人気ブログランキング |

Dog's Tail

inudoshi16.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2019年 03月 30日

愛を失くした者にも輝くよこの星が

ジェフ、アビスパに1-0で勝ちました!
ジェフは、茶島くんの優美なFKです。
茶島くんは今季初ゴール、ジェフは今季初勝利、江尻さん初勝ち点3、勝ち点6で最下位を脱出しました。

今日は博多の森に行けず、自宅でダゾーンさん観戦でした。
まずは、土曜日の13時に遠く博多の森に駆けつけた勇者の皆様、本当にお疲れさまでした!&ありがとうございました!
ハーフタイムのプライドは、本当に痺れました!
どうか、気をつけて帰って来て下さいね。

なので、試合のことはあまりとやかくは言えませんが。

茶島くんの復帰後いきなりゴールは最高ですね。
試合後のインタビューでは監督交代にも開幕戦の負傷交代についても沈痛な表情で語られていて、選手の皆様にとっても非常に責任を感じられていて、今江尻監督の下ひとつにまとまろうと必死に努めていることが、ごく短いインタビューの中にも痛いほど伝わりました。
言葉にして下さって、本当に感謝しています。
決勝ゴールやゴールパフォーマンスのみならず、なんと素晴らしい選手なのでしょう。
そもそも茶島くんは、エスナイデル監督の食事改革に共感して下さってジェフに来て下さった選手です。
ですから、監督交代がどれだけ大きいものであったかは想像に難くありませんし、食事改革を継続して下さる江尻さんにもひたすら感謝です。
他チームのサポーターの皆様にも玄米のことをからかわれがちな我が軍ですが、言いたい奴には言わせておけという感じであります。
むしろ他人の嫉妬が痛い!!もっと言って!!というくらいのマゾです。
アランも良かったですね。
よく、ゴールに近いところでファールをもらえましたし、試合終盤身体を張ってボールをキープしてくれました。
アビスパの選手はファールで止めようとしますが、家本さんが主審だったので、ちゃんとファールを取ってもらえました。
アランの持ち味がよく出た試合だったと思います。
工藤も良かったですね。
ゲリアさんへのスペースへの良いパスがあり、旭くんや堀米くんとの連携を深めたら、さらに我が軍の強みとなるでしょう。
ゲリアさんも良いクリア、カバーがたびたびありました。
後半こんな時間にゴール前に!というシーンもあり、とても楽しませていただきました!
ありがとうございます!
堀米くんも、足が攣りましたが、良いチャンスメイクが何度もありました。
セットプレーも得点の予感がします。
旭くんも、本当に怪我が治って良かったと痛感する選手です。
明治大の江尻さんの後輩でもありますね。
旭くんのポジショニング、本当に清らかな水を運ぶ選手さんだなあといつも感心をして見ております。
新井さんも、本当に賢い選手さんだなあと思っています。
素晴らしい完封をありがとうございます!
増島選手も、素晴らしいですね。
落ち着いているし情熱的でもあるし、本当に好きな選手です。
エベルトも、熱いですね。
去年は、試合に出られない時期もありましたが、今年は去年を知っている選手として、みんなを背中で引っ張ってくれて本当に感謝しています。
縁の下の力持ちといいますか。
とても心惹かれる選手さんです。
下平さんも守備だけでなく、ミドル最高ですね。
外したあとの笑顔も品があって好きです。
試合前のアップの怪我で突如スタメンに起用された田坂さんも、さすが経験の厚さを感じさせる落ち着いたプレーでみんなを引っ張りました。
本当にジェフを選んで下さってありがたいですし、ジェフを選んで下さったことを絶対後悔してほしくないと思っています。
優也神も神キャッチ連発なのですが、さりげないところがまたニクイですし、とても尊敬しております。
寿人のデビューも、かけひきも、経験の厚さを思います。
試合後のでんぐりがえしのあとのジャンプはオールドジェフサポの証ですね!
ここから連勝街道のきっかけがあのジャンプつきでんぐりがえしと江尻さんも参加のラインダンスと茶島くんの芸術的FKとあとで振り返ることができたら最高なのですが!!
トリくんが、寿人と同じピッチに立てたこともとても意義深いのではないでしょうか。
ジェフアカデミーのひとつの歴史の1ページに刻まれる事項なのではないでしょうかね。
試合後の櫛野コーチのまぶしい笑顔にもにこにこしてしまう櫛野おばさんでありました。

