Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 26日

一番綺麗な風にあなたと吹かれてたから

ジェフ、ヴェルディに2-3で負けました。
ジェフは、下平選手の痛快なゴールと、旭くんの美麗なFKです。

実は、日付が変わって昨日は、ものすごくひさしぶりにフクアリに行けたのです。
私は、フクアリサポなので、それだけでうれしくて。

今の順位や結果より、監督やフロントや選手が叩かれる方がつらくて、悔しくて・・・
誰もが勝ちたいと思って戦っているわけで・・・
誰も最後の1秒まで諦めていなくて。
下平選手のゴールも、旭くんのゴールも本当に素晴らしいゴールだったので、勝って祝福したかったです。
前半、先制したあと、惜しいシーンもたくさんありました。
そこでさらに得点を重ねたかったですし、終盤、猛攻を見せました。
得られた勝ち点がゼロなのはとても悲しいのですが、選手の皆様は誰一人諦めていないし、その努力が報われないのがつらいです。
でも、それは誰かを責めることとは、違います。
全員が努力して、解決することと思っています、
私は、今年ジェフで戦うことを選択した選手の皆様全員に幸せになって欲しいです。
エスナイデル監督も、コーチ陣の皆様も、フロントの皆様も、クラブスタッフの皆様も、全員幸せになって欲しいのです。

私がひとつ心の支えにしているのは、去年の西京極で負けたあと、私はジェフの公式ツイッターで拝見しましたが、西京極のゴール裏の皆様が、「立ち上がれ千葉」を力強く歌って下さったことです。
誰があの時点でプレーオフに行けることを予測したでしょうか。
あそこから、去年の反撃は始まりました。
誰かを責めることではなく、誰かに勇気を与えることで、力になりたいと強く強く思います。
それは、たった一人の力では叶いません。

過去は変えられませんが、未来ならまだ変えられます。
未来を良くするためには、現在地を凝視して、現在をより良いものにしていくことです。
私は、今年のメンバーもエスナイデルサッカーも全力で支えたい。

戦術のことはよくわかりませんが、人に敬意を払うということは、どういうことか、イビチャ・オシムさんに口を酸っぱくして言われました。
私は、誰かを小馬鹿にしたり、誰かをつるし上げたり、誰かをせせら笑ったりということが嫌いです。

人が力を発揮する時って、良かったプレーを褒められたりした時だと思うのですよ。
私は子育てをした経験はありませんが。
たとえば自分が仕事をしていて、良い仕事をして褒められたら、さらに頑張ろうと思ったりします。
人間ってそういうものではないでしょうか。

次の試合は、もう9月。
月が変われば、運気も変わります。
またあらたな気持ちで、いつも勝利を目指し、戦っていきましょう。

[PR]

by inudoshi16 | 2018-08-26 00:35 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://inudoshi16.exblog.jp/tb/28608367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 地球という名の船の誰もが旅人      倒されてもまた立ち上がり果てな... >>