人気ブログランキング |

Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2019年 02月 24日

ヒトとヒトが殺し合う世界なんてまるでこのままじゃ理解できない

ジェフ、愛媛と0-0の引き分けでした。
記念すべき今季初完封GKは優也神でした。
ジェフは、貴重な勝ち点1をゲットして、10位です。

まずは、日曜日の夕方に遠くニンスタまで駆けつけた気高い勇者の皆様、本当にお疲れさまでした!&ありがとうございました!
試合後の千葉コール、私も混ざりたかったです!
本当に、ありがとうございます!

なので、試合のことは、あまりとやかくは言えませんが、今日は、芝が長く、とても滑りやすい状態だったようで、怪我しやすい状態に見えました。
旭くんと茶島くんの怪我の具合を心配しています。
ベテラン岡本神もボールを手から滑らせるほど、水を撒いていたのが見て取れました。

かといって、ピッチ状態を勝てなかった言い訳にするのも悔しいのですが、前半のうちにふたつ交代枠を使わなければならなかった中で、監督、コーチ陣、選手、駆けつけたサポの皆様も、本当によく戦った試合だったのではないでしょうか。
3つめの交代枠の使いどころというものは、大変難しいものです。
まず、前半のうちに二人負傷交代していますから、三人目の負傷者が出れば、負傷や退場で一人少なくなる可能性がございます。
いちばん怖いのは、GKの負傷や退場ですね。
多くの監督さんは、だいたい3つめの交代枠は、後半30分前後に使うのではないでしょうか。
あくまで私観ですが。
なので、クレーベも、だいたいそのくらいの時間だったように記憶しています。
クレーベも、連携はまだこれからと思いますが、初シュートを打ちました。
アランが、まず良過ぎました。
なにしろ、あの強靭な体躯ですから、愛媛の選手は、二人、三人と人数をかけて守らなければなりませんでした。
フィジカルコンタクトがあれば、どうしてもアランのファールになってしまいます。
往年の巻がなかなかファールを取ってもらえなかった時のことを、思い出させるような大樹のような体幹です。
船山のキャプテンマークも痺れました。
アウェーユニがかっこ良すぎたのと、本当によく走って、よくチャンスをつくって、プレーでみんなを引っ張る素晴らしいキャプテンだと思っています。
謙虚で、努力を惜しまなくて、みんなに優しくて、大好きですし、尊敬しています。
アンドリューくんも、よくボールに触って、チームの背骨として、大動脈として、働いていたと思います。
ゲリア選手は、とてもコンディションが良く見えました。
ピッチ状態があまりよくないように見えた中で、いちばん順応して、躍動して守備に攻撃に素敵なプレーをたくさん見せてくれました。
増島選手も、ダゾーンさん観戦の私でさえ、なんでこんなところに?と思うくらいよく走っていたと思います。
エベルトも、良い守備をたくさん見せてくれました。
ただ、ちょっと危険なプレーがあり、イラついているようにも見えました。
責任感の強さのあらわれと思いますが、もうちょっと落ち着ていプレーできたかな、と思いますし、何か理由があったのかな、とちょっと心配もしています。
下平選手は、いつも落ち着いていて、冷静で、とても好きな選手です。
こちらのセットプレーのチャンスの時に、とても良い表情をしていたので、さらに好きになりました。
下平選手は、得点感覚もありますから、きっとあの時今季のジェフの初ゴールは俺じゃね?というお顔だったのかもしれません。
あくまで私の想像ですが。
堀米選手も、世界三大カップで、ジェフサポのハートを鷲掴みにするキックを魅せてくれたので、嫌でも期待が高まります。
今日も良いキックでしたが、今日は得点には結びつかず、残念であります。
髪を切られて、大変なイケメンさんになりました。
堀米選手のジェフ初ゴールは次のフクアリでお待ちいたしております。
秀仁くんも、旭くんのアクシデントで、途中出場となり、難しい中、古巣相手にゴール前に迫るシーンは、わくわくしました。
為ちゃんも、去年一昨年の切れ味の良いプレーを警戒されてか、為ちゃんのサイドのゴール前は人数をかけて守られて、思うようにプレーをさせてもらえませんでした。
為ちゃんが、警戒された時に、ここに旭くんがいてくれたら、と、ちょっと思っちゃいました。
どなたかのフォローが必要でありましょう。
最後に、優也神。
左足1本の神セーブがあり、後半数々の盤石の神キャッチングがあり、本当に素晴らしい完封勝利でした。
一昨年でしたか。
ニンスタで、優也神がファンブルをした試合がありましたね。
あの時。
私は、その場にいなかったのですが。
とあるスポーツバーでのパブリックビューイングに行かれた方からの伝聞です。
あくまで伝聞です。
私が、その場にいたわけではありません。
そのスポーツバーで、優也神がファンブルして失点したあと、優也神がボールを持つたびに失笑が起きたそうです。
真実かどうかさだかではありませが、私はその伝聞話を知って、非常に気分が悪くなりました。
もちろんスポーツバーには、ジェフサポ以外のサポの方もいらっしゃいましょう。
でも、私は自分自身が笑われるより、腹が立ちました。
一昨年の話です。
晴れの開幕の日に、こんな根深い愚痴を書いて申し訳ありません。
でも、私は、今年を去年や一昨年とは違うシーズンにしたいので、書きますね。
私は、ジェフの昇格までの旅路を、できるだけ楽しいものにしたいと思っていますが、でも、楽しむことと、人を小馬鹿にすることは、まったく異質のものです。
私は、人を小馬鹿にして取る笑いが苦手なので、やるなら他でやってくれい、と思う、老害おばさんで申し訳ありません。