そして、お見送りできなかったエスナイデル監督にまずこの勝利を報告したいエスナイデル監督ファンであります。

本日の勝利に尽くして下さったすべての皆様に感謝を。

たった5試合。
毎試合のように負傷交代の選手が出た中で、難しい判断だったと思います。
不運という言葉では表現できない、私にはつらいできごとでした・・・
でも、高橋GMは、囲み取材で、選手たちは下を向くことなく必死にまとまろうとしていると伝えて下さいました。
勇人寿人兄弟と同い年の若きGMですから、人生の先輩サポからもお若いサポからも厳しいことを言われることも多々ありましょう。
私個人としては、若いGMだからこそできることってあると信じています。
明日のことは誰にもわかりませんが、誰かを責めたり犯人さがしをするのではなく、勝利のために、勝てなかった時は試合に勝とうと努力したすべての皆様に感謝と敬意を払いつつ、最終節まで走り抜けられたらと思います。

サンガ戦で、ジェフキッズの男の子が、「僕はJ1時代を知らない」と言っていて、そんなお子さん方と一緒にJ1に行きたいなあとぼんやり思いました。
昔話を知っているおばさんとしては、J1であれ、J2であれ、勝ったら全力で喜び、勝てなかったらみんな頑張ってたねと健闘を称え合い、次は勝とうねと言い合えるサポになれたらいいなあと思っています。

次は水曜日に琉球戦ですね。
連戦で大変ですが、頑張りましょう。

2019年3月30日

千葉市より愛をこめて


by inudoshi16 | 2019-03-30 16:10 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 24日

さあ行くんだその顔を上げて

ジェフ、サンガと1-1の引き分けでした。
ジェフは、新井選手の漢前なゴールです。
ジェフは、勝ち点3になりましたが、最下位です。

今日のフクアリは冷えましたが、雲ひとつない素晴らしいお天気に恵まれました。
フクアリ前広場の桜やレンギョウや白木蓮が美しかったですね。
サンガサポさんにもたくさんお越しいただいて10309人もの動員数にもなりました。
ご来場、誠にありがとうございます!

今日は、江尻さんの初陣ということで、大きな期待を寄せられました。
試合前には、下部組織の皆様の卒業式も行われ、村井慎二アカデミースカウトのお姿も拝見でき、とてもうれしかったです。

試合は、前半ほんの隙を突かれて先制されましたが、後半新井選手のジェフ初ゴールで追いつき、逆転のチャンスも多々ありました。
もちろん、こちらのピンチもあったわけで、どちらが勝ってもおかしくない試合と言えるのでないでしょうか。
しかし、後半アクシデントではありますが、旭くん、アラン、堀米くんと投入するにつれ、どんどんリズムが良くなり、チャンスが増えていったように思います。
勝てなかったのは悔しいのですが、がっかりはしていません。
全然前を向ける内容だったからです。
ただ負傷した秀仁くん、船山が心配です。
どうかお大事に・・・

