人気ブログランキング |

Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ

2006年 06月 09日 ( 3 )


2006年 06月 09日

4強!

ジェフ、セレッソに3-2で勝ちました!
山岸、マリオ、マリオの得点です!
連勝で、トータルで8-4で勝って、準決勝進出です!

昨日は、仕事が休みだったので、早めに家を出ました。
蘇我駅で、バッタリお友達に会って、フクアリへ。
ハーフタイムで、早い晩ご飯を食べて、巻へのメッセージを書きに行きました。
巻へのメッセージは12日の千葉日報に掲載されるそうです。
それから、場外のグッズ売り場で、巻の応援Tシャツと巻タオマフを購入。
そして、メインの列に並びました。

しばらくして、開場。
昨日は、マッチデーカードはありませんでしたが、ナビスコのクッキーをもらえました。
私は、チョコクッキーをもらいました。
まず、グッズ売り場に行って、山岸のタオマフを買いました。
それから、スタメンメールが着信して、一昨日別メだったキャプテンがスタメンでビックリしたり、一昨日調子が良さそうだった青木くんのベンチ入りを喜んだりしました。
そして、ワンコインとスタンプラリーをすませて、コンコースをフラフラ。
キックターゲットもやってチップスターをもらいましたが、以前キックターゲットのところにいた、おとどけ隊の池上コーチが一昨日はいなくて、ちょっとガックリでした。
また、スターバックスでマンゴーフラペチーノを売っていたので、早速購入。
その後は、コンコースの片隅で、おしゃべりして過しました。

それから、選手たちのアップが始まる前に席へ。
私はシーズンシートが、去年も今年も同じ席なのですが、昨日は違う席で、とても新鮮でした。

そして、試合。
5分頃、セレッソのクロスは櫛野キャッチ。
6分頃、森島のシュートはサイドネット。
8分頃、クルプニのシュートは多田弾く。
10分頃、坂本のシュートは多田キャッチ。
11分頃、勇人のヘッドは多田キャッチ。
そして12分、水本→山岸がゴール!!
マリオに抱きつく山岸!がステキでした。
ここまでのジェフは、とてもしっかり戦えていて、今年は違う!と思いました。
13分頃、クルプニのシュートは右にはずれる。
21分頃、晃樹→キャプテンのヘッドはバーの上。
そして23分、マリオのループが決まって2点目!!
青木くん、デビューしちゃう?と思ってしまいました。
26分頃、セレッソのシュートは櫛野キャッチ。
26分頃、マリオのシュートは多田セーブ。
そして27分、水本→マリオのヘッドが決まって3点目!!
マリオ最高!!と世界中に叫びたい気分でした。
このまま完封で行こう!と思いました。
30分頃、セレッソのシュートは左にはずれる。
33分頃、晃樹のクロスは多田キャッチ。
38分頃、セレッソのシュートは右にはずれる。
そして39分、柿本にヘッドで決められて3-1に・・・
完封したかったのに・・・と思ってしまいました。
43分頃、セレッソのシュートはサイドネット。
ロスタイム晃樹のシュートはポスト右。
そして、前半は終了でした。

そして、後半。
1分頃、セレッソのクロスは櫛野キャッチ。
6分頃、山岸のシュートはポスト右。
7分頃、マリオ→勇人のヘッドはバーの上。
13分頃、晃樹のシュートは多田弾く。
13分頃、クルプニのシュートは多田弾く。
15分頃、セレッソのクロスは櫛野キャッチ。
17分頃、山岸のクロスはDFクリア。
20分頃、マリオのシュートは多田弾く。
21分頃、セレッソのシュートはポスト左。
そして22分、マリオ、クルプニに代えて、中島、楽山投入。
そして26分、古橋に決められて3-2に・・・
最後まで集中を切らすな!と思いました。
28分頃、晃樹→楽山には合わず。
31分頃、山岸のシュートはサイドネット。
そして32分、羽生に代えて工藤投入。
34分頃、工藤のループシュートはバーの上。
42分頃、山岸のシュートはポスト右。
ロスタイムが何分あるかも気がつかないまま、ロスタイムに突入。
ロスタイム、勇人のシュートは多田弾く。
その直後に、準決勝進出を告げるホイッスル!でした。
ヒーローインタビューは、一昨日別メだったにもかかわらず、90分しっかり戦ったキャプテンでした。

選手たちは、アウェー側ゴール裏から挨拶に向かいます。
キャプテンのヒーローインタビューは、私のいた場所では、反響してしまって全然聞こえませんでした。
でも、感謝の気持ちでいっぱいで拍手をしました。
マリオは、ケガの調子が良くないのか、挨拶をしないでさがって行きました。
キャプテンのインタビューが終わったところで、ちょうどでんぐりかえしをするところでしたが、キャプテンもでんぐりがえしには加わらず、さがって行きました。
そして、バンザイ。
それから、選手たちは、メインに向かって歩いて来ます。
2失点してしまったので、喜び爆発、という感じではありませんでした。
また、大さんのガッツポーズがないのが、ちょっとさみしかったです。
そして、メインにも挨拶。
今年も絶対国立行こう!と思いながら拍手をしました。
そして、選手たちはメインの下に入って行きました。

