進化をしていくことを願っています。

今月は1試合しかスタジアムに行けないので、駄文失礼致しました。

次はアウェーで、ツエーゲンと戦います。
また日曜日で、行かれる方も限られると思います。
どうか行かれる方は、たくさん楽しんで来て下さいね。
行かれない方も、サッカーを楽しみましょう。
次は勝ちましょう。

[PR]

by inudoshi16 | 2018-04-03 11:44 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://inudoshi16.exblog.jp/tb/28227496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 行きたい場所は自分で決めるぜ      天皇杯の組み合わせ発表! >>