今日は、なんと言っても新井選手です。
守備も素晴らしければ、得点力もあり、頼りがいがあり、頭も良く、彬選手を思い出させる、かっこいい選手です。
増嶋選手も監督が代わっても、スタメンに選ばれ続ける信頼感の厚さです。
エベルトも、とても熱さと落ち着きとを併せ持つ賢い選手です。
田坂選手も、惜しいシュートを打つなど積極性もあり、わくわくしましたし、その経験の重厚さを感じさせるプレーは流石です。
勇人も、やはりピッチの真ん中にいてくれると、全体が落ち着く選手です。
今年も現役を続けてくれて、本当にありがとうございますと伝えたいです。
秀仁くんも、勇人と同じく「水を運ぶ選手」ですね。
以前イビチャ・オシムさんは「水を運ぶ選手」について、日本のわさび田に湧くような清らかな水のことだとの旨表現されていましたが、まさに秀仁選手がそのような選手なのではないかと、私は思うのです。
それくらい冷静で知性にあふれたプレーを見せてくれている秀仁くん。
負傷交代した後はピッチの外を歩いて移動していましたが、その無念は察するに余りあります。
どうかご無理はなさらず、お大事になさって下さい。
下平選手も、とても知性あふれる選手ですね。
オフサイドになったシーンもありましたが、ふつうSBあんなところにいませんよね。
その運動量、冷静さ、賢さ、本当に好きです。
為ちゃんとのコンビネーションは、メイン民にとっては、とくに後半楽しいです。
そこに船山が加わると、波状攻撃がたくさん生まれます。
為ちゃんも、複数人で対応されそうになるも、うまいことかわしていましたね。
為ちゃんも、ゴールに迫るシーンが、とても楽しい選手です。
ケーズスタでも、隙あらばロングシュートを狙っていましたが、そういうところが好きなので、もっともっと狙って欲しいと思っています。
船山も、セットプレーのシーンはとくに盛り上がりますし、やはりゴール前でボールを持つと、それだけでうれしくなってしまう選手です。
後半のあの時間で、あれだけ動けなくなってしまうのですから、相当痛い目にあったのではないかと心配しております。
試合後は、他の選手と一緒に挨拶には回らず、歩いてはいましたが、とても悔しそうな表情でした。
どうか、ご無事で・・・くれぐれも無理はしないで下さいね・・・
優也神も、失点はしましたが、その他は素晴らしかったです。
安定感のあるキャッチング。
適切な飛び出し。
クレーベも、惜しいシーンがありましたね。
ゴール前に迫るシーンも良かったのですが、失点後、誰よりも手を叩いてみんなを鼓舞している姿が、とてもかっこよくて惚れました!!
旭くんも、アクシデントからではありましたが、ご無事なお姿を見られて、とてもうれしかったです。
私は、エスナイデル監督のお誕生日にユナパに行った時には、グランドを歩いている別メニューだったので、相当重篤なのではないかと案じておりました。
為ちゃんと旭くんが絡むシーンも良かったですね。
一昨年の7連勝を大きく支えた二人よね~と感慨深く見ていたものです。
旭くんは、羽生先輩のように、人のいてほしいところにいてくれる、とても賢い選手ですね。
ポジショニングが上手というか、隙を突くのが上手というか、狭いところのパスも上手ですね。
今日みたいなサンガのスペースのないような守備のチームを突くのにはとても有効な選手と思います。
だから、とても不在が痛かったですし、旭くんのいない間に解任されてしまったエスナイデル監督はとても気の毒に思います。
アランも、後半ロスタイム、とても惜しいシーンがありました。
アランは、途中から出たら、とても脅威になる選手だと思いますし、スタメンでも見たい選手です。
堀米くんも、途中から出たら、とても脅威ですが、やはりスタメンで見たい選手です。
堀米くんも、狭いスペースを突くのが上手な選手ですね。
小柄ですが、体幹がとてもしっかりしているようにお見受けします。
だから、キックも正確なのでありましょう。

そして、江尻さん。
監督に復帰後初采配ということで、多くのプレッシャーと注目を受けての難しい状況で、大変だったと思います。
5試合で勝ち点3のチームを率いる難しさは想像するに余りあります。
それでも、ジェフが好きとおっしゃって引き受けて下さることに、最大限の感謝と敬意を。
私は、03年からのジェフサポで、当時江尻さんはイビチャ・オシムさん監督の下、コーチをされていました。
05年からは、アルビレックスのコーチをされていたことを、覚えておいでの方は、今このブログを読んで下さる方の中に、どのくらいおいででしょうか。
イビチャ・オシムさんは03年キャンプから06年夏までジェフで指揮を執られました。
江尻さんは、イビチャ・オシムさんの直接の数少ない教え子さんのおひとりです。
03年はまだ、2ステージ制でした。
ジェフは、03年の1stステージ、リーグ戦の初めての優勝争いを経験しました。
私は、その優勝争いが佳境に入っていた頃、初めて当時のホームスタジアム、市原市にある市原臨海競技場、現在のゼットエーオリプリスタジアムに足を運びました。
1stステージは惜しくも3位になってしまったのですが、ジェフは、Jリーグタイムで「優勝争いを面白くしたチーム」と評されました。
そして、同年の2ndステージも優勝争いをしました。
2ndステージ、ホーム最終戦はトリニータでした。
勝てれば良かったのですが、1-1の引き分けでした。
トリニータのGKが岡中勇人さんだったことまで覚えています。
優勝争いは最終節に4チームが可能性が残っていて、ジェフがいちばん可能性が低いチームでした。
(最終節は味スタでヴェルディと戦いました)
そのホーム最終戦のトリニータ戦の試合後、小湊バスのシャトルバスで帰ろうとするサポーターひとりひとりに、メインスタンドとゴール裏の間のゲートで、「ありがとうございます!」「ありがとうございます!」と声を掛けている男性がいらっしゃいました。
それが当時コーチの江尻さんでした。
その時、これは並々ならぬジェフをお好きなお気持ちがないとできないことだなと思いました。
それほどのジェフ愛と、イビチャ・オシムさん直伝の薫陶と、エスナイデル監督直伝の攻撃的サッカーと食事改革ダイエットを身を持ってご体現されて、日本サッカー協会でも、若手の育成の礎になるようなお仕事もされて、日本サッカーのトップリーグがプロ化される前は古河電工の社員でもあらせられて、幅広い人脈と人徳をお持ちでもいらっしゃる。
一度ジェフを離れても、またジェフでお仕事をしたいとおっしゃって下さる。
そんな江尻さんが、復帰後初めて勝ち点を得た今日という日をずっと忘れないと思います。