ワンコインの選手は晃樹でした。
晃樹のインタビューも、全然聞こえませんでした。
でも、これからもガンバレ!と思いながら拍手をしました。
それから、Overが流れる中、リプレイと、他会場の結果を見て、フクアリをあとにしました。

昨日は、前半は、みんな良かったです。
去年の準決勝@臨海の教訓が生きてる!という感じがしました。
山岸もマリオもキレキレでしたし、水本の2アシストには笑ってしまいました。
マリオが交代したあと、山岸がトップの位置に入ってから、山岸がボールを持っていない時にも、セレッソのDFが山岸のユニをひっぱりまくっていて、ちょっと笑ってしまいました。
一昨日別メで心配していたキャプテンも、しっかりフル出場して、戦う気持ちを見せてくれて、本当に感謝しています。
また、勇人もゴール前によく顔を出していて、面白かったです。
しかし、点差に余裕が出てしまったところに、2失点してしまったのが、ちょっと残念です。
でも、2失点はしましたが、櫛野にも、たくさん救われました。
先日の長居の試合もそうですが、ケガ以前のプレーに戻りつつある感じで、ここで中断に入るのは、とてももったいない感じさえしてしまいます。

さて、7月19日のガンバ戦まで、しばしお休みです。
ナビスコは、次は準決勝です。
ベスト4に残ったのは、ジェフの他に、フロンターレ、アントラーズ、マリノスです。
どことも、難しい戦いになりそうですが、とりあえず、遠征が楽なのは、よかったです。
私の希望は、準決勝はアントラーズと、決勝はフロンターレと・・・なんて考えています。
マリノスは、臨海で3-0で勝って以来勝っていない、ということもありますが、マリノスのサッカーをあまり面白いと思えないのです。
でも、どことあたるのかも、楽しみにしたいと思います。

また、余談ですが、スタンプラリーに当選しました。
平日だったので、当たりやすかったのかもしれません。

by inudoshi16 | 2006-06-09 23:52 | ジェフ | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 06月 09日

準々決勝のあとで

今日の「WIN BY ALL!」は、昨日の試合のあとの山岸と水本と立石のインタビューでした。

・山岸
「そうっすね、立ち上がりから、僕ら、すごく良いサッカーができたので、その結果が3点に結びついたかなあ、という感じで、あとは、ゆっくり休んで、また、このオフの期間中に、またしっかりコンディションを整えて、で、19日のガンバ戦に、しっかり備えていきたいと思います。」

・水本
(試合中、阿部選手とよく話してましたね?)
「そうっすね、やっぱり今日、大さんいないんで、僕、イリアン、日本語通じないし、そういう部分で日本人っていうか、うしろの選手が中心となってしゃべっていかないといけないということで・・・阿部さんとは何回か話す機会があったんで、どんどん続けていければいいと思います。」
(これからオフですが、少しはお休みするんですか?)
「そうっすね、最初の何日かは休みますけど、僕、開幕してから1ヶ月くらい休んで、ケガで、その分、取り返さないといけないんで、練習します。久しぶりなんで、楽しみです。」
(家族もゆっくり?)
「やあ、どうすかね?」

・立石
(久しぶりの長期オフということで)
「ハイ。」
(家族サービスですか?)
「えー、家族とちょっと旅行に行って、まあ、休んで、ちゃんと動いとけとクギを刺されましたので、ハイ(笑)」
(かなり試合後のミーティングが長かったんで、そういうことだったんですね?)
「そういう感じです。」
(ゆっくり身体も心も休めて、また熱いものを見せて下さい)
「頑張ります。」
(じゃあ、ドイツ行きますんで)
「気をつけて行ってらっしゃい。」
(お土産買って来ます、お疲れ様でした)
「お疲れ様でした。」
(気をつけて行ってらっしゃい)
「気をつけて行ってらっしゃい(笑)」

酒井さんによると、水本は、久しぶりにお母さんのごはんが食べられるのがうれしい、と語っていたそうですし、また、櫛野は、せっかく調子が上がって来て中断に入るけれど、中断後もゴールをしっかり守れるようにしたい、と語っていたそうです。
ジェフとは、しばしお別れですが、中断後には、リーグの過密日程やA3が待っているので、ここでゆっくり休んで、しっかりリフレッシュして欲しい!と思っています。

by inudoshi16 | 2006-06-09 21:46 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2006年 06月 09日

巻選出直後インタビュー

UNITED6月号に掲載の巻インタビューのロングバージョンが、オフィシャルサイトに出ています。



United Onlineでは、巻誠一郎の8年間と題された記事と、巻インタビューの動画が見られます。
動画の、ナビスコのエスパルス戦@日本平でエスパルスサポから声援をもらったこと、ジェフへの感謝を語っている部分では、思わず泣けました。
でも、代表選出直後のインタビューなのに、気負い過ぎていない巻はいいなあ、と思いますし、必ずドイツで何かやってくれそう!と思います。

by inudoshi16 | 2006-06-09 21:29 | ジェフ | Trackback | Comments(0)