晴れの開幕の日に、長々と愚痴を失礼いたしました。
始まったばかりのシーズン。
私は、胸に手を当てて考えました。
今年を、どんなシーズンにしたいか。
記憶にも記録にも残るシーズンにしたい。
ふと、そう思いました。
私くらいのおばさんになると、人生の残りの時間が限られるので、貪欲で強欲になるのです。
アクシデントもありましょう。
他サポから横やりも入りましょう。
他チームのライターさんにいらぬ憶測を呼ぶような記事を書かれることもありましょう。
そんなものをすべて撥ね退ける強さが欲しい。
なにより、今年ジェフで戦うと決意した選手、監督、コーチ、クラブスタッフ、サポの皆様、スポンサーの皆様、ホームタウンの皆様、すべての皆様を、尊敬し、尊重し合い、笑顔の多いシーズンにしたい。
自分の強欲ぶりに、多少呆れますが、それが私の痛切な願いです。

J2の10年目。
ジェフがJ1にいたことをご存知ない方もいらっしゃいましょう。
そんな方々が、目を輝かせて、夢や希望を語れるシーズンにしたいですね。

2019年2月24日
(坂本隊長、お誕生日おめでとうございます!!)

千葉市より愛をこめて


by inudoshi16 | 2019-02-24 20:22 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 23日

開幕前夜

ついに明日、ジェフの新しいシーズンが開幕します。
私は、ニンスタには行けませんが、とても楽しみにしております。
世界三大カップもチバテレ様観戦で、練習も見に行ってもいない私には、大きなことは言えませんが、まず楽しみましょう。
どんな旅路でも、今年ジェフで戦うことを選んで下さったすべての皆様に感謝申し上げます。
J2は10年目。
J2歴は、ひとつの節目でもあります。
しかし我々は昇格初心者です。
多少プレーオフ経験あり。
それも、メンバーが入れ替わることで、効果的に働くことも、あるいはリセットされるような部分もありましょう。
まずは、謙虚に参りましょう。
過剰な自信は成長を妨げます。
かといって過剰な卑下は、現在地を見失わせます。
どんな時にも、向上心を持ち、負けた時にも勝った時にも、結果のみに囚われ過ぎず、良かった点は良かったと的確に褒めたたえ合い、良くない点は、誠実に思いやりを以って伝え合う。
そういうチームが強くなれるのではないでしょうか。
毎年レベルアップしている我がディビジョンです。
負けが続いた時も過剰に悲観し過ぎてはいけません。
かといって過剰な楽観と油断を混同してもいけません。
順位も上がったり下がったりするかもしれません。
勝ち点をひと試合の最大限取れたにもかかわらず順位が変動しないという経験も去年たくさんしました。
焦れた方から負けの、根気の試される長い長い長距離走と思います。
チームのピークはシーズンの後半に持っていくエスナイデル監督は有利な戦いと言えましょう。
でもスタートが出遅れては不利ですし、プレッシャーも多くかかりますので、できれば、我々のボール支配率の高さのように優位に楽しくレースをすすめたいところであります。
長いシーズン、負傷して離脱してしまう選手が出たり、あらぬ判定で出場停止になったり、予想し得ないアクシデントもありましょう。
でも、シーズンのいちばん最後に、いちばん最初にテープを切れるように、絶え間なく応援すればいいのです。
少なくとも私は、それだけで幸せなのです。
全力を尽くしても勝てないのがサッカーというスポーツです。
サッカーとは人生のように無情です。
だから、私は、サッカーが好きです。
死力を尽くしても昇格できない時も多々あります。
誰かのせいにしたくなる気持ちもわからないでもないですが、私は負けることより、誰かをバッシングすることの方が苦手です。
去年、ネット上で選手や監督を誹謗中傷する言説を見て、順位がなかなか上にいけなかったことより、そちらの方が私はつらかったです。
明日開幕だというのに、根深い愚痴を書いてしまい、申し訳ありません。
ただ、私は、今年は去年と違うシーズンにしたいと強く願っているので書きました。
私は、あの酷暑の中で、必死に戦っている選手や監督や現場の方々を小馬鹿にする言説が本当に許せませんでした。
明日は坂本隊長のお誕生日ですね。
一日早いですが、おめでとうございます!
坂本隊長のように、サポも率先して、練習の時のランニングの時に大回りを周るような、背中で周囲の人を惹きつけ語り魅了する大人になりたいものです。