江尻さんが、就任にあたり、おっしゃった言葉が忘れられません。
「言葉が一人歩きする」
ということ。
私は、敬愛する監督や選手やフロントの皆様のインタビューを読むことが好きですが、揚げ足を取られることは好みません。
そういう揚げ足が取られれば取られるほど、良質なインタビューはなくなっていくでしょう。

今日の試合は、悔しいのは悔しいのですが、勝ち点1でも得られたことはうれしいです。
次こそ、勝ち点3をと思います。
今日の試合は、コンパクトな守備が効いていて、私は楽しかったです。
特に後半、負傷交代というアクシデントはあったにもかかわらず、交代選手が入るにつれ、リズムが良くなったように思います。

次は、アビスパなのですね。
行かれる方は、どうぞお気をつけて。
江尻ジェフの初勝利を目に焼き付けてきて下さいね。

順位が下がって凹まないでもないですが、全勝チームもなければ全敗チームもない、まだまだ何が起こるかわからないのがJ2です。
気長に慌てず騒がず、できれば最後に笑って終わりたいですね。

今日は寒かったので、皆様、体調を崩さないようにお気をつけ下さいね。

2019年3月24日

千葉市より愛をこめて



by inudoshi16 | 2019-03-24 21:43 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 20日

堀孝史さんがヘッドコーチに就任

元浦和レッズ監督で優勝のご経験もある堀孝史さんがジェフのヘッドコーチに就任することが発表になりました。

誠にありがとうございます。
迅速な対応をされたフロントの皆様にも感謝致します。

江尻さんとは同じ1967年生まれの明治大学出身。
大学の同期の仲ですね。
wikiで調べると、堀さんのJSL1部での初得点が古河電工戦、Jリーグでの初得点がジェフ戦なのですね。
これだけでも並々ならぬご縁を感じますね。
お誕生日は生まれ年は違いますが、チェヨンスさんと同じ9月10日生まれ。
明日のことは誰にもわかりませんが、昨日の囲み取材の動画で、高橋GMが選手の誰一人愚痴を言うことなく纏まっているとのご発言がありました。
サポが不安に思う中で、クラブの内部の状況を端的に伝えて下さって本当に感謝しております。
負傷している選手もいらっしゃいます。
そんな中で結果を出すことは並大抵のことではありません。
でも、現状の恵まれた環境や人とのご縁に感謝しながら、前を向いていけば、勝負の神様はほほえんで下さると信じています。

また就任したばかりの堀さんを引き抜いてしまった尚美学園大学の皆様には大変なご心痛をおかけ致しております。
この点についてサポとして何かすることはできませんが、クラブとして何等かの誠実な対応がなされればと思います。
誰かを傷つけて自分だけ幸せになるということは勝負の神様は許さないと私は思っております。


by inudoshi16 | 2019-03-20 11:32 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 19日

