Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 12日

俺は歌う愛すべきものすべてに

ジェフ、ゼルビアに3-3で引き分けました。
ジェフは、イブくんがゲットしたペナルティエリア内でのハンドPKをイブくんが見事に決めたゴールと、イブくんがペナルティエリア内でファールを誘ってゲットしたPKを船山ががっちり決めたゴールと、船山がペナルティエリア内でハンドをされてゲットしたPKを船山自身が着実に決めたゴールです。
ジェフは、勝ち点35で16位です。

今日は、野津田に行けず、自宅でダゾーンさん観戦でした。
日曜日の夜に野津田に駆けつけた気高い勇者の皆様、本当にお疲れさまでした!&ありがとうございました!
皆様の力強い声援は本当によく聴こえました。
試合後の千葉コールも、本当にありがとうございます!
どうか体調など崩されませんよう、お気をつけ下さい。

なので、試合のことはあまりとやかくは言えませんが、3点先行されて、実況の方に「致命的」と言われながら、3点ともPKで追いつくという快挙。
素晴らしいですね。
もっと贅沢を言えば勝ちたかったですが。
3点をすべてPKで追いつくというのは、長く実況や解説をされた方でも、なかなかご経験がないそうです。
それくらいレアな、現地でご覧になられた方は、現地に赴かれたことを誇って良い試合と思います。
2点を決めても、奢ったりしない船山。
つねにコンスタントにコンディションが良くて、試合終了まで涼しい顔で全力疾走する成田生まれの漢を、本当に誇りに思います。
試合後のインタビューはチコさん。
雨のように流れ落ちる汗を拭おうともせず、前半の反省点と、PKをゲットしたイブくんを讃える言葉と、PKを蹴る時の揺るぎない自信をさりげなく語る何気なさが、とてもとてもかっこ良くて愛おしいです。
どうぞ、これからもみんなをそのプレーでガンガン引っ張っていただきたいです。
也真人不在で、その負担がのしかかっているにもかかわらず、自らすすんでみんなの分まで重い荷物を引き受ける、とてもさりげない優しさがあふれている選手だと思います。
イブくんも、投入されてから、とても心強かったです。
レイソルユース育ちコンビが活躍して、とてもうれしいです。
3点差を追いついてからも、みんなの勝利への執念、すごく伝わりました。
ラリベイも、ゴールはありませんでしたが、キャプテンマークのとてもよく似合う、アルゼンチンの戦うお父さんです。
茶島くんも、惜しいシュートが2本ありましたね。
積極的に打とうという姿勢、とても応援したくなります。
プレー自体もとても賢くて、冷静で、かつ情熱的で、お顔も和風のイケメンさんで、エスナイデル監督が重用したいお気持ち、すごくよくわかります。
工藤も、前半で交代しましたが、ベテランとして、みんなをプレーで言葉で引っ張って欲しい選手です。
アンドリューくんも、去年の序盤とは、見違えるほどの成長を見せてくれて、プレーに自信と貫禄があります。
今日も、ピンチの時にヒーローのように助けに来てくれました。
ミゾくんの、思いきりの良い攻め上がりも、切れ味のあるクロスも、素晴らしいですね。
試合を重ねれば重ねるほど、さらに磨きがかかる予感がします。
鳥海くんも、オウンゴールに関わってしまったにもかかわらず、挽回して余りある素晴らしい守備を見せてくれました。
為ちゃんも、途中交代となりましたが、気持ちの良い突破、まるでカミソリのようなドリブルをたくさん見せてくれました。
ドゥーさんも、鳥海くんやミゾくんに、お手本のようなプレーを見せてくれました。
初めましての、下平選手も、とてもステキな選手ですね。
体幹がしっかりしていて、良い攻め上がり、良いパスがありました。
後半足を気にしているシーンがあったのですが、大丈夫でしょうか。
心配しております。
優也神も、3失点しましたが、神セーブもありました。
旭くんも、すごく良かったですね。
とくにセットプレーの時旭くんがピッチにいてくれると、ホッとします。
いかにも頭の良さそうなプレーも好きです。
乾くんも短い時間でしたが、この劇的な死闘を体感することができました。

長くサッカーを見ているつもりでも、みたことがないアメージングな瞬間に立ち会うことがあるのですね。
だから、サッカー観戦、辞められないのですよね。

失点が多いのは看過できませんが、攻撃ももっともっとレベルアップできると思っています。
ちょうど也真人が戻って来るタイミングで、ジェフが上昇気流に乗っていられたら、と夢想しています。
そして、満を持して也真人おかえりなさいを、みんなでしたい。

暑くて熱くて悔しい夜ですが、ジェットコースターのようにエキサイティングでもありました。
3点差を追い上げるって、そうそうできることではありません。
3位のゼルビアと引き分けに持ち込めたのも、自信になったのではないでしょうか。
もっともっと上を目指して、良かったところは良かったと言い合い、良くなかったところは、次は頑張ろうと明日への糧にして、前にすすんで行きましょう。

私は、まだ自動昇格諦めていません。
計算が苦手なのと能天気なので。
プレーオフは、出るものではなく、見るもの。
座右の銘です。

千里の道も一歩から。
今日は、大いなる一歩を踏み出した。
そんな夜だったと思います。
みんなで血眼になって食いついたゼルビーくんの背中からもぎとった勝ち点1。
大切に大切にして、生きていこうではありませんか。

次もアウェーでホーリーホックと戦います。
長谷部さんには、負けるわけには行きませんね。
また頑張りましょう。

[PR]

by inudoshi16 | 2018-08-12 22:46 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://inudoshi16.exblog.jp/tb/28554164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 倒されてもまた立ち上がり果てな...      マリノスの下平匠選手が期限付き... >>