Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 23日

誰よりも正直で誰にでも分け隔てなく

ジェフ、横浜FCに0-1で負けました。

今日のフクアリ、ちょっと暑かったですが、メインは日陰で涼しくまずまずのサッカー観戦日和でありました。
横浜FCのサポさんにもたくさんお越しいただき、10000人を超える皆様がフクアリに集いました。

前半は、なかなかゴールまでボールを運べない中で、ドゥーさんのヘッドがバーを直撃したり、後半は茶島くんのシュートがポストを直撃したり、為ちゃんもアンドリューくんもイブくんも惜しかったり・・・負け惜しみと言われればそれまでなのですが、どちらが勝ってもおかしくない試合だったと思います。
もちろん、これまでにも相手チームの皆様のシュートが枠に当たって命拾いした試合も少なからずあったわけですけども。
個人的には、面白い試合だったと思っていますし、攻撃的な我が軍があと一歩のところでゴールを奪えなかったのは、かなり凹みますが、凹むのは今日の12時までにします。
攻守の切り替えと気持ちの切り替えは早く!!
座右の銘です。
為ちゃんのスタメンは、本当にうれしかったです。
為ちゃんのプレーに後半メイン住民はどれだけ盛り上がったことか。
ドゥーさんのヘッドも惜しかった。
横浜FCのGKが今日は南雄太さんだったので、レイソル同窓会ですね。
茶島くんのポスト直撃も惜しかった。
短い時間で劣勢を打開しようという意気込みは伝わりました。
イブくんも惜しかった。
イブくんは警戒されて2人3人で対応されたシーンが目立ちました。
アンドリューくんも惜しいシュートがありました。
アンドリューくんのあれだけの視野の広さや運動量や守備力があって得点力まで身にに着いたらと思うとわくわくします。
鳥くんも良い守備が光りました。
試合を重ねるごとにどんどん成長していく選手です。
ミゾくんもよく走りましたが、途中で交代してしまい残念でした。
下平選手も、為ちゃんを活かすプレーが光りました。
也真人も、攻撃だけでなく守備でも良いシーンがありました。
船山も今日はゴールがありませんでしたが、いつも黙々と身軽に走っている姿がとても好きです。
秀仁くんも、先制されたあとも、手を叩いてみんなを鼓舞している姿がとてもかっこ良かったです。
ちょるふぁんくんも、リーグ戦初敗戦ではありましたが、勇気ある飛び出し、長い手足を活かしたプレーは、まるで櫛野コーチのようでありました。
以前ちょるふぁんくんが、櫛野コーチと居残り練習をしていたところをユナパで目撃したことがあるので、その努力の成果が今フクアリのピッチの上で展開されていることをサポとしてとても幸福に思います。
旭くんもスペースがないところを打開しようと苦心していましたし、ラリベイのプレーが見られたのもうれしかったです。

新しいジェフプレスをもらうとまず、とうこくりえさんの「みなプレス」を読むみなちゃんサポなのですが、みなちゃんではないですが、次のホームゲームはもう10月で、残りの試合数が両手で数えられるようになって来たので、今年のメンバーで戦える時間がとてもとても大切に思えてきます。
ご縁があって、蛍光イエローのユニフォームに袖を通して、強靭な肉体を創るエスナイデルごはんをともに食べて、闘って来た同志の皆様。
ジェフの選手の皆様は、秋田犬のように真面目なところが、とても好きです。

今日のフクアリの雰囲気、とても良かったです。
とくに後半の、プライド、あっこちゃん。
試合終盤のセットプレーのチャンスの手拍子の反響。
試合には負けましたが、私にとっては忘れられない光景です。
あそこで点が取れたら劇場でした。
劇場未遂。
悔しいですね・・・

今日は12時まで凹みます。
皆様、良い連休をお過ごし下さい。





[PR]

by inudoshi16 | 2018-09-23 23:00 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://inudoshi16.exblog.jp/tb/28679953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今度はきっとうまくゆくぜ      泣き顔が微笑みに変わる瞬間の涙... >>