江尻監督、高橋GM、勇人キャプテンの囲み取材レポート

エスナイデル監督の契約解除、江尻監督の就任に伴い、行われた囲み取材のリポートがジェフ公式サイトにアップされています。
迅速なご対応、誠に感謝申し上げます。

江尻さんもおっしゃっていますが、質問に対して、「言葉が一人歩きする」という言葉が身に沁みます。
何かうまくいかなかった時、「あの時ああ言ったじゃないか」と言われ方をされるのは、私はあまり好きではありません。
もちろん、長期的な目標を掲げたり、そのための言葉を尽くしたり、インタビューを読んだりするのは好きです。
長いJ2生活、なかなか順位が思うようにいかない時、改善する方策が見出しづらい時、悔しい負け方をした時、足を運んだ試合でつらい思いをした時、何か言いたくなる気持ちもわかります。
でも喧嘩腰になったり、人格攻撃を始め出す人とは、私は距離を置きたいと思います。
スタジアムは安全な場所でなくてはなりません。
いろいろな楽しみ方があっていいと思いますが、選手や監督やクラブ関係者に対する誹謗中傷はあってはならないと思います。
差別や暴力はもってのほかです。
いつもスタジアムが平和であることを願うばかりです。



by inudoshi16 | 2019-03-19 21:48 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 19日

ギジェコーチとラモン カタラフィジカルコーチが解任

ギジェルモコーチとラモン カタラフィジカルコーチの解任が発表されました。

お二人ともエスナイデル監督が連れて来て下さった方ですから、今回のエスナイデル監督解任を受けてのことでありましょう。
ギジェルモコーチもラモン カタラフィジカルコーチも、今まで本当にありがとうございます。
ギジェルモコーチはエスナイデル監督のアルゼンチン時代からのご盟友であると、就任初年度のキックオフフェスタのトークショーでお話されていたお姿が忘れられません。
エスナイデル監督はお寿司が苦手とおっしゃっていましたが、ギジェルモコーチはお寿司をおいしく召し上がっていただけでエスナイデル監督の分まで召し上がられたと茶目っ気たっぷりにお話されていたお姿も忘れられないです。
エスナイデル監督が退席された試合とベンチ入り禁止期間には、指揮も執られました。
私は、負けた試合の試合後のインタビューでは、本当に悔しそうにお話されていて、勝った試合ではご自分の手柄ではなく、日頃からのエスナイデル監督のご指導と選手たちの努力の賜物の旨お話されていた、とても謙虚なお人柄に感銘を受けていましたし、尊敬していました。
ラモン カタラフィジカルコーチも、エスナイデル監督の食事改革を受けて、選手たちの丈夫な身体づくりにご尽力されました。
エスナイデル監督よりずっと年上でらして、ご経験も豊富で、エスナイデル監督をどれだけお支えになっていたことか。
こんなかたちのお別れはしたくなかったです。
ジェフのために尽くして下さって、本当にありがとうございます。
どうか、お元気で。
またどこかでお会いできたらうれしいです。


by inudoshi16 | 2019-03-19 10:09 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 18日

江尻篤彦コーチが監督に就任

江尻コーチが、エスナイデル監督の後を引き継いで監督に就任することが発表になりました。

サポが不安になる中、迅速な対応、感謝致します。
でも江尻さんにすべての責任を負わせるわけにはいきません。
フロントの皆様、スタッフの皆様、サポの皆様、スポンサー様の皆様、ホームタウンの皆様・・・さまざまなご支援とご理解が必要です。
現場のことはサポはあまり口出しをするのは憚られますが、江尻さんを支えて下さるコーチ陣の拡充も必要なのではないでしょうか。
シーズンが始まったばかりで、そんなジェフを助けて下さる方に巡り会ううことも難しいと思いますが。
エスナイデル監督のサッカーを絶つ決断をしたなら、その良さを継承し課題を改善すると決意して下さった江尻さんを、どうか全力で支えて下さい。
よろしくお願い致します。




by inudoshi16 | 2019-03-18 10:30 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 17日

エスナイデル監督が契約解除


エスナイデル監督の契約解除が発表になりました。

エスナイデル監督との思い出がいろいろあり過ぎて、今はあまり多くのことは言えません。
今まで、本当にありがとうございます。
就任初年度プレーオフまで導いていただいたこと、本当に感謝しています。
ジェフにもたらされた食事改革も、クラブにとっても選手にとってもどれだけ大きなことであったか。
試合後のインタビューで決して選手のことを悪く言わない姿勢も、心底尊敬しておりました。
サポは好きなことを言いますが、サポが後任監督を連れてくるわけではありません。
ジェフでのご経験を活かされて、さらなるご活躍をお祈りしております。
またどこかでお会いできたら、うれしいです。


by inudoshi16 | 2019-03-17 22:41 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 17日