ジェフに関わるすべての皆様が、笑顔多きシーズンとなりますように。

2019年2月23日

千葉市より愛をこめて



by inudoshi16 | 2019-02-23 20:13 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 20日

世界三大カップ

ジェフ、レイソルに2-2(PK6-5)で勝ちました!

ジェフは、堀米くんの素晴らしいCKからエベルトの打点の非常に高いヘッドと、またまた堀米くんの美しいキックから今度はアランの流れるようなヘッドです。
PKは6人目を優也神ががっちり止めて、第24回世界三大カップことちばぎんカップ王者となりました。

日曜日は家庭の事情と仕事の都合で日立台に行けませんでした。
お天気は良かったですが、かなり寒そうでしたね。
日立台に駆けつけた勇者の皆様、本当にお疲れさまでした!&ありがとうございました!

なので、試合のことはあまりとやかくは言えませんが、とりあえず、まず1冠。
レイソルは体調不良で大谷選手不在で、本来はもっともっと力のあるチームと思っています。
チバテレ様では解説が、宮澤ミシェルさん、レイソル側はライジングレイソルの司会を務められている元レイソルのGKの佐藤大さん。
お二人の掛け合いの実況が、とてもあたたかく、ありがたかったです。
とくに佐藤大さんは、ライジングレイソルでも、実況の中でも、ジェフのことを気遣っていただいているコメントにあふれていて恐縮であります。
レイソルもジェフも、同時にJ1に上がって、またJ1で千葉ダービーをやって、千葉県のサッカーを盛り上げたい!と思わせて下さるような、素敵な実況でありました。

試合については、オルンガ選手が練習に復帰されているとのことで、少し安心しました。
怪我は故意でないにしても、相手の選手であっても、気持ちの良いものではありません。
怪我をさせてしまった優也選手の表情の固かったです。
それを見ていて、なんとも言えない気持ちになりました。
レイソルの皆様、本当にご心痛をお掛けし、申し訳ありませんでした。

ジェフの選手の出来については、キャンプで実践形式のトレーニングゲームをしてきたせいか、CKで点を取るという武器を会得しました。
と言うより、昨年から船山にしても旭くんにしても、セットプレーからの得点は多いチームでした。
今年はさらに磨きをかけて、ひとつでも勝利に結び付けたいところです。
守備については、私は詳しくないので、他の方のブログをご参照いただきたいのですが、ひとつ目の失点は増島選手の足に当たってコースが変わって、不運な部分もあったと思います。
でも、気持ちを立て直して逆転まで持ち込めたメンタルも良かったと思います。

長いシーズン気長に行きましょう。
私くらいのおばさんになると、チームがそこに存在してくれて、みんなが懸命にボールを追い、みんなが懸命にボールを追う選手たちに熱い声援を送るという事実だけで、幸せになれるのです。

なかなか、移籍した選手のロスから立ち直れず、まだユニも買っていません。
そんな、季節はずれおばさんですが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。


by inudoshi16 | 2019-02-20 10:18 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 11日

市原市千葉市役所表敬訪問レポート

先日の市原市、千葉市の市役所、表敬訪問の模様がレポートとしてリリースされています。

今年も、市原市、千葉市、の両市長、市役所の皆様には、大変あたたかく迎えていただきました。
両ホームタウンのあたたかい支援があってこそのジェフユナイテッド市原千葉であります。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
皆様のご支援にお応えするべく、良いシーズンにしたいと思います。


by inudoshi16 | 2019-02-11 13:39 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 05日

キャプテン、副キャプテン発表!


今年のキャプテン、副キャプテンが発表になりました。

キャプテンは、勇人。
副キャプテンは、船山、アンドリューくん、増嶋選手です。
いずれも、真ん中のポジションの選手ですね。
やはり、コーチングは真ん中でないと通りません。
特にフクアリは、観客の声援でコーチングが聴こえない場合もあります。
よくよく考えられての決定と思います。
今年のチームに期待しております!


by inudoshi16 | 2019-02-05 20:30 | ジェフ | Trackback | Comments(0)