そうさ、心はいつもタフ

ジェフ、ホーリーホックと1-1の引き分けでした。
ジェフは、秀仁くん→アンドリューくん→為ちゃんの美しく崩したゴールです。
為ちゃんは今季初ゴール、ホーリーホックは今季初失点、ジェフは勝ち点2で最下位脱出21位になりました。

今日は、事情があってケーズスタには行けませんでした。
まずは、日曜の午後にケーズスタに駆けつけた気高い勇者の皆様、本当にお疲れさまでした!&ありがとうございました!
試合後負傷しながら戦った選手の皆様に拍手をされていた皆様の姿を拝見して、涙が出そうになりました。
本当に、ありがとうございます!
気をつけて、千葉まで帰って来て下さい。

なので、試合のことはあまりとやかくは言えませんが、今日は為ちゃんの良さが出ましたね。
先制ゴールのシーンもそうですが、下平選手もクレーベも秀仁くんも左サイドの攻撃がとてもアグレッシブでした。
勇人先輩のアンカーも良かったですね。
解説の中西永輔さんが控えめにベタ褒めされていました。
アンドリューくんも怪我が心配ですが、勇人先輩と秀仁くんと3人が一度にピッチに立てた経験は今後絶対活きてくると信じています。
秀仁くんもアシストのアシストのプレー最高でした。
去年が怪我で不本意なシーズンだったと思いますから、スタメンの今日の試合に賭ける思いは人一倍だったと思います。
試合後とても悔しそうでした。
次は絶対勝ちましょう。
新井選手の初スタメンも増嶋選手とのコンビも絶妙でしたね。
90分は無失点だったのだからあまり凹み過ぎないで欲しいと思っています。
新井選手は交代は足が攣ったとのことですが、大丈夫でしょうか。
運動量が素晴らしかったので、その点も感服です。
運動量が素晴らしかったと言えば船山もそうですね。
守備に回る時間も多かったですが、チャンスメイクもありました。
クレーベもいちばんシュートを打っていました。
為ちゃんもロングシュートで相手を脅かすシーンがありましたね。
下平選手は、去年からいる経験がとても活きている選手さんとお見受けします。
試合中船山に声をかけたり、ベテランらしい振る舞い、流石だと思っております。
田坂さんも、良い守備がありましたね。
試合経験を重ねることで、ベテランとしてピッチの中でみんなの素晴らしいお手本としてチームとして成長できるのではないでしょうか。
初スタメン椋大くんも素晴らしい神キャッチング連発でした。
全盛期の立石さんを彷彿とさせる安定したキャッチングでしたね。
次はホームで完封キメましょう。
アクシデントとはいえ、真希くんのボランチが見られたのも収穫でしたね。
交代枠がなくなった時間に相手選手の肘が顔に入っていたので、とても心配しています。
どうかご無事で・・・
トリくんのプレーが見られたのも良かったです。
トリくんは、もう長いことジェフを見続けている選手なのですから、俺がチームを引っ張るくらいの気持ちでプレーしていただいても構わないのですよ!
エベルトも、前節失点した時の鼓舞していた姿がとても印象に残っているので、頼もしかったです。
エベルトも、去年を知っている選手として、去年の経験を今年加入した選手の皆様に伝えていただきたいです。

最下位脱出したとはいえ、怪我の選手が少し増えてしまって心配にもなります。
でも、まだ試合に出られていない選手もいます。
誰かのせいにしたい気持ちもわからないでもないですが、私は今年ジェフで戦うことを決意した選手の皆様に誰一人後悔してほしくないですし、このチームで強くなりたいですし、このチームで昇格したいです。
寝言と言われたらそれまでですがね。

90分間は無失点でした。
守備の固いホーリーホックから点も奪えました。
その点は褒めていいのではないですかね。
怪我の選手も誰一人怪我したくて怪我しているわけではありません。
もちろん前線のメンバーは入れ替わっていますし、課題は多々あります。
それは、誰かのせいにするのではなく、みんなで乗り越えていくものではないですかね。
私感ですが。
この順位に満足している人はいないと思います。
いろいろなご意見もおありでしょう。
改善するためには、こうすべきなのではないかという建設的なご意見にはとても共感致します。
でも順位より、時々クラブ関係者への酷いバッシングを目にする機会があるので、そちらの方が私は凹みます。

選手たちが貴重な勝ち点1を持ち帰ってくれたにもかかわらず、長々と愚痴を失礼致しました。

次は、次こそは、絶対勝ちましょうね。

2019年3月19日

千葉市より愛をこめて




by inudoshi16 | 2019-03-17 17:13 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 11日

明日境界線を越えてゆこう

ジェフ、レノファに2-5で負けました。
ジェフは、クレーベの力強いゴールと、秀仁くん→船山の絶妙なゴールです。
クレーベはジェフ初ゴール、船山は今季初ゴール、ジェフは勝ち点1のまま最下位になってしまいました。

昨日のフクアリは、花粉が飛んでいましたが、まずまずのサッカー観戦日和でありました。
レノファサポの皆様も、日曜日の午後に遠路たくさんお越しいただきました。
誠に、ありがとうございます!!

私は、昨日、今季初めてフクアリに行けました。
なので、私としては昨日が開幕戦でありました。

なので、試合のことは、あまりとやかくは言えませんが、開始14分で攻撃の要堀米くんが退場になり、苦しい展開となりました。
堀米くんのレッドカードが妥当だったかどうかは、映像を見てみないとなんとも言えませんが。
映像を見返す時間が自分に取れるかどうかもわかりかねます。

まあ、起こってしまったことはしょうがないです。
そこで、どうゲームプランを組み立て直すかですね。
先制されたので、追いかける展開になりました。
1点ずつ返しはしましたが、結果として引き離されてしまい、失点も増え・・・ということになってしまったのですが、守備陣だけの問題とも思いません。
私は深井正樹信者なので、もっとプレスを!もっと高い位置でボールを奪わねば!と思ってしまいます。
それができない事情もありましょう。
もちろんできている選手もいました。
前線の人数が減ったのですから、運動量をセーブしていたかもです。
一人少ない分それだけ走る必要に迫られているわけですから。

難しい戦術的なこと、守備の課題については、他の方のブログをご参照下さい。

ただ、守備の構築ができない的な断定的な言われ方をされるのは、ちょっと違うのではと思ってしまう立場です。
サッカーってそんな単純なものではないと思うのですよね。

昨日は、クレーベのゴールが見られて良かったです。
ゴール前の混戦の中、よく押し込みました。
とても粘り強さと冷静さを併せ持つ選手さんとお見受けいたしました。
船山も良かったですね。
秀仁くんのシュート性のボールをうまくコースを変えてくれました。
とても賢いゴールだったと感服いたしております。
エベルトも、最初の失点後、まだまだ!と言わんばかりに手を叩いて、みんなを盛り上げ鼓舞している姿が印象的でした。
田坂さんのプレーも、初めてじっくり見ましたが、後半ゴール前でとても落ち着いたクリアがありました。
今年加入したばかりですが、これまでの経験を遠慮せずに後輩たちに伝えていただきたとお願いしたいです。
下平選手も安定の攻め上がりぶり、すごく楽しいです。
為ちゃんとのコンビネーションも良いですね。
為ちゃんも、ひさしぶりのスタメンでしたね。
為ちゃんは一人で打開する力がありますが、堀米くんや旭くんや茶島くんや工藤さんなど、フォローする選手がいるとさらに活きてくるように思います。
勇人も、ひさしぶりのスタメン。
佐藤さんの日に勇人がスタメンでうれしく思います。
優也神も、前節失点しましたが、昨日もスタメンで良かった。
私は、個人的な好みの問題ですが、GKはあんまりたびたびスタメンを変えない方がいいポジションだと思っています。
でも、もちろん他の守護神も方々のスタメンも見てみたい気持ちもあります。
変えた方がポジション争いも熾烈になって良いとのご意見も尊重しますし、私も去年はそう考えていた時期もありました。
昨日は、ちょるふぁんくんと大悟くんが募金のコーナーにいたので、「頑張って下さい!」とお伝えする機会があり、大変有意義でありました。
お二人とも大変感じの良い好青年の皆様でありました。
アンドリューくんは、もう我が軍の心臓ですね。
勇人と同じピッチに立てて学ぶことも多かったでしょう。
増嶋選手も昨日の試合後とてもご自分を責めている様子に見えましたが、あまりご自分を責め過ぎないで欲しいと思っています。
でも、お小さい頃からジェフが大好きな方だから、責任を感じるなとか落ち込むなと言われても無理ですよね・・・
次からもずっと応援しているから、頑張りましょう!!とお伝えしたいです。
アランも、得点はありませんでしたが、とても好きな選手です。
とくに日本でのプレー歴が長いので、他の外国籍選手との橋渡し役として、私はとても期待しています。
J2がどういうディビジョンか身体で知っているというのも、強みだと思っています。
ジェフ初ゴールを、秋田犬のように待っています!!
秀仁くんも、アシスト、とても良かったですね。
感情が表に出るタイプではないですが、とても冷静さと熱さを両方を兼ね備えた選手さんとお見受けいたします。
ジェフサポってどちらかというと、坂本隊長のような気持ちを全面に出すタイプが好きな人が多いように思うのですが、私は秀仁くんだったり、真希くんだったり、ドゥーさんだったり、ヒョヌンくんだったり、思いを内に秘めるタイプに心惹かれます。
乾くんも良かったですね。
私は、乾くんのフィジカルモンスターなところが好きなので、攻撃にも守備にも懸命に一途に走るプレーが本当に好きです。
乾くんだけじゃなくて、試合に出た誰もが、ベンチにいたメンバーだって、ハーフタイムにスタメンの皆様に声を掛けたり、それぞれの立場で勝とうとしていたと思ってす。
なのに最下位とは不本意です。
監督の責任とも思いません。
ただ、旭くんの怪我だったり、茶島くんの怪我だったり、不運が続いていると思います。

そんな時、どうすればよいのか。
私には、ただ応援することしかできないのですよね。
誰かのせいにしたい気持ちもわからないでもないです。
昨日、ゴール裏の真ん中の方が、試合中ずいぶんメインスタンドに応援を要請していました。
なのに、失点が重なるにつれ、コールリードはなくなりました。
ゴール裏の真ん中って、おそらく反対側のゴール前の状況がいちばんフクアリでみづらい席なのではないでしょうか。
だから、応援をやめてしまった気持ちもわからないでもないです。
でも、応援は続けて欲しかったです。
行くなら俺たちもどこまでも行こうといつも歌っているじゃないですか。
選手たちは点差がついても全然諦めていませんでした。
少なくとも私の席からはそう見えました。
人の気持ちなんて見えるわけないだろ、って言われたらそれまでですがね。

次はアウェーホーリーホック戦。
私は、事情があって行けません。
どうか、行かれる方は、とても楽しめないとおっしゃるかもしれませんが、ケーズスタグルメ、私は好きなので、グルメも、できれば試合も楽しんで来て下さい。

レノファ戦から一夜明けて、今日は、東日本大震災からちょうど8年。
時々うっかり忘れそうになりますが、今生きていること、今ふつうに日常生活を送れていること、大切な人たちが幸せであること、好きなチームがあって応援できること、当たり前のように感じがちなことに感謝しながら、今日一日の時間を過ごしたいと思います。

まだまだシーズンは長いです。
スタートダッシュに転び膝を擦り剝きましたが、つらいけど凹むけど頑張って立ち上がって元気に駆けて行きましょう。

2019年3月11日

千葉市より愛をこめて



by inudoshi16 | 2019-03-11 09:29 | ジェフ | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 05日

3月5日のユナパ

今日は、ユナパに行ってきました。

今日は、エスナイデル監督の46回目のお誕生日ですね。
おめでとうございます!!

そんな今日のユナパは、素晴らしいお天気に恵まれました。
今日の練習は、10時から。
日曜日のアルビ戦に出ていないメンバーを中心に、良い練習ができていたと思います。
ひさしぶりに櫛野コーチの気合いの入ったGK練習も見られました。
なかなか勝てないと、やきもきしますが、選手たちは次の試合は勝とうと懸命に練習しています。
日曜日の予報は雨ですが、選手たちが気持ち良く勝てるような応援ができたら良いですね。
練習の内容やメンバーも書きたいのはやまやまなのですが、私はレノファ戦は絶対勝ちたいので控えます。
レノファ戦のあとに、書いても差し支えないと判断した時が来たら書きますね。


by inudoshi16 | 2019-03-05 17:31 | ジェフ | Trackback | Comments(0)